窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 僕は友達が少ないNEXT> 僕は友達が少ないNEXT 第12話 僕は友達が……

僕は友達が少ないNEXT 第12話 僕は友達が……

TVアニメ 「 僕は友達が少ないNEXT 」 オリジナルサウンドトラック

はがない2期 最終話。
隣人部から逃げ出した小鷹に対し、理科は・・・。
以下感想

僕は友達が欲しいんだよ

隣人部から逃げ出した小鷹に対し、理科は・・・。

小鷹は遊佐とさらに急接近。
さらに生徒会長のリア王さん、日高日向とも知り合いに。
人を見かけやウワサで判断をしない度量の持ち主、
まぁこれは小鷹が惚れ込むのもムリはないかな。
ただここまで立派なお方だと逆に恋愛対象には見れないだろうなぁw

小鷹は生徒会の手伝いという名目で、
隣人部にはまるで寄り付かなくなってしまう。
いやまぁ気持ちはとてもよくわかるんだけどさぁ、
このまま逃げ続けても状況がより悪化するだけじゃんねぇ。
まさにヘタレここに極まりってカンジだなぁ。

そんな小鷹に対して最初に行動を起こしたのは幸村だった。
小鷹が真の男などではなくただのヘタレだとわかっていながら、
それでも小鷹への忠誠心を失ったりしていなかった。
小鷹と比べると幸村のほうがよっぽど男らしいし、
彼女ならたとえ隣人部がなくなっても大丈夫でしょうね。
ただ理科の影響でホモ好きの気がでてきたのがちょっと気がかりですがw

で、お次はヘタレヤンキーをシメるために理科が行動を開始。
超科学力による秘密兵器で小鷹をマジでボッコボコに。
途中から小鷹のハーレム主人公体質に対するただの不満に変わってますけど、
まぁこのぐらいはご愛嬌ってやつですねw
事実小鷹のこの体質がすべての問題の原因でありますし。

自己犠牲心から孤独に陥ってしまった小鷹と同じように、
理科もまた自己犠牲心から自分の本音を殺し続けてきた。
そのことを小鷹に指摘された理科は、「僕は友達が欲しいんだよ」と、
胸の奥に秘め続けてきた感情を吐露する。
やはりこの2人は似た者同士。
でもってこうまでしなければ本音をぶつけあうことさえできないとは、
2人とも本当に不器用すぎますねぇ。


こうしてケンカを通じて本音をぶつけあった小鷹と理科は、
10年前のソラとタカのように友達同士になる。
結局「星奈の告白」や「夜空の傷心」については
思いっきり宙ぶらりんなまま終わってしまいましたが、
理科や幸村が小鷹に協力してくれるのであれば、
まぁきっと隣人部は元通りに戻れるでしょうね。

まとめ

今回はとにかく終盤の理科の激昂が素晴らしすぎでした。
元々今作で一番好きなキャラは理科だったのですが、
2期に入ってからもその好感度はうなぎのぼりでした。
もう今期の理科は今作のもう一人の主人公と言っていいレベルでしょう。

一方の小鷹についても今回自身が抱える困惑っぷりを吐露してくれて、
ほんの少しですが見直すことができました。
まぁ最初からそうしていろよと思わずにはいられませんがw

最終回にもかかわらずメインヒロイン2人の出番がほぼなし。
これについてはどうかと思いますが、
小鷹と理科のケンカはクライマックスにこそ相応しいイベントでしたし、
概ね満足のいく最終回でした。
今後の隣人部の行方については激しく気になるところですし、
これは3期の製作に期待ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2013/03/30 09:30 ] 僕は友達が少ないNEXT | CM(2) | TB(5)
[ 2280 ] Re: 僕は友達が少ないNEXT 第12話 僕は友達が……
>もう今期の理科は今作のもう一人の主人公と言っていいレベルでしょう。

理科がここまでいいキャラになるとは思いませんでした。
個人的に、2期で1番好感が持てたのは理科です。
仰るように、もう1人主人公というか、タイトルの「僕は友達が少ない」の「僕」は理科の事だったんじゃないかと思えてきました。

>一方の小鷹についても今回自身が抱える困惑っぷりを吐露してくれて、
>ほんの少しですが見直すことができました。
>まぁ最初からそうしていろよと思わずにはいられませんがw

本気でぶつかりあわないと本心をさらせないなんて、小鷹も厄介な性格ですね。
結果論ですが、夜空は、小細工でライバルを蹴落とそうとするより、10年前のように派手に喧嘩でもして、本心をぶつけ合った方が良かったんですね。

小鷹の困惑は、主人公の器でない人間が主人公の立場になってしまったが故の苦悩とも言えますね。
みんなを幸せにできるような大物じゃないけど、それでも可能な限り、みんなの楽しい日々を守りたかったという部分は共感できますね。
まあ、肝心なところで、聞こえないふりして逃げ出したのが最低なのは変わらないんですけどねw
理科がいなかったらバットエンドになるところでしたね。


[ 2013/04/05 22:31 ]
[ 2286 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> 理科がここまでいいキャラになるとは思いませんでした。
> 個人的に、2期で1番好感が持てたのは理科です。

1期までは完全な賑やかし役といった印象の理科でしたが、
気づけば今作のテーマを司る重要キャラへと変貌していましたね。

余談ですけど、理科の「僕は友達が欲しいんだよ!」発言は、
1期第1話での星奈入部の件を連想させますね。
思えば隣人部の活動目的に即した入部動機を持っていたのは、
1期の段階では星奈だけだったんですよねぇ。

> 本気でぶつかりあわないと本心をさらせないなんて、小鷹も厄介な性格ですね。
> 結果論ですが、夜空は、小細工でライバルを蹴落とそうとするより、10年前のように派手に喧嘩でもして、本心をぶつけ合った方が良かったんですね。

確かに、2人とも星奈や理科のように本音を晒し出していれば、
これほどまでに面倒なことにならなかったはずですけどね・・・。
2人とも言わなければならないことを言えないまま別れることになってしまった
「10年前の後悔」を思い出してもらいたいものですね。
[ 2013/04/13 10:53 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

僕は友達が少ないNEXT 第12話 「僕は友達が・・・・・・」感想
僕は友達が少ないNEXT 第12話「僕は友達が・・・・・・」感想 僕も友達が
僕は友達が少ないNEXT「第12話 僕は友達が……」/ブログのエントリ
僕は友達が少ないNEXT「第12話 僕は友達が……」に関するブログのエントリページです。
[2013/03/30 19:50] anilog
僕は友達が少ないNEXT 第12話 「僕は友達が……」 感想
残念では終わらせない―
[2013/03/30 20:25] wendyの旅路
僕は友達が少ないNEXT 第12話(終) 『僕は友達が......』 星奈無双、生徒会役員共と来て...まさかの理科エンド!?
ヒロインにして主人公だったのか!僕は友達が欲しいんだよぉぉおおお!!魂のタイトルコールをブチかます理科。このアニメタイトルの「僕」は理科を指していたのかとビックリ。 本
僕は友達が少ないNEXT 第12話「僕は友達が・・・・・・」
遊佐の登場だけでなく前々回で生徒会長のどアップなカットが不自然なほどあったのは、今話で生徒会を小鷹の一時的な逃げ場所にするための仕込みだったんですね。それにしても、日笠...