窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

Wake Up, Girls! 第10話 登竜門

Wake Up, Girls!  2 初回生産限定版 [Blu-ray]

Wake Up, Girls! 第10話。
「アイドルの祭典」の地方予選。
以下感想

極上スマイル

「アイドルの祭典」の地方予選。

「なまはげ~ず」とかいう超イロモノアイドルが、
まだ「WUGらしさ」が見つからないWUGの面々に立ちはだかる。
確かに没個性的なのは大問題だけど、
だからって悪目立ちがいいってことにはならないだろw
まぁ私が観客なら面白半分で「なまはげ~ず」に投票するでしょうけどww

とはいえ前回の一件を経てWUGの活動自体が順風満帆っぽい。
そして真夢もいよいよ母親との壁を乗り越えようと動き出す。
着実にファンを増やしている様を観ると時の流れを感じますね。
ただWUGの古参ファン率いるファンクラブは民度低すぎるw
その熱意は買うけど時と場所をわきまえろよ。

そして「アイドルの祭典」地方予選の本番。
WUGは早坂作の新曲「極上スマイル」を引っさげ出場し、見事予選突破。
「WUGらしさ」を気にせず自然に振る舞えたメンバーたちの素の魅力、
母親との和解に成功した真夢の「極上スマイル」が勝利を勝ち取った・・・のか?
新曲はかなりよかった分、画がとっても惜しかったなぁ・・・。

WUGの新曲「極上スマイル」は、実はI-1の新曲でもあり・・・。
おいおいおいおい、とんでもなく面白いことやらかしてくれたなぁ早坂はwww
これでWUGとI-1は対等な条件での一騎打ちとなる。
元I-1の真夢の存在もあって、これは大いに盛り上がること間違いなしですね!
そしてこうなってくると、やっぱり今回の予選は、
ハナから出来レースだったんじゃないかとも思えてきました。


まとめ

てなわけで今回は「アイドルの祭典」の地方予選。
久しぶりのライブシーンは曲が最高、画が最悪というなんとも残念なシロモノでしたね。
やっぱアイドルアニメの命はライブシーンなわけだし、
ここはなんとしても第1話並に力を入れて欲しかったなぁ・・・。

で、そんなライブシーンのせいか、
予選突破についてもまるで感動できなかったのですが、
今回は最後のヒキがそれを帳消しにするほど素晴らしかったです!
一度思いっきり上げてから徹底的に叩き落とすこの展開、
次回のWUGの面々の戸惑う様が楽しみすぎますね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/03/18 04:45 ] Wake Up, Girls! | CM(0) | TB(3)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

Go My idolway!【アニメ Wake Up, Girls! #10】
Wake Up, Girls! 2 初回生産限定版 [Blu-ray](2014/04/25)不明商品詳細を見る アニメ Wake Up, Girls! 第10話 登竜門 ブレイクスルー、駆けあがる
Wake Up, Girls!「第10話 登竜門」/ブログのエントリ
Wake Up, Girls!「第10話 登竜門」に関するブログのエントリページです。
[2014/03/18 08:50] anilog
Wake Up Girls! 第10話「登竜門」
いつの間にか人気グループになってたWUG^^; アイドルの祭典東北地区代表枠は一つ。 なまはげを採り入れた秋田のナマゲーズが宣戦布告。 まさかのスケバン刑事パロでしたww スケバン刑事って、もう30年近く前なのか。 残っていた問題も次々クリア、上昇気流に乗るとすごいですね。 これまでがこれまでだけに、ちょっとトントン拍子すぎる感はありますが。 それにしても藍里はがんばった!...
[2014/03/22 05:21] のらりんすけっち


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。