窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> selector infected WIXOSS> selector infected WIXOSS 01 この奇跡は兢々

selector infected WIXOSS 01 この奇跡は兢々

killy killy JOKER (TVアニメ「selector infected WIXOSS」オープニングテーマ) (初回限定盤)

selector infected WIXOSS 第1話。
2014年春アニメ感想第一弾は、
カードゲームが題材のオリジナルアニメ。
以下感想

WIXOSS

「セレクター」たちによる、願いを賭けた戦い。

主人公、中学2年生でおばあちゃんっ娘な小湊るう子。
友達がいないるう子は、足が臭い兄から友達作りのツールとして、
巷で話題のカードゲーム「WIXOSS」を入手する。
友達がいないこと、それ自体は別に気にしていない。
ただし身内には心配をかけたくないと考えているあたりに、
すさまじいリアリティを感じます。

るう子の手に入れたカードは「ルリグ」という特別なものであった。
「ルリグ」を持つ選ばれし者「セレクター」は、
バトルを勝ち進むことで「ムチャな願いを可能にする自分」になれるらしい。
しかし三回負けると「ルリグ」を失い願いを叶えられなくなると。
・・・いろいろな作品の設定を寄せ集め一つにまとめたような設定ですねw

るう子はクラスメイトの紅林遊月というセレクターに早速勝負を挑まれる。
自分の願いがかかっているわけだから必死になるのも当然なんだけど、
ルールも何も知らない初心者を狩ろうとするとは、
しかもその初心者に危うく負けそうになるとかすっげぇダサいなぁw
そんな遊月の願いは「双子の弟を自分のモノにする」というもの。
あぁ、確かにこれは"普通には"叶えられないムチャな願いだわww

で、るう子は流れで遊月を「お友達」として家へと招待。
遊月はケーキを貪り食ってっただけなので、
本当に友達になったかといわれると非常に微妙だと思いますが、
この時点で「(おばあちゃんのため)友達がほしい」という
るう子の願いは叶ってしまっていますね。
これが遊月の言っていた「WIXOSSにもらった奇跡」なのでしょうか?

まとめ

てなわけでselector infected WIXOSSの第1話。
視聴前は完全なカードゲーム販促アニメと思っていたのですが、
予想に反して販促感はほとんど感じられませんでしたね。
なにせ今回じゃゲームのルールがこれっぽっちもわかりませんしw

「ぼっちが特別なカードゲームを通してペットと友達を手に入れた」
今回の話を文面にするとこんなにほのぼのとした内容なわけですが、
所々に不吉な予兆を感じさせる作りとなっていました。
というかサブタイからしてまずおかしいですもんね。
「兢々」って「恐れて自由に動きまわれぬさま」って意味らしいですし。


今度の注目点としてはどこからシリアスモードに突入していくのか、
そしてどこまでエグい展開になるのか、に尽きますね。
個人的には「WIXOSSのゲームシステムそのものに重大な危険性が隠されていた」
という展開より、「願いを叶えようと必死になる少女たちの狂気が悲劇を生む」
という展開を期待しています。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/04/06 05:50 ] selector infected WIXOSS | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL