窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> リトルバスターズ!~Refrain~> リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話 5月13日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話 5月13日

リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray]

リトバス2期 第7話。
幼い頃のリトルバスターズを取り戻すため、理樹は・・・。
以下感想

Refrain

幼い頃のリトルバスターズを取り戻すため、理樹は・・・。

時間は恭介が学校に戻ってきた時にまで遡る。
今までと違って恭介は真人と謙吾のケンカの仲裁にやってこない。
それどころか自室に引きこもり授業にすらやってこない始末。
これは就職活動に失敗した反動・・・、ではないんだろうなぁ。
今までの頼りになる兄貴分キャラとの落差がすさまじいですね。

恭介と同じく鈴もまた変わってしまった。
人を怖がるようになってしまった鈴は学校に来なくなり、
子供たち以外には理樹としか会話をしようとしない。
鈴が変わってしまった原因と恭介が変わってしまった原因は同一、
しかしその答えは「この世界のどこにも存在しない」
要するにそれこそが件の「世界の秘密」であるわけなのでしょうね。

幼い頃のリトルバスターズを取り戻すために、
理樹がたどり着いた答えは「かつての恭介の焼きまわし」
偶然思いついた野球は当の鈴には好評でしたが、
謙吾は、そして真人まで野球には加わらなかった。
「世界の秘密」のせいか、この時間軸での謙吾と真人も様子がおかしい。
特に真人のバカキャラがここ最近まるで観れていないのはなんとも寂しいです。

「世界の秘密」について、知らないのは理樹と鈴だけ。
しかし理樹はそれでめげることはなく、「世界の秘密」をあばくこと、
そしてかつての恭介のようなリーダーとなることを決める。
新メンバー集めは前回もほぼ理樹一人の功績だったので多分問題ないでしょう。
問題は「世界の秘密」については新メンバーたちから、
それと「変わってしまった」鈴からヒントを得ればたどり着けるのかな?

まとめ

鈴ルート終了からまさかの時間軸リセットという展開だった今回。
「また野球のメンバー集めから始めるのかよ、なんかめんどくさいなぁ」
ってのが率直な感想だったりしますw

とはいえ繰り返しといっても状況は以前とはまるで違うわけですし、
新メンバー集めに関しても間違い探し的な楽しみ方もできるのかな?
まぁ何はともあれ、これまで恭介の影に隠れ続けていた理樹が、
恭介がいない状況でかつての彼のようなリーダーになれるのかに期待ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2455 ] Re: リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話 5月13日
鈴と小毬以外のヒロインたちはすでに鈴ルートで消えてしまったので、メンバー探しにはなりませんよ。
リトバス新メンバーについては1期と姉御ルートですでに完結しているんです。
ここから先は、旧リトバスメンバールートともいうべき展開となります。
果たして理樹は、かつての恭介と同じ事ができるのか・・・?
[ 2013/11/17 19:57 ]
[ 2457 ] Re: リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話 5月13日
まーメンバー集めは元から理樹だけでやってたし、それをいまさら繰り返しても単なる焼き直しにしかならないよなー。
それにあれだけ仰々しく消えたのに、新しい世界になったらあっさり再登場というのも拍子抜けだし。

とはいえ女の子が鈴だけというのは寂しいな。 別に真人や謙吾が嫌いなわけじゃないが・・・
小毬ちゃんはどこかで登場しないのかな? 顔だけでも映してほしいな。
[ 2013/11/19 17:29 ]
[ 2466 ] kさん、コメントありがとうございます
> 鈴と小毬以外のヒロインたちはすでに鈴ルートで消えてしまったので、メンバー探しにはなりませんよ。

あぁそうだったのですか。
再びメンバー探しを行われてもアレでしたが、
彼女たちが出てこないのは素直に残念ですね。
旧メンバーだけだと男性比が恐ろしく高くなってしまいますしw
[ 2013/11/24 22:50 ]
[ 2467 ] 名無しさん、コメントありがとうございます
> とはいえ女の子が鈴だけというのは寂しいな。 別に真人や謙吾が嫌いなわけじゃないが・・・
> 小毬ちゃんはどこかで登場しないのかな? 顔だけでも映してほしいな。

小毬にはまだ見せ場が残されているっぽいですし、早いところ登場してもらいたいですね。
旧メンバーだけだと理樹きゅんはともかく、
特に真人と謙吾の2人が暑苦しすぎて絵面が厳しいですw
[ 2013/11/24 22:55 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

顔を上げて、前を向いて【アニメ リトルバスターズ! Refrain #7】
リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る アニメ リトルバスターズ!Refrain 第7話 5月13日 塗り潰されていく世界の中で 胸に灯る熱いモノ 確かめるために 僕は―
リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話 「5月13日」 感想
鈴と恭介の変りようが悲しいですね。 真人が凄くイケメンになっていてビックリです。 他のヒロインたちはもう出てこないんですかね。 鈴はいつからか、変わってしまった。 人を怖がるようになった鈴は、もう理樹や子どもたちにしか笑顔を 向けなくなってしまった。 恭介もまた、変わってしまった。 真っ暗な部屋に閉じこもり、授業にも出ていないようだ。 いつも恭介の手に引かれて、笑い合って...
[2013/11/17 17:44] ひえんきゃく
リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」
君とのなくしもの / 涙色の翼『僕はこの世界の秘密を解かなければならないんだ』 キャラクター原案:樋上いたる、Na-Ga 監督:山川吉樹 シリーズ構成・脚本:島田満 制作:J.C.STAFF 直枝理樹:堀江由衣  棗鈴:たみやすともえ  棗恭介:緑川光 井ノ原 真人:神奈延年  宮沢謙吾:織田優成  神北小毬:やなせなつみ 三枝葉留佳:すずきけいこ  能美クドリャフカ...
[2013/11/17 21:34] 明善的な見方
リトバス Rf 第7話「5月13日」
 今週のまとめ:  「リフレイン」のスタートとしては、  もーカンペキじゃないっすかね?!  コンパクトな構成に落とし込むことを基本にしつつ、初見の方でも分かるような絶妙なコントロールの良さは、一期の頃から感じていたことではありますが……ホント上手いな!!それでいて、ツボを外さないと言いますか、ゲームのファンに対しても「おお…」って思っちゃうような殺しポイントが...
[2013/11/17 22:14] Old Dancer's BLOG
そして誰も居なくなった リトルバスターズ!Refrain 第7話「5月13日」感想
5月13日、恭介が戻ってきた事を合図に始まってしまう真人と謙吾の決闘。 本来なら仲裁する筈の恭介は姿を見せず、代わりに理樹が間に割って入るも二人を止める事が出来ないで終わる。 決闘を続けた結果、右腕を負傷して試合に出る事が出来なくなってしまった謙吾は以前と違う力強さを見せる理樹に対し何か別の楽しい事を提案するよう求める。 折りしも、他人との関わりを恐れずっと引篭...
[2013/11/18 00:08] アニメ色の株主優待
アニメ感想 13/11/16(土) リトルバスターズ!〜Refrain〜 #7
リトルバスターズ!〜Refrain〜 第7話『5月13日』今回は・・・なんか時間が戻ってました。世界も、なんか前とは違う感じです。今度はこの世界で頑張れってことなのか。理樹は恭介の ...
[2013/11/18 03:03] ニコパクブログ7号館
リトルバスターズ!~Refrain~第7話
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/11/18/041435 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...
リトルバスターズ!〜Refrain〜 #07 「5月13日」
終わるため、始めるためのスタート  どうも、管理人です。最近捗ってるのが明らかに本来手をつけないといけない方でないやつなのは果たして如何なものか。しかも、完全なるアナログ出力(=手書き)なので、分量が全く読めないというオマケ付き。なぜこうなった…。 恭介:「そんな答えはな……“この世界”のどこにも存在しねぇよ」  今回の話は、Refrain編開幕を描いた話。とは言っても...
[2013/11/18 21:25] 戯れ言ちゃんねる
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第7話 「5月13日」 感想
リスタート―
[2013/11/19 21:07] wendyの旅路
リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」
就活のため東京に出かけていた恭介が、なぜか真夜中に帰ってきた。 しかし、帰ってきてからの恭介はずっと部屋に引きこもって、電気も点けずにマンガを読むばかり。 恭介の妹の鈴も、いつの頃からか、理樹以外の人と会うことを怖がるようになってしまっていた。 理樹は、みんなで楽しく遊んでいた子供の頃の思いを取り戻すため、野球をやろうと提案するのだが…。
リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」
逃亡先を見つかってしまった理樹と鈴。彼と彼女の繋がりを引き裂くようなイメージシーンで 「生きることは、失うことだったんだ」 と呟いて意識が途切れたところまでがアバン。そしてAパート、真夜中に 「恭介が帰って来たぞー!」 と響きわたった叫び声で理樹は目が覚め、同部屋の真人は勢いよく部屋を出て食堂に向かい謙吾とケンカを始めて・・・でもすでにここから先が1期とは全く違う流れ。帰ってきたはずの恭介が...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。