窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 境界の彼方> 境界の彼方 #9 銀竹

境界の彼方 #9 銀竹

Daisy

境界の彼方 第9話。
泉の残酷な言葉を受け、未来は秋人を・・・。
以下感想

別れ

泉の残酷な言葉を受け、未来は秋人を・・・。

妖夢化した秋人は未来たちの前から姿を消す。
で、秋人を追う未来たちは秋人宅をガサ入れ。
世にも珍しい半妖の正体は知人もドン引きなメガネフェチ。
とりあえず未来とは正反対に、
金銭的にものすごく余裕のある生活をしているのはわかりますw

秋人はこのままでは不死身の妖夢として忌み嫌われることに。
ただし「凪」である今なら、
殺傷能力の高い未来の能力でなら秋人を殺せるというのが泉の読みである。
そして泉が秋人の妖夢化と、未来の秋人殺害を誘導したのは、
秋人の内部にいる妖夢が「境界の彼方」であると推測しているから。
あぁ、なるほどなるほど、これならこれまでの泉や弥勒の行動にも、
前回の秋人母の発言にもそれなりに納得がいくわ。

おそらく秋人の正体を泉から伝えられていたであろう未来は、
秋人を殺害するため一人秋人の前に立ち・・・。
う~む、もう秋人の中の人間の部分はなくなってしまっていたかもですけど、
せめて最期の瞬間ぐらいはメガネ顔を見せてあげてほしかったなぁ。

まとめ

てなわけで今回は未来の秋人討伐。
泉の暗躍に翻弄させられ続けた秋人と未来が非常に気の毒でした。
まぁとはいえこれで秋人が本当にお亡くなりになったとは到底思えない。
いまだ暗躍を続ける弥勒の存在も込みで、次回の展開に期待ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2013/11/29 10:40 ] 境界の彼方 | CM(0) | TB(4)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

境界の彼方 #9「銀竹」
境界の彼方の第9話を見ました。 #9 銀竹 未来が写真館へと急ぐと、凪の影響を受けた秋人が妖夢として目を覚ましており、未来や美月、博臣は秋人のことを心配しながらも、不安を感じていた。 「どうして秋人が妖夢化を?」 「先輩が倒れた時、彩華さんが言っていました。人間の部分が極端に弱ってるって。多分、凪で弱ってる妖夢の部分よりも人間の部分がさらに弱くなったせいで」 「結果...
[2013/11/29 11:15] MAGI☆の日記
境界の彼方 第9話「銀竹」
「私、本当に呪われてるのかもしれません」 こんな事になるなら知らなければ良かった――― 未来に秋人を殺させようとする泉に疑いを持った博臣が目にした衝撃の事実    【第9話 あらすじ】 未来が写真館へと急ぐと、そこには凪の影響を受けた秋人がいた。未来や美月、そして博臣は秋人のことを心配しながらも、不安を感じていた。そして泉は未来に、冷酷な言葉を投げかけるのだった。 倒れた...
[2013/11/29 20:13] WONDER TIME
境界の彼方 第9話 「銀竹」 感想
戦いは泉おねいさまに引き継がれました。 槍をぶんまわしてこの作品の中では一番強いんじゃないでしょうかね? 藤真の攻撃もすごかった。 彼は多分、まだ本気を出していない。 境界の彼方 (1) [Blu-ray](2014/01/08)種田梨沙、KENN 他商品詳細を見る
境界の彼方 第9話「銀竹」
 「銀竹」は、「つらら」を表す言葉、だそうです。  作中でどの部分が「つらら」に当たるのか、明示はされませんが…色々と思いを巡らせられる幅はちゃんとありますね。例えば、「氷のように冷たい」「鋭角に尖った」なんて辺りは、藤真や泉の抱く悪意に通ずるものがありますし。この二人の描写については、前回のレビューでも触れたんですが…更にそのベクトルが突き抜けてきていて、い~い感じの悪役加減をバンバ...
[2013/12/02 02:26] Old Dancer's BLOG