窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > ライトノベル感想> 新約 とある魔術の禁書目録 7巻

新約 とある魔術の禁書目録 7巻

新約 とある魔術の禁書目録 (7) (電撃文庫)

かな~り遅ばせながら、
「新約」とタイトルを新たにした
「とある魔術の禁書目録」7巻の感想です。

人的資源(アジテートハレーション)

今巻の根幹、フレメアを軸とした「人的資源プロジェクト」

今回は「学舎の園」に放り込まれた上条さんと、
そこの住民である美琴や食蜂サマが織り成すドタバタコメディ展開。
・・・となるかと思いきや、でしたね。
そういえば新約で「グレムリン」が絡んでこない巻は1巻以来かな。

物語の根幹は前巻でちょこっと出てきた「人的資源」
フレメアが持つ「ヒーローに保護してもらえる特性」を応用し、
「まるでビリヤードのようにヒーローたちを対消滅させる」というもの。
「行き過ぎた正義は悪と同一」を体現するかのような計画ですよねぇ。

やはり今巻最大の読みどころは7人のレベル5全員?集結した件でしたね。
キレイになったていとくんもだいぶヒーロー役が板についてきたようでw
で、ここでますます気になってきたのがいまだ謎の「第6位」の正体。
今回出てきた「藍花悦」という男、食蜂サマ曰く第6位の偽物らしいですが、
あの状況でヒーローと戦っていた時点で特別な力の持ち主なのは間違いない。
なので今後の藍花悦、そして第6位の登場がものすごく楽しみです。

土御門元春

今回真っ先に取り上げるべきは内容は、
やはり復讐鬼へと変貌を遂げた土御門元春についてでしょう。


登場人物が異常に多い「とあるシリーズ」の中でも、個人的に土御門は、
一方通行と並んで最も好きな男性キャラの一人でした。
(ちなみに上条さんやアックア、削板あたりがその下に続きます)

ちなみに私、前巻の感想にて「そろそろ土御門の活躍が読みたい」と書いており、
序盤で土御門が出てきた時はその願いが通じたのか?と喜んだのですが・・・。
「違う、私の愛した土御門元春という男はこんな弱い男じゃない!」
本当に上条さんと同じ気持ちになってしまいましたんよ。

優れているとはいえ人並みの域を出ない体術、
申し訳程度の効果しか期待できない能力、
そして自らを激しく傷つけ決して多用はできない魔術と、
土御門の純粋な戦闘能力は決して高いとは言いがたい。
しかしそれでも優れた機転と鋼の意志で、
どんな不利な状況だって打開してみせる。
そんな土御門という男の在り方に私は心底惚れ込んでいたわけなのですよ。

それなのに・・・。
薬味の策略に翻弄され倒すべき相手を間違え、
身体能力的にはただの女子高生である雲川芹亜に追い詰められ、
最後には「ただの素人」上条さんの拳に沈められるなんて・・・。
芯を失った土御門はここまで弱くなってしまったのかと、
ただただ悲しかったですよ、ホント。

こういった一連の結末も、舞夏との出会いについても、
いかに土御門にとって舞夏の存在が大きいものであったのかを
存分に描くためのものだったのでしょう。
捉えようによっては彼の人間らしい魅力の一部分だとは思います。
ただそれでも私は土御門に、上条さんや一方通行とは違って、
何があっても決して揺らぐことのない「プロ」であり続けてもらいたかった。

第21巻の一方通行同様、どん底から再び這い上がってくるのを願うばかりです。

食蜂操祈

お次は今回表紙を飾った学園都市第5位の能力者、食蜂操祈について。

超電磁砲7巻での初登場以降、
ついに原作で表紙を飾るまでになった食蜂サマ。
しかし前述のように予想外の方向へ物語が進んでいったため、
期待していたほどの活躍はありませんでしたねぇ。

とはいえ序盤での上条さんを振り回すその小悪魔っぷり、
さらに後半での美琴との凸凹コンビっぷりはすごくよかったです。
どうやら食蜂も相当カミジョー属性に染まってきているみたいなので、
今後も上条さん絡みで、美琴との愉快な掛け合いが読めそうですよね。

食蜂と上条さんのカラミを読んでふと思い出すのが、
やはり「上条さんの記憶喪失」についてなんですよねぇ。
物理的に記憶を破壊されているため、
食蜂の能力でも記憶の復元はまず不可能だろうとは思うのですが、
それでもどうしても期待せずにはいられないというのが正直なところ。
今さら記憶を取り戻しても一体何になるんだってカンジでもあるんですが。

薬味久子&恋査

ラストは今回の黒幕である薬味久子と、怪物サイボーグの恋査について。

今回の黒幕、「人的資源プロジェクト」の主導者、薬味久子。
その真意は風斬やエイワスと同等のAIM思念体になること、
もっと言えば海水や空気を用いた思念体になることであると、
木原一族も顔負けなマッドサイエンティストっぷりでしたねぇ。
使用兵器が「人食いG」という点がまたなんとも・・・。

まぁ薬味は木原唯一の思考を植え付けられているらしいので、
この程度の暴走は当たり前なのかもですけど。
というか薬味がここまで暴走することを見越して思考を植え付けた、
真の黒幕とも言うべき木原唯一が恐ろしすぎですよ。
その発言からは純粋な好奇心しか感じ取れないあたりが特に。

7人のレベル5への対抗策として開発された怪物サイボーグ、恋査。
第1位から第6位までの超能力を自在に使用可能な上、
さらに周囲にいる能力者の能力まで再現可能とは、
魔術サイドも真っ青なチートっぷりですよねぇ。
何が一番チートかと言うと、一方通行の切り札である
「黒翼」や「白翼」まで使用可能という点ですね。

でも恋査のおかげで前巻では明らかとならなかった、
黒翼一方通行と新生ていとくんの優劣がハッキリとしましたね。
新生ていとくんでも絶対的な序列を覆すまでには至っていなかったのかと。
ただていとくんは完全に消滅させられたわけではないという点に注意ですね。

薬味にしろ恋査にしろ、彼女たちの存在や行動は、
学園都市の闇のおぞましさを改めて思い知らせてくれますね。

科学サイドお得意の恐怖のトンデモ技術たちは、
我々にも親しみのある「科学」をある程度下敷きにしているためか、
比較的イメージがしやすくてよりおぞましく感じられるんですよねぇ。
逆に魔術サイドは原理もクソもないのでイメージが追いつかないってカンジ。

まとめ

てなわけで新約禁書7巻の感想でした。
今回ここまで感想が遅くなったのは、
土御門への失望がヒドくて感想を書く気になれなかったから。
・・・ウソです、ただ単にここ2ヶ月ほど異常に多忙だったからですw
次巻の感想はもう少し早めに更新できるといいなと考えています。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2013/06/23 07:50 ] ライトノベル感想 | CM(6) | TB(1)
[ 2369 ] Re: 新約 とある魔術の禁書目録 7巻
新約に入ってから雲川芹亜がことあるごとに話題に上げていた学園都市第五位の超能力者、食蜂操祈が表紙と言うこともあり非常に楽しみでした。
彼女超電磁砲8巻の上条さんとの出会いの場面の演出から記憶喪失前の初代上条さんと知り合いだったのではと予想していましたが、あの意味深な台詞から知り合いだったのはほぼ確定しましたね。
超電磁砲7巻で登場してから彼女もいずれ禁書本編に登場し、上条さんとフラグが立つのかと思っていましたが既に成立済みとは恐れ入りました。
超電磁砲読んでるとあの食蜂操祈が人を無条件に信じているというのは驚くべきことです。
後付けだとか言う人もいますが、食蜂操祈に関してはそうとは言い切れません。
なにせ常盤台のレベル5として1巻から上条さんが言及していましたし、「上条当麻は常盤台のレベル5二人と知り合い」ぐらいの設定は初期のころからあったかもしれません。

6巻のミスコンでの会話から雲川と知り合いの可能性が高いですし、何気に大覇星祭の選手宣誓での「食蜂ちゃん」呼びから小萌先生とも知り合いかもしれません。
美人の先輩と後輩、おまけに担任にまでフラグを立てるなんて、初代上条さんがどんなだったのか非常に気になります。
というかよくよく考えてみると主人公が1巻で記憶喪失になり、以降20巻以上続いているというのに記憶を失ったままというのは実はものすごい設定なんじゃないだろうか?


あらすじや表紙からすると食蜂の登場シーンは僅かで肩透かしを喰らいましたが、今回はチラッと出てきた削板軍覇と共に顔見せ程度だったのでしょう。
本格的に活躍する回ではその能力と上条さんとの関係性から、彼の過去が明かされそうです。
最近ようやく上条さんが幻想殺しとは何なのか知りたがってきましたし、食蜂操祈は上条さんが記憶を取り戻すキーパーソンになるのかもしれません。
[ 2013/06/29 22:12 ]
[ 2371 ] Re: 新約 とある魔術の禁書目録 7巻
確かに今回の土御門の姿は、ショッキングなものがありましたね。
旧約19巻で貝積継敏を善人と評価していたにもかかわらず、薬味の策略で彼を敵と誤認してしまう時点で、彼らしくありませんでしたね。 それだけ舞夏の事で冷静さを失っていたということですね。
一般人の舞夏が、どういう経緯で土御門の義妹になったかは以前から興味があったので、それが語られたのは良かったですけどね。

暴走したヒーローは悪と変わらないというのは、『とあるシリーズ』のテーマの一つかもしれませんね。
思えば上条さんや超電磁砲で美琴が戦ってきた敵は、インデックスを救うために暴走した錬金術師のアウレオルスや教え子を救うために暴走した研究者の木山春美など、単なる悪人ではなく暴走したヒーローが多かった気がします。
これは見方を変えれば、上条さんも道を間違えれば悪になるということで、新約5,6巻で上条さんが悩んでいた「誰かを救うための行動が結果的に他の誰かを傷つけてしまうこともある」に繋がってるんですね。
あるいは今回の土御門も、暴走したヒーローと言えるかもしれませんね。

どん底まで堕ちた土御門ですが、だからこそ這い上がってくるのが楽しみです。
彼なら、主役を張ることも十分可能だと思うので!
そして学園都市とイギリス正教の仲立ちをしていた土御門がダウンしたことで、両勢力に動きがあるかもしれませんね。
というか、『グレムリン』や『木原一族』にばかり暴れさせて、アレイスターやローラさんは何をしているのかとw
そろそろ旧黒幕組の反撃が観たいんですけどね。 
イギリス正教のメンバーにも頑張ってほしいですし。 
新約に入ってから音沙汰なしのステイルが、劇場版の時のような活躍をするのを楽しみにしてます!
[ 2013/06/30 23:28 ]
[ 2372 ] カミサカさん、コメントありがとうございます
> 6巻のミスコンでの会話から雲川と知り合いの可能性が高いですし、何気に大覇星祭の選手宣誓での「食蜂ちゃん」呼びから小萌先生とも知り合いかもしれません。
> 美人の先輩と後輩、おまけに担任にまでフラグを立てるなんて、初代上条さんがどんなだったのか非常に気になります。

確かに、記憶喪失前の上条さん、雲川芹亜、食蜂操祈の3名には、
何らかの強い接点があったと考えて間違いなさそうですよね。
いくらあの上条さんとはいえ、精神系最強の能力者と統括理事会メンバーのブレイン相手に
フラグを立てるのはそう簡単なことではないでしょうし、
おそらくそれ相応の衝撃的な事件があったのでしょうね。
[ 2013/07/01 00:55 ]
[ 2374 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> 暴走したヒーローは悪と変わらないというのは、『とあるシリーズ』のテーマの一つかもしれませんね。
> 思えば上条さんや超電磁砲で美琴が戦ってきた敵は、インデックスを救うために暴走した錬金術師のアウレオルスや教え子を救うために暴走した研究者の木山春美など、単なる悪人ではなく暴走したヒーローが多かった気がします。

アウレオルスや木山、そして今回の土御門なんかは、
守るべきものを失いかけたことで「暴走したヒーロー」と化した、
かつての一方通行とまるで同じでしたものね。
なのでその時の一方通行と同じように土御門にも見事復活を果たしてもらいたいところです。

> 新約に入ってから音沙汰なしのステイルが、劇場版の時のような活躍をするのを楽しみにしてます!

ステイルについてはなんだかもう清々しいまでに音沙汰なしですものねぇw
一応メインヒロインのはずなのに信じられないくらいピックアップされない
某ニートシスターとセットでそろそろ活躍していただきたいところですね。
[ 2013/07/01 01:19 ]
[ 2388 ] Re: 新約 とある魔術の禁書目録 7巻
恋査の凄まじさに目を奪われますが、『天啓』で大勢の人間を操作したり、他の物質に自分の意識を移して『情報生命体』になるなど、本来なら魔術サイドの業ですよね。
発達しすぎた科学は魔法と区別がつかないと言いますが、学園都市の科学は魔術の領域に至ってることを描写しているように思えます。
そろそろ新たな科学と魔術の全面戦争が近いのかもしれませんね。

[ 2013/07/09 21:36 ]
[ 2399 ] 通りすがりの幻想殺しさん、コメントありがとうございます
> 発達しすぎた科学は魔法と区別がつかないと言いますが、学園都市の科学は魔術の領域に至ってることを描写しているように思えます。

前巻のていとくんといい、新約に入ってから科学サイドのぶっ飛び加減が大分増してきましたね。
旧約までは魔術サイドのバケモノたちに対抗しうる存在は、
エイワスや風斬、一方通行、それとせいぜい削板ぐらいだと思っていましたけど。

科学を取り込む魔術集団であるグレムリンの登場といい、
新約では科学と魔術の境が非常に希薄となった印象です。
[ 2013/07/16 21:21 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

新約とある魔術の禁書目録7
JUGEMテーマ:読書感想文    ◆ 新約とある魔術の禁書目録シリーズ    上条当麻と食蜂操祈の組み合わせってどうなのよ。    浜面仕上と絹旗
[2013/09/12 21:31] こみち