窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> アウトブレイク・カンパニー> アウトブレイク・カンパニー 3.汝の名は侵略者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

アウトブレイク・カンパニー 3.汝の名は侵略者

ユニバーページ (通常盤)

アウトブレイク・カンパニー 第3話。
オタク文化を教える学校が完成し、布教活動が本格始動すると思いきや・・・。
以下感想

保守派と侵略者

オタク文化を教える学校が完成し、布教活動が本格始動すると思いきや・・・。

ミュセルとペトラルカは競い合いながら日本語を学ぶライバルみたいな関係に。
1ヶ月かそこらで早口言葉、
さらには会話ができるレベルまで日本語を習得するとか普通にすげぇ。
特にミュセルなんてこっちの世界でもロクな教育を受けていないわけですし。
あぁでも、勉強の教材が非常に優秀なのかw

慎一が様々な身分の人にオタク文化を教える学校が完成、
加えてミュセルとの仲は非常に上々とまさに前途洋々。
・・・かと思いきやまたしてもペトラルカがミュセルにブチギレ。
おいおいおいおいとヒヤっとしてたら、
今度はまさかまさかの「反帝国組織による籠城事件」が発生。
皇帝陛下+他国の要人がいる施設だってのに、
随分と警備がザルじゃないですかねぇ。
反帝国組織の持つおっかない兵器といい、
この事件には大きな陰謀が隠されていそう。


反帝国組織は帝国の文化を破壊しようとする慎一を侵略者と位置づけていた。
種族という区別は「神の思し召し」まさに典型的な選民意識。
まぁ時代の転換期にこういった保守派が現れるのも当然の流れですかね。
で、慎一をかばおうとするペトラルカには威厳が溢れている。
ちっこくてもさすがは一国の長ってカンジですね。

お気に入りキャラの誕生日アラームを使ったハッタリ
→慎一の警護、古賀沼美埜里の体術
→前回ちょこっと話にあがったミュセルの攻撃魔法
→最後は備えてよかった消火器さん で反帝国組織への反撃に成功。
しかしペトラルカをかばってミュセルがナイフのエジキに
「身分の違う人同士、いつかわかりあえる」
これを機にミュセルの願いが叶ってくれれば不幸中の幸いです。
まぁ何にせよミュセルを傷つけたこの輩にはキツい罰をお願いします。

まとめ

てなわけで今回は保守派による籠城事件。
「異世界への萌え文化の伝導」という一見ふざけたテーマながら、
意外と大真面目な展開の連続に驚かされてばかりです。
いやはや、これはなかなか侮れない作品かもしれませんね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

伝える心、伝わる心、その行先に【アニメ アウトブレイク・カンパニー#3】
TVアニメ「アウトブレイク・カンパニー」エンディングテーマ 『私の宝石箱』(2013/11/06)ペトラルカ・アン・エルダント三世(CV 渕上舞)商品詳細を見る アニメ アウトブレイク・カンパニー 第3話 汝の名は侵略者 現実と願いと… 伝えたい想い 反して生まれる軋轢 その狭間で彼の行動は何を生む?
アウトブレイク・カンパニー 第3話 『汝の名は侵略者』 ミュセル完全に嫁モード。
ダンナサマ、ワタシハ、アナタノ、シモベ。ミュセルが喋った!いや喋れるのは当たり前ですが、日本語を喋った!!フィリピーナみたいな訛りがありますが、そんな事は問題ではありません。この短期間によくぞここまで。 そしてミュセル、いつか慎一が日本に帰るにあたり付いて行きたいと申し出ました。慎一は勘違いしちゃいかん!と警戒モード。幼なじみに振られたトラウマが根っこにあるみたいです。語学習得までして連れて...
アウトブレイク・カンパニー 第3話 感想 「汝の名は侵略者」
あっミュセルが! (((;゜Д゜))) そう思ったらなんと次回予告にちゃっかり…。ネタバレというよりも安心できたので良かった。 「種族の別なく文字を教え,亜人種と人間を同じ部屋で学ばせるなど言語道断である」 なるほどー 身分社会で上位に立つ人はふつうそう考えるだろうなぁ
[2013/10/20 20:32] ひそか日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。