窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第677話 COUNTER HAZARD!!

ONE PIECE 第677話 COUNTER HAZARD!!

ONE PIECE Log  Collection  “FRANKY” (初回限定版) [DVD]

ネタバレ注意です。
以下感想

同盟

反撃の舞台へと役者たちが集う。

キッドとスクラッチメン、それにホーキンス、
この3人のルーキーたちは同盟を組むため一同に集まる。
この話し合いはキッド海賊団の主催みたいですが、
あのキッドがライバルと同盟を結ぼうだなんて、
一体どういう風の吹き回しなのでしょうね?

言い出しっぺはキッドの部下であるキラーっぽいですね。

ローは用心のため、海楼石製ではない普通の鎖を
研究所内にいくつも用意していた。
てなわけでローは鎖から脱出、同盟を組んだルフィたち、
さらにはスモーカーとたしぎまで救出。
ローとスモーカーはヴェルゴの件で利害が一致している、
さらに二人共シーザーに心臓を握られている。
この状況ではさすがのスモーカーでも海賊と手を組むしかありませんよね。

シノクニから逃げてきたゾロたち、
さらには茶ひげと共に研究所に向かっていたウソップたちが
ルフィたちのいる研究所へと到着。
役者が全員揃ったところでいよいよ反撃開始ですね!
地味にローと再会を果たした錦えもんの反応と、
しぶとさだけは定評のある茶ひげの活躍に期待してたりします。


まとめ

今回はキッドたちの同盟と、役者たちの全員終結。
いよいよ反撃の舞台が整い、
ここからまた一気に面白くなりそうですね!
ルフィにロー、それにスモーカーという夢の同盟の活躍はもちろん、
キッドたちの同盟の目的も気になるところです。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2012/08/21 01:30 ] ONE PIECE | CM(5) | TB(0)
[ 1897 ] Re: ONE PIECE 第677話 COUNTER HAZARD!!
ようやく元に戻ったスモーカーとたしぎのやり取りが良かったですね。
顔を赤くするたしぎはなかなか可愛かったと思いますw
[ 2012/08/23 19:21 ]
[ 1898 ] Re: ONE PIECE 第677話 COUNTER HAZARD!!
>キッドたちの同盟の目的も気になるところです。

ストレートに考えると、キッドたちも四皇との戦いを始めるつもりなんでしょうね。
ローによると、新世界では四皇の下につくか挑み続けるかしないと生き残れないそうですし、キッドがビック・マムの船を沈めたという描写もありましたからね。
他に考えられるのは海軍との戦争でしょうか。赤犬が大将になってさらに過激になったという海軍相手に、何かを仕掛けようとしている可能性もありますね。
あるいは、赤犬の方が仕掛けてこようとしているから、共同戦線で迎え撃つとか。
ルフィ達の方も気になりますが、こちらも大いに気になりますね。
[ 2012/08/23 20:52 ]
[ 1902 ] Re: ONE PIECE 第677話 COUNTER HAZARD!!
>キッドがビック・マムの船を沈めたという描写もありましたからね。

すいません、正確にははビック・マムの傘下の船でした。
いずれにしろ、キッドはマムと争ってるわけで、やはり同盟はマムと戦うためのと考えるのが一番自然でしょうか。
マムに狙われているルフィとどう絡むか気になりますね。そういばローが引きずりおろすつもりの四皇が不明のままですが、やはりそれはビック・マムなのでしょうか?
[ 2012/08/25 21:58 ]
[ 1909 ] 通りすがりの幻想殺しさん、コメントありがとうございます
> 顔を赤くするたしぎはなかなか可愛かったと思いますw

今回のたしぎは女らしい一面が前面に出てて可愛かったですね。
「恥ずかしがっている場合でもないだろ」ってカンジはしますがw
[ 2012/08/26 05:04 ]
[ 1910 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> ストレートに考えると、キッドたちも四皇との戦いを始めるつもりなんでしょうね。

新世界を生き抜くには四皇に太刀打ち出来るだけの力が必須ですし、
ルフィとローの同盟と同じく対四皇への共同戦線というのが妥当ですよね。
対海軍については海軍本部の動きがまだまだわからないので、
現段階ではなんとも言えないでしょうけど。
どちらにしても、新世界で2年間生き抜いてきたルーキー三組の同盟となれば、
四皇としても海軍としても見過ごすことのできない一大勢力になるでしょうね。
[ 2012/08/26 05:11 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL