窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第728話 悲劇の数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ONE PIECE 第728話 悲劇の数

ONE PIECE 72 (ジャンプコミックス)

ネタバレ注意です。
以下感想

闇に潜む反乱分子

10年前、ドレスローザに起きた悲劇の続き。

ドンキホーテファミリーの女幹部ヴァイオレットの正体は、
当時のドレスローザ王女のヴィオラであった。
ドフラはヴィオラのギロギロの実の能力にホレ込んでおり、
ヴィオラはリク王の命を救うためドフラの部下になっていたと。
確かに彼女の眼力は反則的に便利なシロモノですからねぇ。
ドフラがドレスローザを狙った理由はこの能力を手中に収めることのみ、
とか言われてもそこまで違和感ないです。

ドフラに殺された兵とやむを得ずひれ伏した兵、
それらを合わせても一国の兵隊として数が少ない。
残りの兵はオモチャとして国の闇へと葬り去られた。
つまりこの国には多数の反乱分子が眠っている。
う~ん、それなりに数は多そうだけど所詮はオモチャだしなぁ。
それにあのドフラがオモチャの一斉蜂起を予想していないとも思えないし。
ただまぁ行動を起こすタイミングとしては仰る通り今日しかないですよね。

ルフィは窓越しではあるもののゾロや錦えもんと再会。
しかしその後ろにはベラミーが迫ってきており・・・。
二つ名の「ハイエナ」を思わせるような凶悪な表情。
Bブロック開始前の「キレイなベラミー」はやっぱり気のせいだったのか・・・?


まとめ

てなわけで今回は10年前、ドレスローザに起きた悲劇の続き。
ヴァイオレットの正体やおもちゃや小人がなぜ今日決起をしたのかが語られ、
また次回からは事態が大きく進展していきそうかな。
まずはルフィの背後に迫るベラミーの真意、
それとなによりドフラと対峙したローの命運ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2013/11/19 23:15 ] ONE PIECE | CM(2) | TB(0)
[ 2462 ] Re: ONE PIECE 第728話 悲劇の数
>ルフィの背後に迫るベラミーの真意、

こういう場合は主人公側につくパターンが多いですけど、暗殺ではなく正々堂々の決闘を挑むという可能性もありますね。
あるいは本当にハイエナに戻ってる可能性も0ではないですしね。
[ 2013/11/21 05:31 ]
[ 2472 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> こういう場合は主人公側につくパターンが多いですけど、暗殺ではなく正々堂々の決闘を挑むという可能性もありますね。

個人的には後者のパターンを期待しているのですが、
もし実現したとしても他のファミリーの連中に介入されてしまうでしょうね。
[ 2013/11/24 23:16 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。