窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ステラ女学院高等科C3部> ステラ女学院高等科C3部 Game 4 不射ノ射ヲモチ当タルベシ。

ステラ女学院高等科C3部 Game 4 不射ノ射ヲモチ当タルベシ。

TVアニメ「ステラ女学院高等科C3部(しーきゅーぶ)」オープニングテーマ Shape My Story

ステラ女学院高等科C3部 第4話。
世界を飲み込み改変する、ゆらの妄想癖。
以下感想

妄想癖

世界を飲み込み改変する、ゆらの妄想癖。

髪型を変え心機一転したゆらですが、
持ち前の「異常な妄想癖」については相変わらず。
対戦相手を無駄に大きく捉えてしまう悪癖だと思っていたのですが、
どうやらコイツがとんでもない能力だったようで・・・。
今回はそんなゆらの「異常な妄想癖」についての一話。

ゆらはとある神社にてC3部恒例の「修行」に挑むことに。
師匠からの預かり物であるスコーピオン
その内容は「遠距離から5円玉を狙い撃つ」という
まさに神業とも呼ぶべきシロモノなのですが・・・。
「狙わずして狙う」「撃たずして撃つ」こそがサバゲーの極意。
なんとな~くわかるようなやっぱりよくわからないような理屈ですねw
対人戦には通じるだろうけど無機物相手には通じないだろうよと。

で、その極意習得を99%クリアしていたはずだったゆらですが、
彼女にのみ見える「若武者」に阻まれ失敗してしまう。
夜の神社にてゆらは再び若武者と邂逅し、
彼の生きていた平家物語の戦場へと飛ばされてしまう。
ゆらの妄想は世界を飲み込み、改変してしまうほどの力を持つ。
まさかまさかの固有結界、いや、これの場合はハ○ヒの能力に近いのかな?w

ゆらにはゆらのサバゲーがある。
そのらとの会話で迷いを振り切ったゆらは、
平家物語の戦場にてリベンジを果たす。
歴史改変までしてしまうゆらの能力には心底ビックリなのですが、
ここは「ゆらが若武者を見殺しにも敵を殺したりもしなかった」点に
注目するべきなのでしょう。
きっとゆらならこのおっかない能力を、
サバゲーをより一層面白くするために活用してくれるでしょうよ。


まとめ

てなわけで今回は恐ろしくスピリチュアルでファンタスティックな一話。
視聴中は、ゆらのトンデモ能力に唖然としっぱなしだったのですが、
冷静に考えなおしてみるとこれは今後のゆらたちのサバゲーを、
より派手に激しく演出するための装置なんだろうと納得できました。
なので次回以降のサバゲーにこの能力がどう活かされるかに期待です。

そういえばOPが「ゆら短髪バージョン」に変更されていましたね。
以前までのOPとは違いゆらが随分と快活なキャラになったという印象。
本編の方でも徐々に笑顔が増えてきたことですし、
ゆらにはこの調子でもっともっと明るくなってもらいたいところです。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL