窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> IS<インフィニット・ストラトス>2> IS<インフィニット・ストラトス>2 第5話 ラブリー・スタイル

IS<インフィニット・ストラトス>2 第5話 ラブリー・スタイル

True Blue Traveler

IS2期 第5話。
一夏の誕生日に、ヒロインたちが全力のおもてなしを。
以下感想

誕生日

一夏の誕生日に、ヒロインたちが全力のおもてなしを。

山田先生プレゼンツ、織斑一夏へのサービス対決。
約1名を除くヒロイン4人が一夏を精一杯おもてなし。
個人的にはセシリアのおもてなしが一番ですかね、
一夏に花を持たせる終わらせ方が特に好印象でした。
次点で箒、シャルとラウラはちょいとあざとすぎですw

最強の生徒会長様は今回もやりたい放題。
とはいえその行動にはそれなりにマジメな理由が秘められていそうな。
というか今回も鈴さんはただの当て馬かよww
今さらながら完全に不憫キャラを確立させてしまいましたねw

今回のイベントの真意は一夏の誕生日祝い。
てなわけで千冬姉も今回ばかりは大サービス。
おっかない態度は相変わらずながらそこがまたたいへんよろしいww
結局大惨事で締めくくられましたが、
どう考えてもあの受け答えが最も波風の立たない無難なものだよなぁw

誕生日イベントの後、一夏の前に前回の千冬姉そっくりなキャラが出現。
彼女の名前は織斑マドカ、
その発言からも織斑姉弟と深い因縁があることは間違いなさそう。
う~ん、彼女の正体は千冬姉の遺伝子から造られた試験管ベビーか、
あるいは一夏たちの両親の隠し子あたりなのかな?

まとめ

てなわけで今回はヒロインたちのサービス大会。
うん、前々回と同様こういう催し物はやっぱり面白いですねw
一人だけサービスすらさせてもらえない鈴さんの不憫っぷりがツボでしたww

コメディ展開の後、織斑姉弟と因縁深い織斑マドカが襲撃。
彼女と織斑姉弟の関係、ならびに彼女の目的、
さらには一夏の命運が気になるところですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2449 ] Re: IS<インフィニット・ストラトス>2 第5話 ラブリー・スタイル
>う~ん、彼女の正体は千冬姉の遺伝子から造られた試験管ベビーか、
あるいは一夏たちの両親の隠し子あたりなのかな?

一夏のクローンとかの線もありそうですよね。 以前に誘拐されてますし、染色体をいじれば女として誕生させることも可能なはずです。
[ 2013/11/02 20:15 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

IS<インフィニット・ストラトス>2 第05話 感想
 IS<インフィニット・ストラトス>2  第05話 『ラブリー・スタイル』 感想  次のページへ
[2013/11/02 09:02] 荒野の出来事
IS<インフィニット・ストラトス>2 第5話「ラブリー・スタイル」
IS<インフィニット・ストラトス>2の第5話を見ました。 【送料無料】IS<インフィニット・ストラトス>コンプリート Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 内山昂輝 ]価格:26,208円(税込、送料込) 第5話 ラブリー・スタイル 「えっと、こっちかな…?」 地図を手に山田先生に頼まれた資料を運ぶ一夏は部屋に着くと暗闇の中、何者かに襲われてしまう。 そして気が...
[2013/11/02 09:16] MAGI☆の日記
IS 〈インフィニット・ストラトス〉2 第5話 『ラブリー・スタイル』 個人的にはセシリアのバニーが良かったが、一夏に取っては違うようで。
正直洒落にならん。謎の地図にホイホイ導かれ拘束された一夏。前回襲われかけ、過去に誘拐されたことがある一夏にこの仕打ってどうなんだろう。そして変声機使うでもなく普通に話しかけている。まあスグに山田先生だとバラしましたが。  人気と扱いが直結している気がする。唐突に始まったヒロインによる一夏への「おもてなし」対決。でも舞台装置が超豪華。IS学園って一体どうなってんの。「こんな事もあろう...
IS〈インフィニット・ストラトス〉2 第5話「ラブリー・スタイル」
インフィニット・ストラトス」、通称「IS」(アイエス)。宇宙空間での活動を想定し、開発されたマルチフォーム・スーツ。開発当初は注目されなかったが、ISの発明者でもある篠ノ之束が引き起こした「白騎士事件」によって従来の兵器を凌駕する圧倒的な性能が世界中に知れ渡ることとなり、宇宙進出よりも飛行パワード・スーツとして軍事転用が始まり、各国の抑止力の要がISに移っていった。 ・・・というのがWiki...