窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ニセコイ> ニセコイ 第14話 シュラバ

ニセコイ 第14話 シュラバ

STEP(期間生産限定アニメ盤)

ニセコイ 第14話。
4人目のヒロイン、橘万里花。
以下感想

10年前の写真の女の子

4人目のヒロイン、橘万里花。

楽のクラスにまたしてもやってきた転校生、橘万里花。
彼女こそ(自称)楽の婚約者で10年前の"写真の"女の子。
見た目は完璧に日傘がよく似合う可憐で清楚なお嬢様ですが・・・。
衆目の前でいきなり楽に抱きついてきたり、
初対面の千棘を「ゴリラ」呼ばわりしたり、
楽に(ニセモノの)恋人がいてもまるで動じなかったりと、
精神的な逞しさは間違いなく4人のヒロインの中でトップですねww

千棘の親がギャングなのと同様、万里花の親も警視総監。
てなわけで楽は千棘との際と同様に万里花とのデートに出かけることに。
千棘なんかとは別れるべきとちょくちょく言ってくる万里花に対し、
楽はとても男らしく千棘のことをカバーする。
そんな最中当の本人は完全不審者の恰好でデートの尾行をしていたわけだから、
やっぱり万里花の言うとおり千棘は楽はふさわしくないんじゃないかなぁ・・・w

橘万里花の真実その一、「身体が弱いのは本当」
そしてその二、「激昂するとどぎついなまりが出る」
身体が弱いにも関わらず楽とのデートのためにムリをしていた。
楽の好みの女の子になるため髪を伸ばし話し方も変えていた。
10年間楽のことを思い続けてたってだけど相当スゴいのに、
思い人のために人知れずこんなに努力してたとは・・・。
なんという一途さと甲斐甲斐しさ、まったくもって素晴らしいヒロインですね!


まとめ

てなわけで今回は念願のマリー本格参入。
他のヒロインを圧倒する性格の強烈さ、
そして恐るべきまでの楽への思い。
うーん、やっぱりマリーは最高でしたね!
ホント、小野寺と並ぶ2大ヒロインですよ!!

そんなマリーですが、その性格ゆえがネタキャラ扱いばかりでヒロイン扱いをされていない
(という印象を原作読んでると感じる)のがとっても残念なところ。
ネタキャラなんてどっかのゴリラ女が務めてればいいものを・・・ww
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/04/13 22:15 ] ニセコイ | CM(0) | TB(4)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ニセコイ 第14話「シュラバ」
三人目のヒロイン、橘万里花登場! 警視総監の娘なのに、楽の許嫁っていいんでしょうかね(笑)   幼い頃に親同士が約束した許嫁がいると聞かされ、驚く楽。 10年前の写真に一緒に写っているその少女こそ、約束の女の子なのだろうか? 翌日、クラスにやってきた転校生は、楽の顔を見るなり抱きついてくる。 「私は楽様の許嫁でございます」 そう告げるモデルのような美少女・橘万里花とは―...
[2014/04/13 23:34] 空 と 夏 の 間 ...
ニセコイ 第14話 「 シュラバ 」
ニセコイ 第14話 「 シュラバ 」 2014/04/13 けんぼー様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 2014/04/13 墨汁一滴様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 2014/04/13 非論客(プロバイダー: NK12615 ホスト:NK12953 ブラウザー: N ...
[2014/04/14 17:23] HARIKYU のブログ
ニセコイ 第14話 「シュラバ」 感想
四者四様―
[2014/04/14 19:56] wendyの旅路
ニセコイ 第14話
楽(CV:内山昴輝)は、千棘(CV:東山奈央)と一緒にお父さんの話を聞くことになります。 楽も知らない許婚って一体・・・ 楽にしてみれば、父親が勝手に約束したことなのだから、父親が何とかすれば良いのではないかと言いますが、お父さんにしても断り切れないものがあったようです。 翌日、楽のクラスに転校生がやって来ます。 モデルのように可愛い美少女・橘万里花(CV:阿澄佳奈)...
[2014/04/15 15:41] ぷち丸くんの日常日記