窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> Wake Up, Girls!> Wake Up, Girls! 第4話 スキャンダル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

Wake Up, Girls! 第4話 スキャンダル

7 Girls War[CD+DVD][イベント優先申込券付]

Wake Up, Girls! 第4話。
「I-1クラブ」の元メンバー、島田真夢のスキャンダル。
以下感想

チャンスを手放した者

「I-1クラブ」の元メンバー、島田真夢のスキャンダル。

人気アイドルグループ「I-1クラブ」の元メンバー、島田真夢。
真夢が「I-1クラブ」を辞めた本当の理由は本人や一部関係者しか知らない。
そのため現状いろいろな憶測が飛び交っているようですが・・・。
やっぱり「I-1クラブ」の弱肉強食な雰囲気に精神が耐えられなかったのかなぁ。

そんな真夢が再び仙台でアイドル活動をしていると知り、
東京から「Wake Up, Girls!」に取材のオファーが来る。
取材の目的は「Wake Up, Girls!」ではなく真夢個人。
真夢に対して執拗な聞き取りをする取材陣に丹下社長は大激怒。
丹下社長はあくまで「Wake Up, Girls!」全員の魅力で勝負していく方針の模様。
真夢を入れたのは他メンバーへのお手本兼発奮剤を意図してのことなのでしょう。

前歴のことをいまだに引きずっている今の真夢にはかつてのオーラが無い。
自主練では楽しそうだけどそれ以外ではとにかくつらそうで観てられない。
う~ん、今回みたいなことがあると事務所としても新しい仕事も受けづらいし、
他メンバーも変にモヤモヤを溜め込んでしまう。
事務所のためにも他メンバーのためにも、そして自分自身のためにも、
真夢は身内に対してだけはかつて何があったのか話したほうがいいんじゃないかな。


まとめ

てなわけで今回は「I-1クラブ」の元メンバー、島田真夢のスキャンダルについて。
一度はチャンスを掴みながらもそれを手放し、そこからの再起を狙う真夢ですが、
まだ前歴を吹っ切れていないせいでその道程はより険しいものとなっていましたね。

今回やってきた取材陣はそりゃ人格的には最低でしたけど、
それでも「Wake Up, Girls!」は一度目の、
真夢にしてみれば二度目のチャンスすら取り逃してしまった。
もし次に奇跡的にもチャンスが訪れた際それを確実に掴みとるため、
真夢には早々に前歴に対するケジメをつけていただきたいところです。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/02/02 20:30 ] Wake Up, Girls! | CM(2) | TB(4)
[ 2536 ]
I-1クラブがブラック企業のお手本みたくなっていますね。
宗教的な洗脳というか、社畜化といいますか、少女たちの人格形成が心配です。
[ 2014/02/02 22:47 ]
[ 2541 ] 零崎零識さん、コメントありがとうございます
> I-1クラブがブラック企業のお手本みたくなっていますね。

各々の個性を活かし、時には固定観念をぶち壊す必要もあるアイドルプロデュースにおいては、
社畜化としか言いようのないあのやり方は愚の骨頂としか思えませんね。
そりゃ一定水準の能力を持ち、かつ組織に従順な人材を確保する上では最適でしょうけど、
これじゃ組織の成長は停滞し、いずれは衰退していくでしょう。
[ 2014/02/02 23:55 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

Wake Up, Girls! 第4話「スキャンダル」
真夢がI-1を辞めた過去に迫る第4話。 スキャンダルの真実を確認しようと取材が来る。 WUGは、元I-1の真夢で話題性になるって酷いね… もう一度アイドルを目指そうとした真夢 真夢が引きずる過去の事件が気になりますね。  
[2014/02/02 22:47] 空 と 夏 の 間 ...
Wake Up, Girls!「第4話 スキャンダル」/ブログのエントリ
Wake Up, Girls!「第4話 スキャンダル」に関するブログのエントリページです。
[2014/02/03 03:50] anilog
Wake Up Girls! 第4話「スキャンダル」
再び昼ドラムードに…^^; メインヒロインと思われる真夢のエピがドロドロでびっくり。 アイカツとは対極の描き方ですね。 よりリアリティを出したいのかもしれないけど、こういう暗い展開は視聴者離れるんじゃないかなあ。 決まったラジオ番組は一人ずつ1日交代で良くない? 7人で1分は無理ありすぎ^^; 千里の道も一歩から、社長なかなかやるじゃなイカだったのですが。 東京からの取材と...
[2014/02/03 04:34] のらりんすけっち
サボれなかった…(中二病でも恋がしたい!戀とかキルラキルとか)
【東京レイヴンズ 第16話】陰陽庁による双角会掃討作戦の巻。今回の目玉であるジャッキーさんと石田さんの対決は、攻守が二転三転してそれなりに面白かったですね(ただ、相変わ ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。