窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> リトルバスターズ!~Refrain~> リトルバスターズ!~Refrain~ 第10話 そして俺は繰り返す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

リトルバスターズ!~Refrain~ 第10話 そして俺は繰り返す

リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray]

リトバス2期 第10話。
物語の裏側で行われてきた恭介の戦い。
以下感想

長き旅の終わり

物語の裏側で行われてきた恭介の戦い。

理樹と鈴を過酷な運命から救うため、
恭介は同じ時を何度も何度もやり直してきた。
この過酷な運命というのは観た限り修学旅行中の交通事故みたい。
不慮の事故に関してはまだ幼い理樹や鈴の成長云々で
解決できる問題ではないような気がするのですが・・・?

恭介は幼い理樹と鈴を成長させるために、
5月13日からはじまるこの世界を、リトルバスターズを創り出した。
メンバーの選定基準は恭介と同じ運命にあって、
それまでの人生に心残りがある者。
心残りについてはまぁわかりますが、恭介と同じ運命とは一体・・・?

恭介はこれまで理樹が困難に倒れる度に時を巻き戻し、
その繰り返しを何度も何度も行うに連れ理樹は徐々に成長していった。
しかしそれでも最後の最後に失敗したのが第6話での結末なわけですが、
第7話からの恭介も心の底ではずっと理樹のことを信じていた。
そして今、恭介は自分を超えた理樹の手を取り長きに渡る旅を終える。
恭介がずっと続けてきた旅は、理樹が苦しむ姿を何度も目撃せざるを得ない
とてもつらい旅だったわけですね。

そしていよいよ次回は件の理樹と鈴の過酷な運命とやらのはじまり。
今回の内容から察するに修学旅行中の交通事故に巻き込まれ、
2人を残して参加者全員が亡くなってしまうとかでしょうか。
で、その結果心ない人々から好奇の目で見られる羽目になるとか。

まぁ真相が何であれ、成長を遂げた理樹と鈴が、
自らの運命に打ち勝てるのかどうかに激しく期待ですね。

まとめ

今回は物語の裏側で行われてきた恭介の戦いについて。
理樹と鈴が追い詰められている最中に恭介がどれほどの覚悟を持って
困難な戦いを続けてきたが描かれた一話でした。
とはいえまだまだ抽象的な表現が多いためかわからないことがいろいろとある。
今回の恭介の旅にどういう意味があったかが本当にわかるのは次回かな。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2482 ] Re: リトルバスターズ!~Refrain~ 第10話 そして俺は繰り返す
>不慮の事故に関してはまだ幼い理樹や鈴の成長云々で
解決できる問題ではないような気がするのですが・・・?

恭介は自分たちを助けてほしいのではなく、理樹と鈴が逃げる時間稼ぎのために自分の体で漏れてくる燃料に蓋をしたんですよ。
そして自分たち全員を失った後の理樹と鈴が絶望せずに生きていけるように、何度もあの虚構世界をやり直して2人を鍛えていたんですね。

>恭介と同じ運命とは一体・・・?

あのバス事故に乗り合わせていたという事です。 修学旅行ですから、理樹と同じクラスのクドや小毬たちが一緒なのは当然ですね。
学年が違う恭介が同乗していたのは、1人で留守番は嫌だとこっそりバスに忍び込んだからです。
葉留佳も理樹たちと違うクラスなので、本来は別のバスに乗るはずでしたが、こちらも理樹たちのクラスのバスに忍び込みました。
葉留佳は向こうのクラスに友達がいませんし、現実では姉の佳奈多と和解していないので、理樹たちと同じバスに乗りたかったんですね。

ちなみに1期で描かれた佳奈多の過去や境遇は真実です。 葉留佳の願望とか、恭介の考えたシナリオではありません。
なぜあの世界の佳奈多が、修学旅行の時点では、恭介や葉留佳も知らなかったはずの「真実の佳奈多」を演じることができたかは原作でも明確には説明されていません。
最も有力な説は、現実世界で葉留佳を思い続けていた本物の佳奈多の想いが、あの世界に流れ込み、あの世界の佳奈多と融合したという説です。
あの世界では、時折マスターである恭介でさえ予想しなかったことが起きたりしますから。

アニメではカットされた設定ですが、あの世界の佳奈多は、リトバスメンバー以外で唯一人「世界の秘密」を知っています。
葉留佳ルート(アニメ1期17話)で葉留佳に変装して理樹を騙そうとした理由も、アニメでは「理樹を試すため」でしたが、原作では「(葉留佳にとって)一度得た幸せを奪われるくらいなら退屈な日常を繰り返す方がマシ」と考えたからです。
つまり最終的に理樹と結ばれ生き残るのは鈴だけと確定してるのに、下手に理樹と葉留佳が結ばれてしまうと、それが新たな未練となって葉留佳の苦しみが深まると考えたんですね(原作の葉留佳ルートのバットエンドで、それを示唆するセリフを言っています。)
だから憎まれ役を演じてでも、理樹と葉留佳の間に溝を作ろうとしたんですね。
別のバットエンドでは、「どうせあなたにあの子(葉留佳)を救う事は出来ない。 こんな茶番はやめにして、早く二人(現実世界の理樹と鈴)で逃げなさい」という手厳しいセリフも口にしています。
[ 2013/12/09 20:46 ]
[ 2484 ] Re: リトルバスターズ!~Refrain~ 第10話 そして俺は繰り返す
誤解されてるかもしれませんが、恭介は本当に時間を巻き戻したわけではありません。
あくまで現実世界に似た虚構のループ世界を作ったにすぎません。
理樹と鈴を弱いまま残して死ぬ事ができないという彼の想いが、真人や謙吾、そして心に未練や悩みを抱えていたヒロインたちの心と共に奇跡を起こして、あのループ世界を作り出したんですよ。
[ 2013/12/10 08:27 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

恭介の視点から語られる総集編…もとい世界の秘密 リトルバスターズ!Refrain 第10話「そして俺は繰り返す」感想
「この先、どんな事が起こるかわからない」 「でも・・・前に進もう」 ついに謙吾をリトルバスターズの仲間とし自らの力で四人の仲間を揃えた理樹。 自分の力でも何かをやり遂げる事が出来るという自信をつけ、過去の恭介がしたように、今度は自分が閉じこもる恭介を連れ出そうとその部屋を訪れ手を差し伸べる・・・。 一方、閉じこもり続ける恭介は暗い闇の中、理樹と鈴の二人を強くするた...
[2013/12/08 23:32] アニメ色の株主優待
リトルバスターズ!~Refrain~10話感想
リトルバスターズ!~Refrain~の感想です。 伏線回収回。
[2013/12/09 00:47] しろくろの日常
リトルバスターズ!~Refrain~ 第10話「そして俺は繰り返す」
恭介の語るこの世界の秘密。 何度もの失敗の末にたどり着いた結末…  全てが終わり、全ての始まる時へ。    ついに四人になった仲間。 揺るぎない自信を持った理樹は、部屋に閉じこもった恭介を迎えに行く。 幼い頃、理樹は恭介に手を差し伸べられ、救われた。 今度は理樹が恭介に同じことをしようとしているのだ。 一方、恭介は深い闇の中でこれまでのことを思い出していた。 5月...
[2013/12/09 01:07] 空 と 夏 の 間 ...
リトバス Rf 第10話「そして俺は繰り返す」
 今週のまとめ:  もう二度と!  辛いレビュー書きから逃げたりしない!  (いやいやいやいやいやいやいやいや)  もう…限界だ…いいよな…諦めたって…  ……終わりにしよう………。  「てりぃ、そんなところで何してるの?」  ………ダメだ、諦めたら!リトバスのレビュー、最後まで書ききらなきゃ!
[2013/12/09 01:43] Old Dancer's BLOG
アニメ感想 13/11/07(土) リトルバスターズ!〜Refrain〜 #10
リトルバスターズ!〜Refrain〜 第10話『そして俺は繰り返す』今回は・・・いよいよ世界の秘密の確信に迫ってきました。なんか総集編を見てるかのような感じでした。あの時の台詞に ...
[2013/12/09 02:43] ニコパクブログ7号館
リトルバスターズ!~Refrain~「第10話 そして俺は繰り返す」/ブログのエントリ
リトルバスターズ!~Refrain~「第10話 そして俺は繰り返す」に関するブログのエントリページです。
[2013/12/09 05:50] anilog
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第10話 「そして俺は繰り返す」 感想
真相究明―
[2013/12/09 20:04] wendyの旅路
リトルバスターズ! 〜Refrain〜 #10 「そして俺は繰り返す」
終わりの始まりと、始まりの終わり  どうも、管理人です。さっき某ソシャゲのレベルアップしてたら、うっかり操作間違えて被害出て、軽くショック……。その思いの丈をここにぶつけようと思います。 恭介:「全てが終わった……。そしてここからが、すべての始まりだ」  今回の話は、恭介視点で語られる、これまでのあらまし・世界の秘密についてを描いたもの。ようやくネタバレできるということ...
[2013/12/09 22:03] 戯れ言ちゃんねる
リトルバスターズ!~Refrain~第10話
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/12/10/054119 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...
リトルバスターズ!Refrain 10話 棗恭介の独白
リトルバスターズ!Refrain10話を見ましたよ。 いやー、よかったですねー! …今回は無し!! (えー。) だって、10話はずっと恭介の一人語りだったので… 「死にかけの恭介な!」 は流石に不謹慎すぎるかなー、と。。 今まで謎だった部分が恭介の口から語られた回ではありましたが、 萌えたり、茶化したり出来る部分は無かったですね。 ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。