窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> アニメ感想(総評)> 2012年アニメアウォーズ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

2012年アニメアウォーズ!

おちゃつのちょっとマイルドなblogさん主催の、
2012年アニメアウォーズ!参加記事です。

その年のアニメ作品の中で特に気に入った作品を選出するこの企画で、
当ブログでの2012年アニメ総決算的っぽいものを
やってみようと思います。
ちなみに昨年度の記事はこちらです。

最優秀作品:Fate/Zero

最優秀作品は図らずも去年と同じくFate/Zeroで。
前半部の放送が昨年ということで、
若干企画の趣旨に反する気がするのですが、
2クール目だけで評価したとしてもやはりこの作品かなぁと。
ストーリー、キャラクター、映像、音楽、声優、
ありとあらゆる要素で他作品と一線を画するクオリティでした。

特に心惹かれたのが圧倒的クオリティの戦闘シーンと、
情け容赦なさすぎるストーリーでしょうか。
戦闘シーンで特に素晴らしかったのが第14話第15話、それと第24話
ストーリーとしては第16話第19話第21話が特に衝撃的でした。

あとこの作品を語る上で欠かせないのが7陣営7様のキャラクターたち。
これについては以前個別記事にて散々語っているので、
壮絶にお暇な方はぜひとも参照していただけると嬉しいです。
セイバー陣営&ランサー陣営
ライダー陣営&キャスター陣営
アーチャー陣営&アサシン陣営
バーサーカー陣営

最優秀作品の他候補としては
「偽物語」「氷菓」「ソードアート・オンライン」
「TARI TARI」「ゆるゆり♪♪」「ひだまりスケッチ×ハニカム」
それに「中二病でも恋がしたい!」あたりですね。

「偽物語」「ゆるゆり♪♪」「ひだまりスケッチ×ハニカム」あたりは
安心安定の良作であったという印象。
逆に言うと予想を超えるデキではなかったというのが落選の理由です。
とはいえひだまり4期に関してはこれまでのひだまりの中でも
一番レベルが高かったと思いますけど。

「ソードアート・オンライン」「TARI TARI」「中二病でも恋がしたい!」は
2012年後半の中でも特に話題となり、
個人的にも特に印象深い作品たちですね。
「TARI TARI」「中二病でも恋がしたい!」は、
1クール作品というくくりでは2012年のトップ1,2ですね。

「ソードアート・オンライン」は最優秀の「Fate/Zero」と、
後述の「氷菓」には一歩劣るものの、
間違いなく2012年を代表する作品の一つであったと思います。
とにかくズバ抜けて魅力的な世界観を持つ作品でした。

で、最後の最後まで私の頭を悩ませてくれたのが「氷菓」です。
文学作品が原作のアニメらしく演出が非常に凝っていて、
個人的にはとても新鮮な作品でした。

特別賞:じょしらく

私的ダークホースだったで賞は「じょしらく」で。
この作品は放送開始時までは視聴予定にすら入ってなく、
たまたま前番組(夏色キセキ)の録画予約が残っていて、
たまたま録画されていたものを本当に気まぐれで観てみたら、
これがもうめちゃくちゃ面白かったんですよねぇ。
5人+αの可愛い女の子たちが、
ギリギリすぎる危ないトークを繰り広げる様がツボでした。

他候補は「ヨルムンガンド」と「ガールズ&パンツァー」の2作品。
「ヨルムンガンド」は物語が進むに連れ各キャラの魅力とやりとりの面白さ、
ストーリーの奥深さに気付かされるという、
「隠れた良作」と評するにふさわしい作品であると思います。

「ガールズ&パンツァー」は今年中に完結していたら文句なしで特別賞でした。
女子高生と戦車というミスマッチっぷりにまず惹かれ、
丁寧かつ燃える戦闘シーンにさらに惹かれ・・・。
自分でもここまでハマるとは思いもよりませんでしたw

男性キャラ部門:折木奉太郎(氷菓)

男性キャラ部門は「氷菓」の主人公折木奉太郎で。
そのバツグンの推理力はもちろんのこと、
えるたち古典部の面々となコミカルなやりとりや、
高校生らしく自分の才能や立ち位置に悩む様に惹かれました。
最初の頃はなんか斜に構えているように思えて
あまり印象がよくなかったのですけどw

他候補としては
「衛宮切嗣」(Fate/Zero)
「間桐雁夜」(Fate/Zero)
「キリト/桐ヶ谷和人」(ソードアート・オンライン)
「富樫勇太」(中二病でも恋がしたい!)
あたりですね。
こうしてみるとみんな「黒」を基調としているキャラですねw

女性キャラ部門:リーファ/桐ヶ谷直葉(ソードアート・オンライン)

数多の候補がひしめく女性キャラ部門ですが、
今年はSAOの妹キャラであるリーファで。
選出の理由は単純に「好みだから」です!w

私自身もつい最近気がついたのですが、
どうやら私は「悲恋に打ちひしがれ、涙する女の子」というものに、
ものすご~く惹かれる人種だったようですww
で、そこから女の子が精神的な成長を遂げ、
立派に立ち直る様にもちゃんと魅力を感じたり感じなかったり。
同様の理由で「谷川柑菜」(あの夏で待ってる)も候補の一人でした。

他候補としては
「蕪羅亭魔梨威」(じょしらく)
「赤座あかり」(ゆるゆり♪♪)
「坂井和奏」(TARI TARI)
「ゆの」(ひだまりスケッチ×ハニカム)
「西住みほ」(ガールズ&パンツァー)
あたりの主人公勢ですね。

OP部門:未完成ストライド(氷菓)

毎度毎度死ぬほど悩まされるOP部門については、
今年は「氷菓」の後期OPで。
曲自体が大好きなのはまぁ当たり前として、
幻想的かつ本編の内容にも即した映像が高ポイントでした。

他候補はそりゃもう挙げればキリがないのですが、
その中でも特に良かったのが、
「to the beginning」(Fate/Zero)
「太陽曰く燃えよカオス」(這いよれ! ニャル子さん)
「Dreamer」(TARI TARI)
「ZONE//ALONE」(境界線上のホライゾンⅡ)
「Sparkling Daydream」(中二病でも恋がしたい)
あたりですかね。

ED部門:夢ぐも(ひだまりスケッチ×ハニカム)

OP部門については今年は「ひだまりスケッチ×ハニカム」で。
毎度ひだまりはOPEDともにたいへん良いものを提供してくれるのですが、
ひだまり4期のOPEDはその中でもずば抜けていたように思えましたね。
OP部門と同様こちらも映像面を高く評価しての選出となりました。

他候補としては
「満天」(Fate/Zero)
「Overfly」(ソードアート・オンライン)
「Enter Enter MISSION!」(ガールズ&パンツァー)
などです。

まとめ

2012年全体の感想としては「大作はなくとも良作だらけの1年」ですね。
2011年の「まどマギ」並の作品はなかったけれども、
全体的な作品のレベルは割と高水準だったのではないかと。

逆に言うと、アニメのクオリティが飽和しつつあった
一年でもあったのかなぁとなんとなく思えてきます。
そんな現状を打開するために「分割2クール」やら「映画化」やら、
さらなる高クオリティコンテンツを生み出す手法が確立してきたのでしょうし。
で、いくつかの作品からは「突出しよう」という意欲を感じることができました。
なので2013年はそういった工夫が実を結び、
歴史に残るような突出した作品が生まれるのではと期待しています!

てなわけで以上が当ブログにおける2012年総まとめでした。
時間があればまた別にガッツリ今年の総括記事を書いてみたいと思っていますが。
なんか余談が多くなりすぎてまたまた長文となってしまいましたが、
ここまでお付き合い頂けた皆様と製作スタッフの方々、
そして今年も多くの作品を楽しむことができたことに深く深~く感謝です。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2012/12/28 01:30 ] アニメ感想(総評) | CM(7) | TB(13)
[ 2147 ] 相互リンク
初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://1-9.jp/f48/
[ 2012/12/28 01:47 ]
[ 2149 ] 御礼
こんばんはー
今回も参加いただきどうもありがとうございました!
じっくり読ませていただきました。

Fate/Zero、情け容赦なさすぎるストーリーと書かれてますがまさにその通りでしたね。特に後半のナタリア絡みの過去話はインパクトありすぎでした。

じょしらくの視聴経緯奇跡的ですねw
僕も毎回見てました。
想像妊娠の話とかがすごい印象に残ってます。

ではでは、良いお年を~。
[ 2012/12/28 21:07 ]
[ 2151 ] Re: 2012年アニメアウォーズ!
一年間の感想お疲れ様でした!。毎回楽しく記事を読ませてもらっていましたよ!

ソードアート・オンラインは『第4章・アリシゼーション編』が最も読者人気の高いエピソードなので、個人的にはここの映像化に期待したいですね(SAO編は第1章、ALO編は第2章)。

Fate系列は『エクストラ』や『prototype』が今後アニメ化しそうな予感。でも今後Zero以上の作品がこの系列から現れるのは期待できないかもしれませんね。
[ 2012/12/29 00:19 ]
[ 2152 ] Re: 2012年アニメアウォーズ!
こんばんはー、コメント失礼しますm(_ _)mペコリ
あ!nullsさんもやってる!と思ってムフフとしながらトラックバックを送りました(ぇ
見知った人が同じ企画に参加してると、何故だかちょっぴり嬉しい気分になりますw


>どうやら私は「悲恋に打ちひしがれ、涙する女の子」というものに、
ものすご~く惹かれる人種だったようですww

とりあえず、この1文に思わず爆笑してましたw
あらやだ!それってSなんじゃ…!
直感的にそう感じた、ただそれだけの事です(何
SAO編であれだけ活躍してたアスナが後半のALO編ではほとんどと言っていいほど顔を出していなかっただけに、私もどちらか一方を選べと言われればリーファというかスグの方を選んじゃいそうですね~。
正直、スグの方がかわい(ry
元気いっぱいでキリトの手を引いて先へ先へと進んでくれる様は観ててとっても好感が持てましたし、喜んだり悲しんだり思い悩んだりと表情豊かなキャラクター性がよかったですね(´∇`)
女性キャラ部門ってホント登場キャラクターが多いから、いつも悩んじゃうのです(ぁ

おっしゃる通り、今年は「これ!」と言った作品はなかったものの所謂「良作」と呼ばれるものが各クールに2つ3つある1年でしたよね~。
何だかんだで、この1年充実したアニメライフだったような気がしますw
オリジナルアニメも若干多かった気がしたので、そこが個人的には嬉しかったです(´ω`)
オリジナルアニメって、何故だかワクワクしますよね!


そんなわけで、「中二病」の最終回へのコメントが今年最後だと思ってたのにこうして書く事になってしまいました←
あちらの方で書きたい事はもうほとんど書いたのでこれと言って言い残す事などないのですが(w)、来年も楽しく過ごせる1年になるといいですねっO(≧▽≦)o

ではではー。
[ 2012/12/30 18:27 ]
[ 2156 ] おちゃつさん、コメントありがとうございます
> Fate/Zero、情け容赦なさすぎるストーリーと書かれてますがまさにその通りでしたね。特に後半のナタリア絡みの過去話はインパクトありすぎでした。

切嗣の過去話は声優さんの名演技も相まってすごく印象的でしたね。
アニメであそこまで心揺さぶられたのは久しぶりでした。

> じょしらくの視聴経緯奇跡的ですねw
> 僕も毎回見てました。
> 想像妊娠の話とかがすごい印象に残ってます。

想像妊娠の件はすさまじいインパクトでしたねぇ。
なんで風邪の話題からあそこまで話が飛躍するんだよってカンジでww


では、来年もどうぞよろしくお願いします。
[ 2012/12/31 17:16 ]
[ 2157 ] tachyonさん、コメントありがとうございます
> ソードアート・オンラインは『第4章・アリシゼーション編』が最も読者人気の高いエピソードなので、個人的にはここの映像化に期待したいですね(SAO編は第1章、ALO編は第2章)。

SAOは人気も文句なしですし原作ストックもそこそそあるみたいですし、
まず間違いなく2期は製作してくれるでしょうね。
個人的には禁書と並ぶ電撃文庫のビックタイトルになるのではと期待しています。

> Fate系列は『エクストラ』や『prototype』が今後アニメ化しそうな予感。でも今後Zero以上の作品がこの系列から現れるのは期待できないかもしれませんね。

Fate/Zeroがとんでもないクオリティでしたから、同系列の作品がアニメ化する際は
ハードルとプレッシャーがえげつないことになりそうですねw
それでもぜひとも観てみたいというのが本音です。

> 一年間の感想お疲れ様でした!。毎回楽しく記事を読ませてもらっていましたよ!

毎回記事を読んでくださってありがとうございます!
来年もまた遊びに来ていただけるととてもうれしいです!!
[ 2012/12/31 17:24 ]
[ 2158 ] Plutorさん、コメントありがとうございます
> 元気いっぱいでキリトの手を引いて先へ先へと進んでくれる様は観ててとっても好感が持てましたし、喜んだり悲しんだり思い悩んだりと表情豊かなキャラクター性がよかったですね(´∇`)

そう、それなんです!
懸命にアピってた娘が一回どん底に落とされる、で、そこから立ち直る。
この一連の感情表情の変化と、その健気で強い生き様に強く惹かれるんですよ!

> オリジナルアニメも若干多かった気がしたので、そこが個人的には嬉しかったです(´ω`)

今年のオリジナルアニメも前年ほどじゃないにしろ充実していましたねぇ。
個人的に真っ先に思いつくのはやはり「TARI TARI」ですね。
今年の1クールアニメの中では「中二病」すら抑えて№1でした。


お互い来年もたくさんの良作に出会える素晴らしい年なるといいですね!
では、来年もまたよろしくお願いします。
[ 2012/12/31 17:41 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

2012年アニメアウォーズ!
「おちゃつのちょっとマイルドなblog」のおちゃつ様にお誘いいただいた企画「2012年アニメアウォーズ!」に昨年に引き続き参加させていただきます 概要はおちゃつ様の上記リンク先の...
[2012/12/28 02:01] 記憶のかけら*Next
2012年アニメアウォーズ!
年末の風物詩、おちゃつ様の企画に今年も参加させていただきました。 おさそいありがとうございます(^^) それでは早速行ってみましょう。 <最優秀作品> 人類は衰退しました ほ
[2012/12/28 04:33] のらりんすけっち
2012年アニメアウォーズ!
2012年アニメアウォーズ! 2012年12月26日11時投稿 例年のごとく、「おちゃつのちょっとマイルドなBlog」のおちゃつさんからお誘いを受け、同Blogで開催されている「2012年アニメアウォー...
[2012/12/28 12:44] 刹那的虹色世界
2012年アニメアウォーズに、さんかれあ!(`・ω・´
2012年アニメアウォーズに、さんかれあ!(`・ω・´) おちゃつのちょっとマイルドなblog 2012年アニメアウォーズ! 氷菓 (3) オリジナルアニメBD付き限定版 (カドカワコミックス・エース)(20...
2012年アニメアウォーズに、さんかれあ!(`・ω・´
2012年アニメアウォーズに、さんかれあ!(`・ω・´) おちゃつのちょっとマイルドなblog 2012年アニメアウォーズ! 氷菓 (3) オリジナルアニメBD付き限定版 (カドカワコミックス・エース)(20...
【企画参加】2012年アニメアウォーズ!
年の瀬ですね という訳で おちゃつのちょっとマイルドなblogさんの企画 2012年アニメアウォーズ! に参加させていただく形で 今年のアニメを独断と偏見でもって 振り返ってみような
「2012年アニメアウォーズ!」に参加させていただきました
もうあと2,3日でこの2012年も終わりですね。 この季節になると、そろそろあのイベントが催される頃合いだなぁとしみじみした気分になったりならなかったり。 そんなわけで「おちゃつ
[2012/12/30 18:27] 惑星観測所の記録
2012年アニメアウォーズ!+1年の総括
皆様ご機嫌麗しゅう。随分久方ぶりの更新になりますね。 2012年も最終日ということと、ブログがほとんど放置状態という後ろめたさもあり、今年の総括記事を書こうと思います。 そう
[2012/12/31 04:22] 時は巡れど
2012年アニメアウォーズ!
今年も、おちゃつさんの企画された、「2012年アニメアウォーズ!」に参加してみたいと思います。・最優秀作品「ハイスクールD×D」始まる前はただのエロアニメかと思っていたのです ...
[2013/01/01 03:45] ニコパクブログ7号館
アニメアウォーズ!2012
「おちゃつのちょっとマイルドなblog」さん主催の年末企画「2012年アニメアウォーズ!」に参加させて頂きました。以前のブログも含め、3度目の参加となります。
[2013/01/01 14:15] Kurze Notiz
2012年アニメアウォーズ!
おちゃつのちょっとマイルドなblog様で毎年開催されている 「2012年アニメアウォーズ!」という 「2012年内に放送された作品から印象に残った作品を選んでみようという企画」に 参加さ...
[2013/01/03 00:35] 世界一周
2012年アニメアウォーズ!
そうとう出遅れた感が有りますが… おちゃつさん主催のアニメ番組総評のシリーズ、2012年アニメウォーズにようやく参戦です。 評価内容は以下のとおりです。 〜2012年アニメアウォー
2012年アニメアウォーズ!
さて、こちらおちゃつのちょっとマイルドなblogさんが毎回企画してくださるんですが 参加したりしなかったり相変わらずの更新さだったんですがw やはり1年の総まとめはしたいなぁ
[2013/01/14 17:56] にきログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。