窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第713話 ウソランド

ONE PIECE 第713話 ウソランド

ONE PIECE Log  Collection  “SABAODY

ネタバレ注意です。
以下感想

三つ巴

ルール違反のローを捕らえるため、藤虎がその刃を抜く。

ロー、ドフラミンゴ、そして藤虎の3名が対峙。
ドフラミンゴの話によると藤虎は「世界徴兵」で大将に特任された。
なので海軍の内情にはそれほど詳しくはないため、
予め決められている海軍のルールに従って動いているのでしょう。
つまり青キジのように独自の意思で麦わらの一味を見逃すといったことは
とてもじゃないが期待できなさそうということです。

この状況をドレスローザに持ち込んでも事態は悪化するだけ。
ローは時間稼ぎのために藤虎へ正直に真実を告げ、
藤虎はローを逮捕するためその能力を解放する。
今回隕石を呼び寄せたことからも、
藤虎の能力は重力を局所的に操作するものでしょうか。
これでほんの腕試しというのですから末恐ろしいったらないですよ。

ルフィとゾロ以外のドレスローザ組はようやく工場破壊に向け動き出す。
一方伝説のヒーロー「ウソランド」というウソをぶっこんだウソップは、
トンタッタ族とドンキホーテファミリーの戦争に巻き込まれるハメに。
ドフラミンゴの部下との戦いもそりゃキツイだろうけど、
このままグリーンビットに留まり地上の戦いに巻き込まれるのに比べれば、
はるか~にマシなんじゃないかなww


まとめ

今回はローと藤虎の交戦が開始。
藤虎の規格外すぎる能力はさすが泣く子も黙る海軍大将ってカンジでしたね。
で、藤虎は手を出せないはずのドフラミンゴも普通に攻撃しちゃってますし、
この3人の戦いがどのような方向へと転がるのかが楽しみすぎます!
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2013/07/08 23:00 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL