窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ストライク・ザ・ブラッド> ストライク・ザ・ブラッド #1 聖者の右腕編I

ストライク・ザ・ブラッド #1 聖者の右腕編I

ストライク・ザ・ブラッド (9) 黒の剣巫 (電撃文庫)

ストブラ 第1話。
2013年秋アニメ感想第5弾は、
電撃文庫の学園アクションファンタジー。
以下感想

第四真祖

「第四真祖」の暁古城と、その監視役の姫柊雪菜。

物語の舞台、絃神島。
絶滅危機に瀕した魔族を研究目的と称して保護している島。
つまりは獣人やら吸血鬼やらの存在が公に認められている舞台であると。
某能力開発機関と同様、治安維持がめちゃくちゃ大変そうですねw

主人公、暁古城。
一見朝と鼻の粘膜が異常に弱いだけの極普通な高校生ながら、
その正体は「第四真祖」とかいう超危険な吸血鬼。
で、その「第四真祖」になった経緯を自分でも覚えていないと。
バカみたいに強い力の持ち主みたいですが、
本人はその力を完璧に把握できているわけでもなさそう。
戦いを通して徐々に覚醒していく展開ですね、わかります。

ヒロイン、姫柊雪菜。
「第四真祖」である古城の監視の命を帯びた女の子。
真面目な性格でセクハラには超厳しいが人を見る目はあるみたい。
心優しい性根で、槍使いで、ストーカーで、後輩&ドジっ子属性も完備。
今のところ特に真新しい要素はないものの普通に可愛い良ヒロインですね。

まとめ

うん、放送前のCMからわかっていたことですが、厨二病臭がプンプンしてくる、
いかにもバトル物ラノベ原作作品の典型といった感じの印象ですねw

この手の作品は世界観やら小難しい用語を理解できてからが本番なので、
第1章、要するに原作1巻分は様子見といったカンジでしょうか。
第四真祖ということは第一~三までの真祖さんも存在するということ。
なので第一~三までの真祖の登場と、
それらと古城たちとの戦争まがいの大規模バトルに期待しています。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ストライク・ザ・ブラッド「第1話 聖者の右腕編I」/ブログのエントリ
ストライク・ザ・ブラッド「第1話 聖者の右腕編I」に関するブログのエントリページです。
[2013/10/06 16:51] anilog
ストライク・ザ・ブラッド 第1話 「聖者の右腕篇Ⅰ」
「いやらしい・・・!」 雪菜さんの蔑みの一言(;´Д`) アスラクライン作者の作品ということで相変らず最初は設定と世界観がごちゃごちゃしているという感じだけどとりあえずきんモザ綾風声のヒロインが思ったよりも可愛くてサービスもあったので掴みはまずまずだったかなw
[2013/10/06 20:24] ムメイサの隠れ家
ストライク・ザ・ブラッド 第1話「聖者の右腕編 1」
『ゴールデンタイム』同様にこちらも電撃文庫からリリースされている三雲岳斗『ストライク・ザ・ブラッド』のアニメがはじまりました。これはアニメが始まるまでになんとか原作(既刊の8巻まで)読み終えられました。既読の方はいろんな連想が浮かんだと思うのですが、私の第一印象としては『カンピオーネ!』に少し似てるかな、と。全体的に主人公である暁古城の性格を含めて‘陽’の雰囲気だったので読みやすかったです。...
ストライク・ザ・ブラッド 第01話 感想
 ストライク・ザ・ブラッド  第01話 『聖者の右腕編I』 感想  次のページへ
[2013/10/07 04:06] 荒野の出来事
金田一かよ!?(キルラキルとか地獄でなぜ悪い(映画)とか)
【境界の彼方 第1話(新番組)】ラノベ原作、京アニ制作の現代ファンタジー作品。原作は未読。これはいい眼鏡作品ですねwヒロインの女の子は、眼鏡属性の中では“ズレ眼鏡”に当 ...
ストライク・ザ・ブラッド #1「聖者の右腕篇 Ⅰ」
秋期アニメ感想記事第4弾はこちら。 正直どうしようか迷った部分はあるんですが、将来的な部分も含めて選びました。 主人公自体はかなり好きなんですが、対するヒロインが・・・可愛い事は可愛いんですけどね。 OPを観てるとツボにハマりそうな女性キャラもこれから出てきそうですし。 主人公のバーサクモードも中々ワイルドっぽいので、その辺りに期待して。 そうはいっても絵的には好きなのでテ...
[2013/10/10 18:40] がっちの言葉戯び