窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> のんのんびより> のんのんびより 十話 初日の出を見た

のんのんびより 十話 初日の出を見た

のんのんびより 第1巻 [Blu-ray]

のんのんびより 第10話。
新年、れんちょんは駄菓子屋と初日の出を見に行く。
以下感想

れんちょんと駄菓子屋

新年、れんちょんは駄菓子屋と初日の出を見に行く。

れんちょんは一姉とひかげ、それと駄菓子屋と一緒に、
初日の出を見るため一時間に及ぶ山登りに挑戦。
歌を歌いながら必死に駄菓子屋についていく姿がなんとも健気。
というか実際7歳で真冬の深夜、一時間の山登りに挑戦とかすごすぎる。

私がこの年齢だった頃にはここまでの体力気力は備わってなかったろうなぁ。
これも一姉の英才教育(反面教師)の賜物かww

頑張って山を登るれんちょんを見て、
駄菓子屋はまだ赤ん坊だった頃のれんちょんとの思い出を思い出す。
今から5年前の駄菓子屋は、見た目中学3年か高校1年ぐらいでしょうか。
言っちゃあなんですけど駄菓子屋って意外と若いんですねww
私はてっきり一姉と同い年ぐらい(24歳)ぐらいかと思っていました。
なので一姉のことを先輩と呼んだ際にはかなり驚いたわけなんですけどw

「赤ん坊は好きではない」と言っていた駄菓子屋ですが、
世話を通してれんちょんに対して深い愛情を抱くようになった模様。
駄菓子屋がれんちょんにだけは妙に甘いのも、
れんちょんが駄菓子屋にはえらく懐いているのもこの頃からで、
それはれんちょんが立派な小学1年生になった今も変わらない。
これだけ歳の差があるというのに親密な関係が構築されたのは、
人が少ない田舎という環境であったからこそ。
改めて田舎の素晴らしさを感じることのできた一話でした。

まとめ

てなわけで今回はれんちょんと駄菓子屋、2人の関係とそのルーツが描かれた回。
不良っぽい見た目や言動とは裏腹に、
母性あふれる駄菓子屋のキャラに惹かれまくった一話でした。
この作品は毎回本当に面白いしとても心がほっこりといするのですが、
第4話といいれんちょん主役の回はその中でも頭ひとつ抜けてるよなぁ。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2013/12/11 01:25 ] のんのんびより | CM(1) | TB(5)
[ 2488 ]
駄菓子屋への好感度がうなぎ登りでした。彼女はいい奥さんになりますね。蛍も良妻になりそうだけど、性癖に難ありそうな蛍よりも、駄菓子屋のほうが健全そうです。
[ 2013/12/14 23:05 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

『のんのんびより』 十話 初日の出を見た
れんげと駄菓子屋(楓)の仲良しさが心に染みる神回でした (。-_-。)ホッコリ
のんのんびより「第10話 初日の出を見た」/ブログのエントリ
のんのんびより「第10話 初日の出を見た」に関するブログのエントリページです。
[2013/12/11 04:50] anilog
のんのんびより 第10話「初日の出を見た」
れんげちゃんが初日ので見に行くお話(笑) 駄菓子屋の楓にれんげが懐いた過去話もあり、今回もホッコリしますね。 楓とれんげが完全に親子にしか見えないw    誰もいない校庭、冬枯れた木。 二学期の終業式も終わり、旭丘分校の一同は、おのおのの年末を過ごしていた。 越谷家では大掃除、一条家ではおせち料理の下ごしらえ、 そして、宮内家では年越しそばの準備。 そして深夜になり、...
[2013/12/11 12:41] 空 と 夏 の 間 ...
のんのんびより 第10話 『初日の出を見た』 こうして駄菓子屋はれんちょん好きになったのか。
出会いは唐突。ひかげが遊びに行きたいがために子守を押し付けられた駄菓子屋。遊ぶ方に誘ってくれよという駄菓子屋の話はごもっとも。まあ5000円という高額報酬に釣られちゃったんですが。 元々赤ん坊の面倒を見るのは大変ですが、れんげは更に手のかかる子で四苦八苦。でも「手のかかる子ほどかわいい」という言葉通り駄菓子屋はれんげを気に入ってしまったと。以後無報酬でれんげの面倒を見るようになり現在に至ると...
のんのんびより 第10話「初日の出を見た」
早いもので作中の季節はもう年越し。宮内家三姉妹と楓とで初日の出を見に行くエピソードに、楓のれんちょんとの過去回想を交えての構成。れんちょんがパッと見ヤンキー系の楓にすごく懐いていて、楓も赤ん坊が苦手とか子どもの相手は不得手だったり生意気な年下には容赦なかったりするのに、れんちょんには妙に甘いところを今まで見せていたのが今話の心温まるエピソードでよくわかったというか、楓みたいな女性でも母性本能...