窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> ハマトラ THE ANIMATION> ハマトラ THE ANIMATION File-07 黒いコスモス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ハマトラ THE ANIMATION File-07 黒いコスモス

Hikari ハマトラ盤(CD+DVD)【初回盤】

ハマトラ 第7話。
アートは連続猟奇殺人犯のモラルと再び対峙し・・・。
以下感想

サイコパス

アートは連続猟奇殺人犯のモラルと再び対峙し・・・。

アートはミニマムを発現せず学園を卒業した異例中の異例な男。
自身の素質のなさに多大な劣等感を感じていたものの、
それを驚異的な根性と努力で乗り越えてきた。
うん、やっぱりこういう不器用な凡人キャラには共感が持てます。
それ故に今回ラストの彼の末路がだいぶショックでした。


モラルはその天才っぷりから孤独に苛まれているであろうナイスに執着し、
ナイスと並び立つ最高の存在になることを目的としていた。
この男もまた逸脱者であるため同じ境遇のナイスにのみ強く共感したのでしょう。
ひとりよがりな動機で大多数の人間を死へと追いやり、
何一つ罪悪感を抱かないあたりはまさにサイコパスですね。

ナイスはこれまでもモラルとの共通点をいくつも見せてきた。
しかし終盤での彼は自分の行動に責任を持とうとしない連中への憤りを観ると、
本当にナイスとモラルが似た者同士なのか少しわからなくなってきました。
果たしてナイスはモラルと同じサイコパスなのか?
それはアートの末路を知った後の反応から読み取れそうな気がします。

まとめ

今回はナイスたちの友人であるアート警視のエピソード。
友人の無残な末路を知り、ナイスは何を思うのか・・・。
が非常に気になっていたってのに、
あのシリアスムード皆無な次回予告は一体なんだったのでしょうか?w
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/02/20 10:50 ] ハマトラ THE ANIMATION | CM(0) | TB(2)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ハマトラ THE ANIMATION 第7話 2/20 あらすじと感想 #ハマトラ
 アート警視、退場か?。持たざる者と持つ者。  冒頭は、ミニマムホルダーの脳標本を管理する特殊施設に入り、S級ミニマムを有する脳に挨拶するプロフェッサー・モラルの姿。この後、この標本を強奪したようだ。  前回の犯人の事情聴取の結果、後発ミニマムを授けられた経緯が、大まかに判明した。しかし、肝心の犯人の顔が判らず、捜査は難航していた。ナイスくんは、別ルートを辿って、プロフェサー・モ...
[2014/02/20 13:35] Specium Blog
ハマトラ File-07「黒いコスモス」
ハマトラの第7話を見ました。 File-07 黒いコスモス 後発ミニマムホルダーのことを知ったナイスはアートに鎌をかけ、モラルが犯人だと悟る。 「鎌をかけたのか?僕に」 「言ったじゃん、自分で調べるって」 そんな中、特S機密の保存ミニマム標本体の頭部が盗まれたことが判明し、捜査に口出しするナイスはアートに怒られてしまうのだった。 何か一人で抱え込んでいるアート...
[2014/02/26 09:47] MAGI☆の日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。