窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ヨルムンガンド PERFECT ORDER> ヨルムンガンド PERFECT ORDER #23 ウォーモンガー

ヨルムンガンド PERFECT ORDER #23 ウォーモンガー

ヨルムンガンドPERFECT ORDER 1 (初回限定版) [Blu-ray]

ヨルムンガンド 第23話。
ヨナのココ分隊からの離脱。
以下感想

離脱

ヨナのココ分隊からの離脱。

仮面をかぶり続けてきた武器商人の少女の本当の顔。
ココをヨルムンガンド計画へと駆り立てたのは、
今の世界や人類への激しい嫌悪感だった。
まぁココは武器商人として多くの戦場を観てきたわけですしねぇ、
ココがこういう結論へと至るのにも納得ですし、
これまでのヨナへの異常なまでの執着にも納得です。

ココのもとから逃げ出したヨナは、キャスパーに拾われることに。
大ッキライなはずのキャスパーのもとで働くことを選んだのは、
やはり少年兵時代の仲間たちのためでしょうね。
ヨナにとっては戦争のない世界へと行く絶好の機会でもあったのですが、
結局ヨナは優しすぎるために戦争という呪縛から逃れられない。
で、多分ココについてもこれと同じことが言えるのではないかと。
自分の売った武器で犠牲になった者がいるからこそ、
ココはヨルムンガンド計画を決して止めることができないのだろうと思います。

ヨナ以外のメンバーはみんなココに付き従うことに。
ある者はココの思想自体に共感し、
ある者は職人気質やビジネスライクからスタンスを崩さない。
ワイリやウゴ、マオなんかはまさにプロ中のプロってカンジですよね、
対してルツやトージョなんかはすっげぇアホっぽいですけどw

ブックマンとナイトナインと仕向けた男は、
ココから手痛いしっぺ返しを食らうハメに。
ココを利用していたブックマンが逆に取り込まれたため、
これでココの計画を止めうる存在は、
強いてあげるならキャスパー一派かスケアクロウぐらいかな。
まぁいまさらココの計画が頓挫するとはとても思えませんが、
そういう展開になったらそれはそれで面白いかなぁと。

今のココは世界最強の存在、もう誰にも止められやしない。
そんなココがヨルムンガンド計画を発動するまでに残る課題は、
「量子コンピュータの宇宙空間への打ち上げ」のみでしょうね。

これさえ完遂すれば、計画の発動に伴い、
計画の心臓である量子コンピュータには
もはや誰も触れることさえできなくなるわけですし。
何にせよココの思い描く「武器のない世界」の実現も秒読み段階ですね。

まとめ

今回はヨナのココ分隊からの離脱。
ヨナの離脱という予想外のアクシデントがあったものの、
世界最強の存在となったココを止められる者は
もういないであろうことを痛感させられた回でした。

「武器のない世界」の実現もいよいよ秒読み、
ついでにココ曰く第三次世界大戦の始まりも秒読み。
計画発動を間近に、ヨナがどのような道を選ぶのかに期待ですね!
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2133 ]
マオはメンバーでは、ものの割り切り方が最も機械的だから友人として付き合うなら一番おっかない人なんですよ。普段どんだけ仲良くても、銃を向けられたら平気で撃てる。殺す可能性があるなら最初から友好的にならない衛宮切嗣とはまた違いますね。
まぁ、レームも義理人情は挟まずどんなに親しくても、ターゲットになったら容赦なく殺すから近い性質ではありますね。
[ 2012/12/22 20:46 ]
[ 2139 ] 零崎零識さん、コメントありがとうございます
> マオはメンバーでは、ものの割り切り方が最も機械的だから友人として付き合うなら一番おっかない人なんですよ。普段どんだけ仲良くても、銃を向けられたら平気で撃てる。

どこまでもビジネスライクな立ち振舞のマオとは、友達付き合いは難しそうですね。
まぁでもココたちが生きる世界においては、
利害の一致のみで立ち位置を決める人間のほうが信頼が置けますよね。
[ 2012/12/23 21:34 ]
[ 2140 ] Re: ヨルムンガンド PERFECT ORDER #23 ウォーモンガー
ルツとトージョに関してはワイリ風に言えば最終的にココの魅力に惹かれた部分が大きいと思います。

誰しもが彼女と付き合っていくことで前回のルツのように既に自身で答えを得て迷いのない人生を送っているのでしょう。それが仕事の質が変化しても揺らがない程に確立されているからこそあのように前向きな反応が多く集まったのだと思います。

彼らからどことなく感じられる清々しさはこの生き様にあるのでは?と考えていますね。
[ 2012/12/24 00:02 ]
[ 2144 ] 紅美鈴さん、コメントありがとうございます
> 誰しもが彼女と付き合っていくことで前回のルツのように既に自身で答えを得て迷いのない人生を送っているのでしょう。

確かに、ココと共に戦場を渡り歩くことで、
誰しも「武器や戦争との付き合い方」を考え、答えを得ることができそうですね。
まだ幼いヨナに関してはそれだけでは答えを得ることは難しかったのでしょうけど。
[ 2012/12/26 10:50 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第23話 『ウォーモンガー』 感想
この作品、1期では地域紛争や武器マーケットについてリアルっぽく描いていて、渋い良さがありました。 2期はかなり趣を変えて、大風呂敷な話になっていますが、これにもそれなりのリ...
[2012/12/20 01:56] メルクマール
ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第23話 『ウォーモンガー』 諸君、私は戦争が嫌いだ。
まるで某少佐と逆。軍人が嫌いだ、戦場の民間人が嫌いだ、武器商人である自分が嫌いだ…。ココの心の中にこんな負の感情が渦巻いていたとは驚きです。なんか世界を滅ぼしてしま
ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第11話 ウォーモンガー
人類から、軍事力を奪い。 強制的な世界平和を実現させる、ココの計画、ヨルムンガンド。 その段階で、少なからぬ犠牲が出ると知ったヨナは、ココに銃口を向けます。 ココから語ら...
[2012/12/21 18:39] cogito,ergo sum別館