窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> リトルバスターズ!~Refrain~> リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話 世界の終わり

リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話 世界の終わり

リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray]

リトバス2期 第11話。
避けられない「世界の終わり」と、リトルバスターズ解散の時。
以下感想

解散式

避けられない「世界の終わり」と、リトルバスターズ解散の時。

人も猫も消え、終わりが近いこの世界で、
リトルバスターズの5人は最後の野球を行う。
残り一球、真人は理樹の打球を体を張って受け止め、
謙吾は最初は受け止めきれずにこぼしてしまう。
そして恭介への打球は頭上を大きく超える特大ホームラン。
これらの違いはこの世界での3人の立ち位置、
3人の感情を暗示していたのでしょうね。


この世界は要するに恭介たち死者たちが創り出した、死後の世界に近い世界。
修学旅行中の交通事故に生き残った理樹と鈴のために、
恭介たち死者たちが何かを残そうともがいた結果こそが世界の秘密であった。
死者ではなく生者のための世界ということで多少趣は違うものの、
同じくKey作品である「Angel Beats!」を彷彿とさせる設定ですねぇ。
順番としてはリトルバスターズ!のほうが先なんだろうけど。

恭介の口からすべてを知り、これまでのすべてを思い出した理樹は、
恭介と涙ながら別れ、鈴の手を取りこの世界から旅立っていく。
そして残された恭介は世界の終わりと共に、仲間たちと共に消えていく。
みんなもう死んじゃっていたのかぁ、これでもう本当にお別れなのかぁ。
予想はしてたし覚悟もしていたけど、やっぱり悲しいなぁ・・・。

まとめ

てなわけで今回はリトルバスターズ解散の時。
何もかも知りながら最後までバカを突き通した真人の振る舞い。
意外なことにリトルバスターズ一の泣き虫だった謙吾の涙。
そしてはじめて恭介の口から語られた彼の本心。
わかりきっていた展開ではあるものの涙せずにはいられない一話でしたね。

リトルバスターズが創り出した世界から抜けだした理樹と鈴。
理樹については今回で状況も完璧に把握しましたし、
精神的な成長も今後に対する心構えもできているのですが、
心配なのは今はまだなにも知らない鈴ですよね。
まぁでもきっと、姿こそ現さなかったものの
最後まで鈴を見守り続けていた小毬の思いが鈴を支えてくれるのでしょう。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

そして、目覚めるとき―【アニメ リトルバスターズ! Refrain #11】
リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る アニメ リトルバスターズ!Refrain 第11話 世界の終わり 夢の終わり 別れの時―
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話 「世界の終わり」 感想
緑川さんの熱演が素晴らしかったですね! 流石は声優、声のプロ! 真人と謙吾との別れのシーンも素晴らしかったです。 恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバスターズを取り戻した理樹は、 喜びでいっぱいだった。 早速、仲間たちみんなで野球をしようと張り切っている。 周囲はなぜか奇妙に静かで、はしゃぐ理樹を恭介は切なく見つめていた。 野球をしながら、恭介は仲間たちとの思い出を振り返って...
[2013/12/15 09:13] ひえんきゃく
リトルバスターズ! 〜Refrain〜第11話「世界の終わり」レビュー・感想
もう後戻りはできないんだ止まっていた時間が動き出す・・・!再び流れる時間、それと共に消えていく仲間達。それでも前に進まなければならない理樹と鈴。涙と共に見送られる彼ら ...
[2013/12/15 09:37] ヲタブロ
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第11話 「世界の終わり」 感想
会者定離―
[2013/12/15 11:55] wendyの旅路
リトルバスターズ!~Refrain~第11話感想世界よ終わらないで
遊びまくろ(笑) 野球だあ 鈴ピッチャーだ グローブから投げた??? ボール何行った???
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話「世界の終わり」
永遠の一学期の終わり…。 明かされた世界の秘密。 最後までやり抜いた恭介は本当にカッコイイ兄貴でしたね。   恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバスターズを取り戻した理樹は、喜びでいっぱいだった。 早速、仲間たちみんなで野球をしようと張り切っている。 周囲はなぜか奇妙に静かで、はしゃぐ理樹を恭介は切なく見つめていた。 野球をしながら、恭介は仲間たちとの思い出を振り返ってい...
[2013/12/15 15:10] 空 と 夏 の 間 ...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話 「世界の終わり」 感想
夢が終わり、そして終わりが始まる ついにリトルバスターズを再び作り上げた理樹。 そして刻一刻と終わりの時がやってくる。 お別れの時が。 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...
リトルバスターズ! Refrain 11話 『世界の終わり』
リトバスRefrain第11話、世界の終わり、別れの時を迎えました。 あまり長くは書けないので今回は最低限に絞りましたけど、他に書きたい事は最終話後の総評でまとめて書くようにしたいと思います。
[2013/12/15 20:19] 無常の流れ 新館
リトルバスターズ!Refrain 第11話 「世界の終わり」あらすじ感想
今回はリトバス、そして男キャラの集大成な1話!いよいよ恭介達と別れることになった理樹。その時恭介達は…?リトバスで一番の名シーン&お別れ回ということでゲームをプレイした時からこの日を超待っていました!ゲームの感動を見事に再現した、素晴らしい1...
[2013/12/15 20:55] コツコツ一直線
リトバス Rf 第11話「世界の終わり」
 今週のまとめ:  とーっととー走ーぃーってー、ゆけー。  …というOPの歌詞が、そして、真っ白な背景の中に一人残る恭介の姿が、ようやくここで全てお目見えしましたね。泣きながら駆けていく理樹、消えていく世界、そういったモチーフも、そのものズバリでは無いながらも、ようやく皆さんの胸に落ちる形で描かれたのではないでしょうか。さあ、ここからが「過酷な現実の始まり」です。...
[2013/12/15 21:06] Old Dancer's BLOG
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話「世界の終わり」
リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray]『そんなの俺の方が嫌に決まってんだろう!』 キャラクター原案:樋上いたる、Na-Ga 監督:山川吉樹 シリーズ構成・脚本:島田満 制作:J.C.STAFF 直枝理樹:堀江由衣  棗鈴:たみやすともえ  棗恭介:緑川光 井ノ原 真人:神奈延年  宮沢謙吾:織田優成  神北小毬:やなせなつみ 三...
[2013/12/15 21:41] 明善的な見方
リトルバスターズ!Refrain 第11話「世界の終わり」感想
部屋に閉じこもり続けていた恭介を連れ出すことに成功した理樹はリトルバスターズのメンバー全員で野球に興じる事にする。 誰も居なくなり静寂に包まれる世界で楽しい時間を過ごす五人。 だが、そんな世界に刻一刻と終わりの時が近づいていた・・・。 間もなくこの世界が終わる事を知る恭介はこの世界で一緒に過ごしてきた仲間達との思い出を振り返りる。 真人や謙吾もまた、残された僅かな時間...
[2013/12/16 00:14] アニメ色の株主優待
アニメ感想 13/11/14(土) リトルバスターズ!〜Refrain〜 #11
リトルバスターズ!〜Refrain〜 第11話『世界の終わり』今回は・・・ついにこの楽しい世界が終わりを向かえました。てか、今回の話感動的過ぎるだろ。真人も謙吾も恭介もいい奴過ぎ ...
[2013/12/16 02:53] ニコパクブログ7号館
リトルバスターズ! 〜Refrain〜 #11 「世界の終わり」
戦いの終わり、現実の再起動(リブート)  どうも、管理人です。さっき何かネタにしようと思ってたことがあったのに、サブタイ考えてるうちにすっかり頭の中から吹っ飛んでて笑えない…。こんなことなら、先に書いておくんだったw 謙吾:「リトルバスターズは……不滅だ」  今回の話は、旧リトルバスターズの面々と理樹との別れを描いた話。某まとめブログにも記事にされてますが、グリリバこと...
[2013/12/16 21:23] 戯れ言ちゃんねる
リトルバスターズ!Refrain 11話 想いが作り上げた世界
リトルバスターズ!Refrain11話を見ました。 いやー、よかったですねー。 はるちんフラッシュな!! 終わりの時が、ついに来た…。 理樹の手を取り時間を進める事を決意した恭介。 リトルバスターズ初期メンバー5人で野球をしながら、 恭介は思い浮かべます。 共に時を過ごした少女達を 。 明るく元気に打球をさばく、三枝葉留佳。 で...
リトルバスターズ!~Refrain~第11話
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/12/21/191201 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...