窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> <物語>シリーズ セカンドシーズン> <物語>シリーズ セカンドシーズン 第閑話 まよいキョンシー 其ノ壹

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第閑話 まよいキョンシー 其ノ壹

傾物語 第一巻/まよいキョンシー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第7話。
傾物語スタート。
以下感想

タイムワープ

阿良々木さんと忍は11年前の世界へ。

阿良々木さんと同じ学校の15歳の少女、忍野扇。
彼女は信号機のトリビアを自慢し、
そこから自らの人生観について雄弁に語りだす。
全部が赤信号ってそれはすべてが静止した世界ってことでしょ。
そりゃ変化が何一つなければ悲劇も起こりようはないよなぁ。
「忍野」という苗字といい、なんとも薄気味悪い娘さんですねぇ。

八九寺の忘れたカバンを届けようとする阿良々木さんは、
式神の童女である斧乃木余接と遭遇する。
阿良々木さんも余接も、そして八九寺も、
幸か不幸か死んだ後も意識を保ち続けている。
そこには何らかの意味があるはずと余接は考えているようですが・・・。
影縫余弦に人為的に蘇らされた余接や、
そもそも死んだのかどうかも怪しい阿良々木さんはともかくとして、
幽霊である八九寺には確固たる意味というか目的があるのでしょうねきっと。

本日は夏休み最終日、宿題をまったくやっていない阿良々木さんは、
のぶえもんに泣きついて一日前へとタイムワープを行うことに。
いやぁまさか吸血鬼にタイムワープを行う術があるとはねぇ。
都合の良すぎる設定といい忍の意外なノリの良さといいホントビックリだw

「ゲートは1分もすれば閉じる」とか言っておいて
明らかに1分以上はしょうもないやりとりをしているしww

一日前へのタイムワープを行ったはずの阿良々木さんと忍ですが、
どうやら勢い余って11年前まで戻ってしまったような。
タイムワープ初挑戦の忍はイマイチ信用ならんし、一体どうすんだよこれww
にしても11年前というとちょうど八九寺が事故死したあたりかな。
このミスにもきっと意味がある、きっと阿良々木さんは11年前の世界にて、
死ぬ運命にある八九寺を救おうと試みるのでしょうね。
この作品のタイムトラベルの仕組みからしてそれが可能かどうかは知りませんが。

まとめ

てなわけで総集編を1話挟んで傾物語がスタート。
猫物語(白)は完全に羽川視点から描かれたエピソードだったので、
久しぶりの阿良々木さん視点のエピソードには非常に期待をしていますよ!
やっぱり物語シリーズの主人公は絶対的に阿良々木さんだもんなぁ。

傾物語はどうやら11年前にタイムトラベルした阿良々木さんと忍が、
交通事故で死ぬはずの八九寺を救おうと苦心する話みたいですね。
となるとあんまり八九寺の出番には期待できないかもしれませんね。
現に今回は八九寺の名前こそ頻繁に出てきたものの出番はゼロでしたし。
まぁ八九寺を救う過程で、同じく意識のある死人である阿良々木さんも、
自身の生きている意味とやらを見出してくれればなぁと。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

物語シリーズセカンドシーズン 第7話「まよいキョンシー 其ノ壹」
猫物語(白) 第一巻/つばさタイガー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]『お前の望みを僕は叶えてやりたいのに』 原作:西尾維新 キャラクター原案:VOFAN 製作会社:シャフト 監督:新房昭之 ...
[2013/08/19 00:33] 明善的な見方
<物語>シリーズ セカンドシーズン:7話感想
<物語>シリーズ セカンドシーズンの感想です。 物語は真宵の話へ。
[2013/08/19 00:43] しろくろの日常
<物語>シリーズ セカンドシーズン 第7話 「傾物語 第閑話 まよいキョンシー 其ノ壹」 感想
万物流転―
[2013/08/19 19:01] wendyの旅路
物語シリーズ セカンドシーズン 第7話 「傾物語 まよいキョンシー 其の壹」 感想
今回から新しい話になるのかな? 前回がお休みだったからちと思い出しながら話を見ていかないとね~ この作品は新しい話に入る時に区切りがはっきりしているから分かりやすいです
物語シリーズ セカンドシーズン 第7話「傾物語 まよいキョンシー 其ノ壹」 感想
じゃあ忍、タイムマシンを出してくれ 新顔から懐かしい顔までバラエティに富んだ話でしたね。 そういえば今回、怪異のキャラしか出ていない気がする(汗)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。