窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> ローゼンメイデン> ローゼンメイデン TALE 7 存在した時間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ローゼンメイデン TALE 7 存在した時間

ローゼンメイデン 1 [2013年7月番組]初回特典:PEACH-PIT描き下ろし全巻収納BOX,グラフィグ「雪華綺晶」 [Blu-ray]

ローゼンメイデン 第7話。
ジュンが新たな人形作りに没頭するのは・・・。
以下感想

世界に切り捨てられていく感覚

ジュンが新たな人形作りに没頭するのは・・・。

まかなかった世界のジュンが新たな人形作りに没頭するのは
=世界を変えることに固執しているのは、
「世界に切り捨てられていく感覚」をもう二度と味わいたくないから。
ただこの感覚はジュンが世界に切り捨てられているわけではなく、
ジュン自身が世界とちゃんと向き合えていないだけに思えます。

確かに中学時代の教師にしろバイト先の店長にしろ、
ジュンの周囲にはクソみたいな人間やそいつらがもたらす理不尽が蔓延っている。
だけどどんな世界であれ多かれ少なかれそういった理不尽が存在するでしょうよ。
で、ジュンがこの感覚を克服するためには心の持ちようを変えるしかない。
具体的には尊い存在と共に過ごすわずかな時間へと目を向ける。
真紅は真紅なりに「絵本の読み聞かせ」の件で
そのことをジュンに伝えようとしたいたのだと思うのですが・・・。

ジュンはそれでも深夜のお人形作りに没頭するのだが、
その姿を夜行性の水銀燈に目撃されてしまう。
そのやりとりは水銀燈の身を案じているようにも聞こえましたが、
どちらかと言うと新たなドールを完成させることにしか
意識が向いていないように思えます。
まぁ何にせよ、雪華綺晶にとってもイレギュラーであろう水銀燈の存在が、
今後の戦いにどのような影響を及ぼすかに期待ですね。

新・少女の作り方はやはりまいた世界のジュンによるものではなかった。
金糸雀と共にnのフィールドに捕らわれっぱなしのまいた世界のジュンは、
今現在金糸雀のマスターであるみっちゃんとしか連絡が取れない状態。
この状況では金糸雀の活躍に期待するしかないのでしょうけど、
この娘って使えるのか使えないのかイマイチよくわからないんだよなぁ。
一つだけハッキリしているのはそこまで頭はよくないってことだけだしw


まとめ

今回は小さい手で絵本の包装を乱暴に破く真紅と、
ドールからするとそれなりに巨大なポッキーを頬張る水銀燈が可愛かったです。
にしても真紅の登場から随分と展開がスローペースになりましたよねぇ。
この分だと戦闘は終盤での雪華綺晶戦が最初で最後になるのかな?
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2013/08/16 22:10 ] ローゼンメイデン | CM(0) | TB(3)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ローゼンメイデン 第7話 8/17 あらすじと感想 #ローゼンメイデン #rozen_maiden
 「まかなかった」ジュンを覆うモノ。  冒頭は、「新 少女のつくり方」で、新しいドール製作に入った「まかなかった」ジュンくん。作業は、真紅が鞄の中で寝ている深夜に行って
[2013/08/17 18:30] Specium Blog
2013年03クール 新作アニメ ローゼンメイデン 第07話 雑感
[ローゼンメイデン] ブログ村キーワード ローゼンメイデン 第07話 「TALE7 存在した時間」 #rozen2013 コンセプトは「アンティークドールの戦い」。少女漫画の様な作風や美しいド...
ローゼンメイデン 第7話『第二ドール・カナリアのマスター草笛みつ!!』感想
存在した時間「作ってしまえよ、お前だけの人形を・・・・」 まるで悪魔の囁きのようなメールによって人形作りを始める仮下僕の桜田ジュン。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。