窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > このブログについて> ブログ開設三周年! ~感想サイトの管理人さんに50の質問~

ブログ開設三周年! ~感想サイトの管理人さんに50の質問~

はい、このブログもこの度開設三周年を迎えました。
毎度毎度わけのわからない駄文を並び立てるだけのブログですが、
これからもお付き合いいただけると嬉しいです。

てなわけで今回は、自分自身を振り返るという意味も込めて、
他のアニメ感想ブロガーさんが行なっていた、
「感想サイトの管理人さんに50の質問」ってのをやってみます。
企画本家様はこちらです。

感想サイトの管理人さんに50の質問

No.01:お名前とサイト名を教えてください。
ブログ名「窓から見える水平線」(http://kakioki60.blog129.fc2.com/)
ハンドルネーム「nulls」(Twitterアカウント:@nulls00)

No.02:その名前に、何か由来はありますか?
ブログ名、ハンドルネームとも、
その場の思いつき、本当になんとなくで決めたものです。

特にブログ名については意味不明な上ダサすぎるので、
何度も何度も変えようと考えては断念しての繰り返し。
いっそ誰か私の代わりに新しいの考えてくれないかなぁ・・・w

No.03:では、基本的な質問から。あなたのサイトは「何の」感想サイトですか?
アニメとマンガ、時々ライトノベルの感想ブログです。

2013年2月現在では、
アニメ感想は基本深夜アニメを1クールあたり7~10作品ほど取り扱っています。
マンガ感想は週刊少年ジャンプの掲載作品、
「ONE PIECE」と「HUNTER×HUNTER」の感想を書いています。
加えて「とある魔術の禁書目録」の原作小説と、
マンガ「とある科学の超電磁砲」の感想もやっているってカンジです。

No.04:その中で、お気に入りの(もしくは、感想の多い)ジャンルはありますか?
「シリアス要素の多い作品」の感想が多いでしょうか。
ネガティブ方向に想像を膨らませるのが得意な人間なので、
単純に感想が書きやすく、好みですね。

それとは逆に「ゆる~いコメディ作品」や、
「青春要素の強い作品」なんかも好きだったりします。
割と雑食な部類なのではないかと。

No.05:逆に、苦手なジャンルはありますか?
はっきりと苦手意識を持っているのは「少女マンガ」(原作のアニメ)ですね。
それと「少女マンガ」でなくとも恋愛要素の強すぎる作品も比較的苦手かな。

No.06:これから開発したいジャンルはありますか?
特にないですね。
現状で十分すぎるほど楽しめていますので。

No.07:お気に入りの「誰か」さん(作家、歌手、役者、監督etc)は、いますか?
これも特にないですね。
監督さんやら声優さんやらに全然詳しくないってものあるのですけど。

No.08:自分が書く感想は辛口? それとも甘口? どっちでもない?
まず意識したことがないので「どっちでもない」です。
ただあんまり辛口なことは書いていないつもりではあるので、
割と甘口よりではないかなぁと。

No.09:他サイトさんの感想を読む時は、辛口が好き、それとも甘口? どっちでもない?
これも「どっちでもない」です。
べた褒めしてようが徹底的にけなしていようが、
そこにちゃんとした理由があればオールオッケーです。

むしろそういう「尖った記事」が素晴らしいと思いますし、
私自身目標にしている部分でもあります。
どっちつかずよりはそのほうが面白いですしね。

No.10:あなたの書く感想は、長文? 短文? どっちでもない?
扱う作品によってまちまちですが、長文になることが比較的多いです。
書きたいことが簡潔にまとめられることもあれば、
あまりにも書きたいことが多すぎて記事を複数に分割することもあります。

No.11:他サイトさんの感想を読む時は、長文が好き? それとも短文? どっちでもない?
これも比較的長文よりです。
前述にもあるように、私が他ブログさんの感想に求めるのは、
作品に対して抱いた強烈な感情と、その感情を抱いた理由です。
そうなってくると必然的に求める文章もそれなりに、ってカンジです。

ただ逆に、ものすごく簡潔的にそれらを表現される方もいらっしゃるので、
一概にどっちが好きかは言えないのかも。

No.12:感想を書く上で、気をつけていること等は、ありますか?
一応人様に見せる文章であるので、ある程度「自分なりに」書き方には気をつけています。

・同じ語尾を連続で使わないようにする
・同じ感情表現を同じ記事内でそう何度も使わないようにする
・一文の文字数はなるべく少なめにする
・「文章のブロック」を意識し、読みやすいよう改行を工夫

など。
あくまで自分目線でしかない工夫なので、
これが如何程の効果があるのかは私自身知る由もないですけどw

No.13:感想の他に、点数(星評価・○△×など)を付けていますか?
別に付けてないですね。

No.14:(Q13について)理由はありますか?
第一に「めんどくさい」
第二に「大して意味があると思えない」からです。
感想はあくまで私個人の主観でしかないため、
そこに客観的表現に使う「点数」を持ち込む必要性を感じません。

ただ、まったく無意味なことだとは思いませんよ。
各作品ごとに「点数」を付けていけば、
それらの比較で自分の好みの傾向がわかってくるでしょうし。
まぁそれにしたって各作品の総評の際だけで十分です。

No.15:ズバリ、感想の書き方、教えてください。
具体的なプロセスは以下の通り。

1.視聴と同時に「感想」をひたすらメモしまくる
2.羅列した「感想」を見て記事のアウトラインを決定
3.「感想」に説明を肉付けして文章に仕立て上げる
4.記事のまとめ、文章の装飾、軽い推敲を行い、完成

基本的にアニメもマンガもラノベもこのやり方で感想を書いています。

No.16:感想が書けない時の対処法は?
例えばもう一回作品を視聴したり、
気分転換にウロウロしたりクルクル回ったり・・・w

ただまぁほとんどそういう事態にはなりませんね。
基本脊髄反射的に思いついたことを書き連ねているだけなので。

No.17:感想を書くのは得意だと思いますか?
苦手でしょうね、間違いなく。
もし得意だったらもう少しマトモな感想を書けていますよw
そもそも私は根っからの理系脳で、
子供の頃から文章を読んだり書いたりするのが大嫌いな人間でした。

No.18:自分の書いた感想文で、うまく書けたと思える(もしくは、書きやすかった)作品はありますか?
うまく書けたとは全然意味が違うのですが、
以下は持ち前の熱意を思いっきりぶつけた挙句、
暴走気味な仕上がりとなった記事の代表例たちですw
それだけ書きやすかったわけなんですけど。

映画 けいおん!を観てみて ~中野梓は◯◯~
Fate/Zeroの総評~バーサーカー陣営について~
氷菓 第17話 クドリャフカの順番

No.19:では、うまく書けなかった(もしくは、書きにくかった)作品は?
オオカミさんと七人の仲間たち
夢喰いメリー
神様のメモ帳
このあたりの作品の感想はうまく書けなかったという憶えがあります。
このラインナップ、なんとなく傾向も見えてきますねw

No.20:他のサイトさんなどの感想を読むのは、自分が感想を書いた後、それとも前?
書いた後です。

No.21:(Q20について)理由はありますか?
すでに他の方が述べられているように、
他人の感想に左右されていない、自分自身の感想ってのを大切にしたいからです。
同様の理由で、アニメ視聴前に公式サイトから情報を得ることも極力避けています。

No.22:現在、サイトに掲載している感想文の数を教えてください。
2013年2月現在で、
大雑把に計算すると計1500本ぐらいです。

No.23:その数は多いと思いますか、少ないと思いますか? また、目標の数なんて、ありますか?
多いんじゃないんですかね。
これまた大雑把に計算すると、
この3年間で一日一本以上は書き続けてきたわけですし。

No.24:更新ペースはどれくらいですか?
週に9~11ぐらいです。

No.25:もっと更新したいと思っていますか?
思っていませんし、これ以上はムリですねw

No.26:サイトデザインも頑張っている、とか?
自己満足でしかないことはわかっていますが、
自分自身の手でデザインをいじることはよくやっています。
これもまたブログの楽しみ方の一つだと思います。
おかげでHTMLやCSSについての知識も若干身につきましたし。

No.27:アクセスアップのために何かしていますか? また、アクセス数は気になりますか?
ブログ村のトラックバックやTwitterでの更新通知ぐらいです。

アクセス数は気にならないと言えばウソになりますが、
かといってこれ以上アクセスアップのために
何かしようという気にはなりません。

No.28:感想以外のサイト(もしくはコンテンツ)も持っていたりしますか?
このブログ以外にはないです。
まぁアニメやマンガ以外にも気になるネタもありますし、
それに関するブログを書いてみたいなぁという気持ちもあるのですけど、
他に手を出す余裕がないというのが現状ですね。

なのでアニメやマンガ以上にそれらの話題への興味が強まった時が、
このブログの更新終了の時となるのかなぁと思っています。

No.29:感想サイトを運営するようになって、鑑賞の仕方が変わったということはありますか?
これは大きく変わりました。

まずはリアルでの変化について。
日常生活にアニメ鑑賞とその感想執筆を組み込むため、
早起きする習慣が身につきました。
早寝はリアルでの都合があってあまりできませんけど。

視聴そのものの変化については、
よく他のアニメ感想ブロガーさんがおっしゃられるのですが、
「感想を書くことが前提での視聴」となったことですね。
よく「手段と目的が逆転した」という意見を拝見するのですけど、
私個人としてはこれは決して悪いことではないと思うんですよ。

まず第一に、これまでただ漠然と視聴していた頃からは考えられないほど、
作品に対する理解や考察が深まったという点。
これは「感想を書く」という目標があるからこそ備わった能力だと思います。
第二に、感想を書くことそのものがとにかく楽しいという点。
「アニメを観ること」を楽しむことと「その感想を書くこと」を楽しむこと、
どちらもアニメを楽しんでいることに違いはなく、
そもそもこの2つを切り離して考えることはできないと思います。

No.30:他サイトさんの企画などに、自分の感想を投稿したことがありますか?
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんの、
今期終了アニメを評価してみないかい?」と、
おちゃつのちょっとマイルドなblog」のおちゃつさんの、
アニメアウォーズ」の2つには、
2010年のブログ開設以来毎回お世話になっております。
どちらも各クール、各年の総まとめをするに相応しい、
とてもいい企画です。

それとアニメ感想ブロガーの集いである「アニ☆ブロ」にも
2012年から参加させてもらっており、
2012年夏コミでの新刊「アニ☆ブロのほん さんさつめ!」の
クロスレビューに参加させていただいたこともあります。
こちらもアニメ感想ブロガー同士が協力して作り上げている素敵な空間です。

No.31:「こんな企画があったら参加したい!(すでに参加している)」という素敵な企画はありますか?
今の私に自分から一から企画を立ち上げるほどの余裕も能力もありません。
素敵な企画については前述の3つです。

No.32:感想文は、どんな時間帯に書くことが多いですか?(朝、午後、休日、仕事中(笑)、などなど)
さっきもちょろっと書きましたが、基本的には朝です。
休日は深夜や昼間に書いたりしますが。

No.33:感想文を一つ書くのに、どれくらい時間がかかりますか?
アニメ視聴と同時に執筆を始めているので、

・視聴&「感想」の羅列に30分
・記事として完成させるのに15~45分

ぐらいです。
これはあくまで普段の感想記事の話であって、
作品の総評になってくるとこれの数倍は時間がかかります。
モノによっては数日間かかるものもあったり・・・w

No.34:鑑賞し終わってから、すぐに感想を書きますか? それとも時間をおきますか?
基本的には即!書いてますね。
「鉄は熱いうちに打て」的な理論で、
熱が逃げないうちに記事へ叩き込むのがいいような気がして。

ただ時間をおいてから、改めて冷静に考えてみると、
「あそこは別の表現で書いておけばよかったなぁ」とか、
「そうか、あの場面はああいう意味なのか、ようやくわかったぞ」とか、
自分の記事に対する自分なりのダメ出しが出てきたりもします。
まぁでもどうしても書き直したい場合は追記したりしますので、
別段今のスタイルに不便を感じてはいません。
そういう事態に陥る事自体稀ですし。

No.35:感想サイトをやっていて良かったと思うことは?
前述の通り「作品への理解が深まったこと」と「アニメがより楽しめるようになったこと」
さらにアニメ好きの多くの方々と交流が持てたことです。
(ブロガー/非ブロガー問わず)

No.36:感想サイトをやっていて困ったことは?
どこぞの外国からスパムコメントが届くことです。
「コメントフォームに認証画面を追加すればある程度マシになるのだろうけど、
それだと記事にコメントをくださる他の方々に不便を強いることになってしまう」
というジレンマに悩まされています。

No.37:自分が書いた感想を読み返す派ですか? それとも、読み返さない派ですか?
読み返さないです。
書いた内容については大抵覚えていますし、
読み返しても悶え苦しむだけなのでw

No.38:サイトにアップした後、実はけっこう書き直していたりする?
前述の通り、主に誤字脱字について書き直すことはあります。
頻度としては数週間に一回あるかないか程度ですけど。

No.39:他サイトさんの感想を参考にして、作品を購入したり、借りたりすることがありますか?
ないですね。
基本的に他ブログさんの感想を読ませていただく作品は、
私自身がすでに興味を持っている作品だけなので。

No.40:逆に、自分が書いた感想を参考にして、
作品を購入したり、借りたりしたと、閲覧者に言われたことがありますか?

多分ないことはないんだろうと思いますけど、
直接言われたことはないんじゃなかったかなぁ。

No.41:自分の感想についての「感想」に飢えている?
飢えてはいませんね。
そりゃ今以上に感想を言ってもらえれば今以上に嬉しいですけど。
それ以前に私自身が「感想への感想の感想」
(要するにコメント返信)が遅れ気味となっていますし。

No.42:「こんなふうに感想が書けたらいいな」という、理想形はありますか? 
また、具体的に憧れているサイトさんがあれば、こっそり(笑)教えてください。

具体的な理想形としては、
最小限の言葉で自分の感情を余すことなく伝えられ、
読み手に強烈な印象を残すことができる感想ですね。
私がこれを実現するにはまだまだ足りないものだらけで、
これからもひたすら模索が必要なんだろうと思います。

すごいと思うブロガーさんはそりゃもう大勢いますよ。
ただ具体的に憧れの対象を問われると特定の方ってのはいないかな。

No.43:他の感想サイトさんを、よく回りますか? 
そうしたサイトさんは、どうやって、見つけていますか?

トラックバックをくださった方の記事は読ませてもらっています。
最近は能動的にトラックバックを送ることがとても少なくなったので
必然的に回る回数も少なくなってきたのですが、
それでも少なくとも日に10件は回っていますね。

どうやって見つけるかはブログ村のトラックバックですね。

No.44:自分の感想とはまったく違う感想に出会った時、どう思いますか?
単純に関心しますね。
視点を変えればこういう見方もできるのかぁって。

自分の感想とそのまったく違う感想との間に優劣はつけないようにしています。
感想にどちらが正しくてどちらが間違っているなんかないはずですし。

No.45:突然ですが、「レビュー・評価」と「感想」は違うものだと思いますか?
私個人の認識としては、
前者は「客観的」で後者は「主観的」
具体的な比較対象や数値を持ちだしたら、
それは「感想」なのではなく「レビュー・評価」になると思っています。
まぁ正直なところ両者の詳しい違いについてはよくわからないです。

No.46:ここまで、答えてきて何ですが(^^;)、
実は、自分のサイトは「レビュー・評価」サイトかもしれない?

前述の私の認識が間違っていないのなら、
このブログは間違いなく感想ブログです。

No.47:サイトを運営する前も、感想を書いていましたか?
書いていません。

No.48:感想サイトを始めようと思ったきっかけはありますか?
きっかけは「涼宮ハルヒの消失」と「とある科学の超電磁砲」です。
この2つの感想が書きたくて書きたくて仕方がなくなって、
このブログを作ったわけだったりします。

No.49:サイトについて、今後の目標を語ってください。
もっと多くの素晴らしい作品と出会うことです。
要するに1日でも長続きさせることです。

No.50:最後に、あなたにとって、「感想」とは?
「自己満足」かなw

まとめ

はい、案の定ものすご~く長い記事となりましたねw
ただ反射的に答えるだけではあるものの、
さすがに50も設問があるとちょっと疲れますね。
途中から露骨に投げやりになりましたしw

では、繰り返しになるものの、
これからもお付き合いのほうよろしくお願いします!
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2013/02/21 08:40 ] このブログについて | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL