窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> RDG レッドデータガール> RDG レッドデータガール 第10章 はじめての学園祭

RDG レッドデータガール 第10章 はじめての学園祭

【Amazon.co.jp限定】RDG レッドデータガール 第1巻(描き下ろしSDキャラ使用アナザージャケット付き)(完全数量限定) [Blu-ray]

RDG 第10話。
鳳城学園の学園祭初日。
以下感想

お膳立て

鳳城学園の学園祭初日。

生徒会執行部の一員として黒子に扮して学内を見回る泉水子。
前回のお披露目以来、中等部の娘たちに慕われたり、
男子生徒から写メを求められたりと微妙に大人気に。
これまで真響の影に隠れていたのが、
前回を機に注目を集めるようになったというカンジでしょうか。
まぁ泉水子のお団子頭は確かにポイント高かったですしね。

黒子に扮した泉水子は前回の姫神状態の泉水子とあまりに印象が違う。
しかし「他の娘の話は好きじゃない」という発言は前回の姫神を彷彿とさせるもの。
まぁ姫神は泉水子の家系に通じる人物ということで、
泉水子にも姫神と似ている部分もある程度はあるのでしょうと。
というか女の子ならみんな「他の娘の話は好きじゃない」と感じるものなんじゃ・・・。

中等部で蔓延している「お姫様の祟り」
何人もの女生徒が気分を害した「ホラーハウス」
事実、泉水子は「ホラーハウス」にて多数の怨霊を目撃することに。
前回もちょくちょく示唆されていたとおり、
今の鳳城学園には八王子城の怨霊が随分と蔓延っているようですね。
で、この怨霊たちがおそらく次回の合戦で大暴れするのだろうと。

今回の各クラスの出し物によって高柳が大手軍のリーダーに確定。
そして実は戸隠の人間であった学園祭実行委員長のお膳立てによって、
真響が高柳の対抗勢力である防衛軍のリーダーに。
高柳は八王子城の怨霊を学園に呼び寄せ戦闘準備万端といった印象ですが、
一方の真響は頼みの綱である真澄が泉水子へ猛アプローチ。
相変わらす真澄は何考えているのかよくわからない、
どうせまたコイツの気まぐれでとんでもない事態へと発展するのでしょうね。


まとめ

今回は鳳城学園の学園祭初日。
怨霊が多数蔓延っているとはいえ、
非常に力の入った鳳城学園の学園祭は観ていてすごく楽しい気分になってきます。

次回は八王子城の戦いを下地とした高柳と真響の激突。
両者にとってキーパーソンである泉水子に対して、
高柳がどのようなアプローチをかけてくるのかに期待ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

RDGレッドデータガール~第10章 はじめての...
 角川文庫創刊65周年記念作品。 あらゆる人々が手に入れたいと思うほど、唯一無二の力を持つ存在。 中学3年生の鈴原泉水子には不思議な力が? 第10話 学園祭で後輩に声を...
[2013/06/09 12:08] ピンポイントplus