窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。> やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ⑩依然として彼らの距離は変わらずに、祭りはもうすぐカーニバる。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ⑩依然として彼らの距離は変わらずに、祭りはもうすぐカーニバる。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説152P・サントラCD同梱) [Blu-ray]

俺ガイル 第10話。
文化祭準備、委員長の補佐を頼まれた雪乃でしたが・・・。
以下感想

無責任

文化祭準備、委員長の補佐を頼まれた雪乃でしたが・・・。

LHRに居眠りをしていた八幡は、
担任の平塚に強制的に文化祭実行員に選ばれる。
残る女子は「人望があってリーダーシップを発揮してくれる」という理由で、
前回も出てきた相模南が推薦され、自ら引き受けることに。
さらに調子に乗った相模は文化祭実行委員長にまで立候補。
彼女の行動に対する個人的な感想は八幡のモノローグと全く同じ。
まぁ「豚もおだてりゃ木に登る」となるなら別にどうでもいいのですけど・・・。

そんな相模は「自信がない」という理由で、
奉仕部に(というか同じく実行委員の雪乃に)補佐を依頼する。
案の定雪乃はその優秀さを遺憾なく発揮大活躍、
委員長である相模は見事なまでにいらない子状態に。
目立ちたいだけで委員長を選んだんだからこの展開は当然。
すべては自分が巻いた種、恐ろしくバカっぽいですね。

しかし雪乃の姉陽乃の登場によって状況が一変する。
陽乃という強力な味方を付けた相模は増長し始め、
あろうことか「仕事のペースを落とそう」という提案をする。
で、当然ながらそのしわ寄せは全部雪乃へと押し寄せる。
低レベルな嫉妬心からくるあまりにも無責任な判断。
無能が何かの間違いでリーダーになると百害あって一利なしですね。

それでも雪乃はその能力の高さからバリバリ仕事をこなしていたが、
その姿を見かねた葉山と生徒会長は「他人に頼ることの大切さ」を語る。
確かに雪乃の不器用さもこの状況を作り出した一因ではありますよ。
だけどできない奴の分まで必死に頑張っていたのに、
いつの間にやら悪者扱いだなんてあんまり過ぎる。
もう雪乃が気の毒すぎて観てらんないですよホント。

いい加減誰かこの状況作り出した元凶であるあのバカ女に説教をしてくれよ!

まとめ

雪乃への嫌がらせか意図的にこの状況へと持ち込んだ陽乃といい、
事あるごとに陽乃を引き合いに出してくる生徒会長といい、
そして責任を何一つ果たさず自分だけ楽しもうとしている相模といい・・・。
あ~、も~、どいつもこいつもうっぜぇうっぜぇうっぜぇ!!
うっぜぇしか感想が出てこなくて自分でも困るレベルです。

そもそもこんなくそみたいな人間が楽しんで、
他の真面目な人間が替わりに苦しまなければならないってこと自体が、
絶対に間違っているし、許しちゃいけないことなんですよ!
で、どうせこの手のバカはイベントの成功を自身の武勇伝にするんだよ!
自分は何もしていないくせに、むしろみんなの足を引っ張っていただけのくせに。
その光景を想像すると本当に腹立たしい、腸煮えくり返りますね。

もういっそこんな文化祭失敗しちまえ、
でもってこのバカ女は学校中の生徒から一生恨まれてしまえ!

てなわけでトラウマを刺激されたのか、
真面目かつ優秀過ぎるが故に苦境に追い込まれる雪乃に激しく同情し、
いつも通り冷ややかな視点で現状を批難する八幡に激しく共感する一話でした。
相変わらずこの作品は視聴者の心の闇を突いてくるのが上手ですよねw
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2347 ]
原作は八幡の視点なので冷やかで辛い突っ込みや記述があり、彼なりの雪乃を案じるのがわかりました。
会長は原作ではもっと出番がありますが、彼女は仕事は出来るみたいですが、あんまり見る目がないのか、雪乃の無理がわからなかったり、八幡の不器用な気遣いとかをわからないようでした。
相模はだいたいあんな感じです(笑)。何がたち悪いって、現実味のある嫌な奴だからですね。かつては由比ヶ浜と同じグループだったのですが、学年が上がったら由比ヶ浜はスクールカーストトップのグループに入りました。ちなみに、選定基準は三浦の基準で美人かどうかです。つまり相模は(笑)。
それで由比ヶ浜を妬ましく思いながらも、三浦を恐れ表立って楯突くことが出来ず、陰口を言うくらいしか出来ない現状です。
陽乃も、相模の人となりを見抜いて都合の良いように扱って、また、それに気づかない相模を内心笑ってる感じですね。

八幡は本当に馬鹿というか、木偶の坊な奴ですよ。童話の『幸福の王子』みたいなことしか出来ないのがもどかしい。
[ 2013/06/13 02:18 ]
[ 2349 ] 零崎零識さん、コメントありがとうございます
> 相模はだいたいあんな感じです(笑)。何がたち悪いって、現実味のある嫌な奴だからですね。かつては由比ヶ浜と同じグループだったのですが、学年が上がったら由比ヶ浜はスクールカーストトップのグループに入りました。ちなみに、選定基準は三浦の基準で美人かどうかです。つまり相模は(笑)。
> それで由比ヶ浜を妬ましく思いながらも、三浦を恐れ表立って楯突くことが出来ず、陰口を言うくらいしか出来ない現状です。

なんで相模にこれほどまでに嫌悪感を抱いたかというと、
実際に相模みたいな女子を何人か知っているからなんですよね。
その女子たちは相模の持つ醜さの一部分を備えていたというか・・・、
要するに相模は私の大っ嫌いだった女子の大っ嫌いな部分を凝縮したキャラなんです。

> 陽乃も、相模の人となりを見抜いて都合の良いように扱って、また、それに気づかない相模を内心笑ってる感じですね。

それに加えて妹への愛情混じりの嫌がらせにもなっているわけですから、
陽乃は相当な悪女ですよねぇw

> 八幡は本当に馬鹿というか、木偶の坊な奴ですよ。童話の『幸福の王子』みたいなことしか出来ないのがもどかしい。

確かに、八幡はこれまで救われてもおかしくない行動をしているし、
事実救いの手も何度も差し伸べられているのですけど、
自分自身を救おうという意志がまるでないんですよねぇ。
ずっと最底辺での生活を送ってきて、
そんな自分を恥じるどころか気に入っていることが原因だと思いますけど。
[ 2013/06/14 23:31 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL