窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> サーバント×サービス> サーバント×サービス 第7話 自己防止 見えない所に 人が居る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

サーバント×サービス 第7話 自己防止 見えない所に 人が居る

サーバント×サービス 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

サーバント×サービス 第7話。
千早、一宮、塔子の関係と、長谷部の友人田中譲二の登場。
以下感想

察しが悪い

千早、一宮、塔子の関係と、長谷部の友人田中譲二の登場。

職場"でも"余所余所しい一宮と千早を見て、
2人は仲が悪いのでは?と考えた課長は、
余計なお節介で2人は倉庫に二人っきりにする。
さすがはぬいぐるみ、見事なまでに何も見えてねぇなw
そして千早さんってば超大胆、ルーシーってばホント空気が読めない娘ww

その頭の弱さからいまだに兄の彼女の存在に気づかない塔子と、
そのポテンシャルの高さから彼女の存在を察した花音の前に、
件の一宮の彼女である塔子が現れる。
塔子を守ろうと意気込む花音はホントに優しいいい娘なのですが、
キミが慕っているそのぬいぐるみは本当に役に立たねぇぞw

一宮が不在の時は塔子"で"遊んでいる千早ですが、
決して塔子をピエロとしているわけではなく、
一宮との関係と同じくらい塔子との関係も大切にしている模様。
というか塔子がいつまでも気づいてくれないだけらしい。
観たカンジ一宮も塔子もまるで進歩なさそうだし、
可哀想ではなるけどしばらくはこのまんまだなw

前回話に出てきた田中さんの孫、田中譲二が登場。
田中さんの話の通りマジメではあるみたいだけれども・・・。
この歳で長谷部に対して並々ならぬ執着を持っているイタい男。
あの要領のいい長谷部が避け続けることしかできていない時点で、
この男のストーカーっぷりは察しですね。
譲二が抱いている感情はただの逆恨みではなさそうですが、
少なくともBLではないと思うし、その展開だけはやめてほしいやw


まとめ

今回は千早、一宮、塔子の関係と、長谷部の友人田中譲二の登場。
千早、一宮、塔子の微妙な関係は観ていてなんだか癖になってきますね。
これまでは千早と塔子に振り回されっぱなしな一宮が可哀想だったのですが、
さすがにここまで一宮と塔子の察しが悪いとなると、
千早のことも非常に気の毒に思えてきます。

次回は田中譲二の市役所の人間関係への本格参入でしょうか。
まずは譲二が長谷部に抱いている感情の正体に注目ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

サーバント×サービス「第7話 自己防止 見えない所に 人が居る」/ブログのエントリ
サーバント×サービス「第7話 自己防止 見えない所に 人が居る」に関するブログのエントリページです。
[2013/08/19 03:50] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。