窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。> やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ⑫それでも彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ⑫それでも彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。

TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」キャラクターソング集「やはりこのキャラソンはまちがっている。」

俺ガイル 第12話。
文化祭のクライマックスにて、八幡がまた一肌脱ぐ。
以下感想

ぼっちから嫌われ者へ

文化祭のクライマックスにて、八幡がまた一肌脱ぐ。

どこまでも迷惑な害虫女(相模)が行方をくらませたため、
このままではエンディングセレモニーが行えないという危機的自体。
そこで雪乃は時間を稼ぐため陽乃や結衣たちとともに演奏を行うことに。
前回、前々回までの雪乃は陽乃への対抗意識のせいで周りが見えなくなり、
危うく文化祭を、自分自身さえも壊しかねない事態に陥っていた。
ホントよくぞ成長した、というより、
よくぞ本来の姿を取り戻したなぁというカンジですね。

で、雪乃たちが時間稼ぎをしている間に、
八幡は行方をくらませていた相模を発見する。
八幡の指摘通り困難から逃げ出したいくせに、
誰かに慰めてもらいたがっている真性のかまってちゃん。
自分のせいで大勢に迷惑がかかっているってのに、
何逆ギレしてんだよこのバカ女は、ホントムカつくなぁ。

葉山と女友達が現れ、役者は揃った。
八幡は雪乃のため、奉仕部への依頼を完遂するため、
「相良の本質を徹底的に糾弾し、自ら悪役となる」
八幡は誰かが言わなきゃならないことを率先して言っただけ。
ただ他人に嫌われることを承知で行動を起こせるってのは
誰にでもできることではないんですよねぇ。
いやぁホントすごいよ、マジで八幡には敬服するわぁ。


「アンタなんかと一緒にしないで」
これこそこのクソ女が自身の醜さ、
「誰かを見下すことでしか自己を確立できない」を自身で証明した一言ですね。
あぁ、確かにお前と八幡はこれっぽっちも一緒じゃないよ。
我が身可愛さのあまり他人に迷惑をかけることしかできないお前は、
誰かのために自分を貶めることができる八幡より遥かに格下だっつの。

あと落ち込む相模を慰めるフリして、「友人を慰める自分に酔っている」
相模の友人たちも相模と同レベルのクソ女。
本当に相模の友人なら早々に彼女のダメなところを指摘してあげるべき。
にも関わらずこいつらはこれまで相模と一緒に散々遊び呆けていただけで、
今さらになって現れて相模の理解者気取りときたものだ。
「類は友を呼ぶ」とはまさにこのこと。
ああいう女同士のゴミみたいな馴れ合いって心底虫酸が走るんだよなぁ。

八幡の自己犠牲によって相模はちゃんとエンディングセレモニーで爆死し、
八幡はぼっちから正真正銘の嫌われ者へとジョブチェンジ。
逞しすぎる八幡はこのことについてまるで気にしていない様子なので、
誰も損はしてないし、これでよかったのだろうとは思いますが・・・。
なんであんなクソ女のために八幡が貶められなきゃいけないんだよ。
あと、相模に「八幡に変なこと言われて気が動転してしまっていた」
という「失敗の言い訳」を与えてしまったというのにも納得がいきません。

まとめ

いやぁ、最後まで八幡大先生超カッコイイ!!
相模とかいうクソ女は本当にムカつくなぁという印象。
「光あるところに陰が生まれる」
トラウマを刺激されたか非常に感情移入してしまい、
いろいろと考えさせられる素晴らしいエピソードでした。

今回で本編終了、次回は番外編みたいですね。
この文化祭エピソードでは心底胸くそ悪い思いをさせられてきたので、
最後は明るく楽しい後味の良いエピソードがみたいところですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2366 ]
おお、いつも紳士的な管理人さんが荒々しい!
やっぱり八幡は『幸福の王子』ですよね。由比ヶ浜、雪乃、平塚先生、春乃くらいしか真意を知らないんです。雪乃の友達になることを拒否する発言、深読みすると恋人ならありとも取れますよね。

原作を読んだ身としては、はしょった内容が惜しかったですね。平塚先生とラーメンデートして、平塚先生を惚れかけさせたりしたんですよ。
あと川崎がモブになっているのが残念でならないです。原作だと初登場は八幡が屋上に行ったら先客として川崎がいたところです。川崎がスカラシップ取れたあと、八幡、小町、川崎、大志で食事をしていたときに、八幡が大志にお兄さんと呼ばれ、呼ばれる筋合いはないと辟易していたら、小町が川崎と八幡が結婚すれば問題ないのでは、と言って川崎が赤面しながら大慌てで過剰なまでに否定していたのが可愛かったですよ。
あとは、相模の行方を探していたときに八幡が屋上だと予想して、どうやって勝手に屋上へ行けるかを川崎に訊くシーンもありました。
川崎は自分との出会った時のことを八幡が覚えていて、ちょっと嬉しそうにしてました(笑)。八幡は焦るあまり乱暴な口振りになってしまい、怒られてると思ってちょっと半泣きになったり、屋上への入りかたを教わった八幡が「愛してるぜ!川崎!!」と言ったせいで、絶叫を挙げてそれ以降は八幡をチラチラ見て凄く意識してましたね。修学旅行で同じ班になった時もえらく緊張していたり、お化け屋敷でビクビクして八幡にすがり付いてました(笑)。
[ 2013/06/27 23:51 ]
[ 2368 ] 零崎零識さん、コメントありがとうございます
> 雪乃の友達になることを拒否する発言、深読みすると恋人ならありとも取れますよね。

なるほど、確かにそういう捉え方もできますね!
なんかより一層雪乃嬢が可愛く思えてきましたw

> 原作を読んだ身としては、はしょった内容が惜しかったですね。平塚先生とラーメンデートして、平塚先生を惚れかけさせたりしたんですよ。

ほう、原作ではそんな場面があったのですかぁ。
道理で平塚先生が八幡に対して妙に優しいわけだ。

> あと川崎がモブになっているのが残念でならないです。原作だと初登場は八幡が屋上に行ったら先客として川崎がいたところです。川崎がスカラシップ取れたあと、八幡、小町、川崎、大志で食事をしていたときに、八幡が大志にお兄さんと呼ばれ、呼ばれる筋合いはないと辟易していたら、小町が川崎と八幡が結婚すれば問題ないのでは、と言って川崎が赤面しながら大慌てで過剰なまでに否定していたのが可愛かったですよ。

川崎に関しては完全に「八幡と他人」でしたね。
実は裁縫が得意という一面は見せたものの、一モブの域は出ていませんでしたし。
[ 2013/06/28 23:25 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

[アニメ]やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第12話「それでも彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。」(最終回)
相模は否定し続ける。自らの成長がないことを。最底辺でないことを。人とは違うことを。そして、八幡という存在を。