窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 境界線上のホライゾンⅡ> 境界線上のホライゾンⅡ 第2話 舞台上の宣告者

境界線上のホライゾンⅡ 第2話 舞台上の宣告者

境界線上のホライゾンII (Horizon in the Middle of Nowhere II) 1 (初回限定版) [Blu-ray]

ホライゾン2期 第2話。
ネシンバラvsシェイクスピアと、「アルマダ海戦の再現」の予感。
以下感想

脚本家vs脚本家

英国の文化部連中との激闘後編。

ネシンバラとシェイクスピアの脚本対決は、
大罪武装を持つシェイクスピアの勝利。
ネシンバラとシェイクスピアは旧知の仲、
同じ教導院の出身だったみたいです。
シェイクスピアのことに気づかなかったネシンバラが淡白なのか、
それともネシンバラを覚えていたシェイクスピアが執念深いのか・・・。

その他諸々も英国の文化部連中に敗北。
つーかドーピングやってんじゃねぇよベン・ジョンソンw
しかしネシンバラたちは時間稼ぎには成功したのですけど・・・。
謎のステルス艦による砲撃に英国からのエクスカリバー。
何が何だかよくわからないですけど大ピンチみたいですね。

二代の蜻蛉切りによって補給艦は英国へと墜落していく。
こんなことをしなければならなかったのは、
すべて全裸バカのせいなのかなぁ?
でもって点蔵が出会った謎のフードは一体何者なのでしょうね。

アルマダ海戦の再現

英国との交渉、しばしのアバンチュール。

ネシンバラとナルゼ、英国戦での負け犬's。
ネシンバラはシェイクスピアによって右腕に
「マクベスの呪い」を受けた模様。
厨二病的セリフのに続いて「呪われた右腕」とは、
ますますネシンバラの厨二病が進行しちゃうなぁww


英国はとりあえず武蔵を受け入れたってことでいいのかな?
「アルマダ海戦の再現」ってことは、スペインとイングランドの戦争、
つまりは英国とトレス・エスパニアが戦争になるってことであってるのか?

トレス・エスパニア総長のおじさんの苦悩と回想。
このフアナって副会長、確実におじさんを誘っているよねぇw
このおじさん、めちゃくちゃいい人みたいだから、
今回みたいに露骨に死亡フラグをたてないでほしかったなぁ。

まとめ

今回は英国の文化部連中との激闘の続きと
武蔵、トレス・エスパニア、英国、さらに謎のステルス艦と、
ここから先、物語はさらに混迷を極めそうですね。
今回は立花・の意外すぎるコミカルな一面がよかったです。
今後の展開としてはネシンバラのリベンジに期待かなぁ。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 1798 ] Re: 境界線上のホライゾンⅡ 第2話 舞台上の宣告者
>ますますネシンバラの厨二病が進行しちゃうなぁww
武蔵では厨二なのがすでに知れ渡ってますよ(爆

>二代の蜻蛉切りによって補給艦は英国へと墜落していく。
EX.カリバーンの衝撃波でこのままでは輸送艦(前回の三征西班牙戦と今回の英国とのやつで牽引帯に色々不具合が出て固定ができなくなってる)が武蔵に激突してしまうので激突回避の為に牽引帯を切断する決断にいたった。

>このおじさん、めちゃくちゃいい人みたいだから
これから男気溢れる人物が沢山出てきます。
[ 2012/07/16 21:04 ]
[ 1810 ] みやんさん、コメントありがとうございます
> これから男気溢れる人物が沢山出てきます。

1期では主人公サイドの登場人物がとにかく魅力的でしたからねぇ。
敵サイドにも魅力的なキャラが増えていくのはとても楽しみです。
[ 2012/07/22 04:00 ]
[ 1883 ] Re: 境界線上のホライゾンⅡ 第2話 舞台上の宣告者
アーサー王は最初の王賜剣(エクスカリバー)を一度折り、
その後に新しい王賜剣、王賜剣二型(E.X.・カリバーン)を手に入れたとされています。
現在、最初の王賜剣、折れた王賜剣一型(E.X.コールブランド)と
神格武装とされる王賜剣二型の鞘は行方不明になっています。
王賜剣二型は倫敦塔の台座に刺さったままになっており、今まで誰も抜いた者はいません。
エリザベスとメアリの父ヘンリー八世総長は抜けると豪語していましたが、
触れることはありませんでした。
伝説によれば、引き抜く者は王の資格を持つとされますが、
抜くのに挑戦して、失敗すると王の資格を失ってしまうのでそれを恐れたのだと
一般的には思われています。

上記の設定はⅡのこれからの展開を理解するのにものすごく重要な事なのですが、
1クールしかないので説明が省かれてしまいました。
全て放送期間が短いのが悪いのです。

三征西班牙の江良・房栄、ベラスケス、フアナは長寿族と言う人間よりも
長命な異族です。耳が長いのが特徴で彼女たちの頭の横に見えるのは
ガードを付けた耳です。その下の耳の形状については日本のファンタジー作品
に出てくるエルフの耳のイメージとだいたい同じです
長寿族と一口に言ってもいくつか部族があり、血統によって寿命に差は存在します。
半寿族は人間と長寿族のハーフです。半寿族はその外見については長寿族と
ほとんど変わりませんが、成長速度が人間と同じで精神と身体の成長が
ちぐはぐになりがちなので乱れある者として長寿族からは同族とみなされず、
一般的には差別されます。三征西班牙では特に迫害が大きいらしいです。
トマス・シェイクスピアは長寿族ではなく半寿族です。
今のフェリペ・セグンドがレパントの海戦で助けた長寿族の孤児は
誾よりも年上だけど、長寿族は成長が遅いからまだ子供のままのはずだと、
話すシーンが原作ではあります。


フェリペ・セグンドは世襲ではなく、先代カルロス一世からの推薦による襲名で
今の地位についた極東人です。レパントの海戦の英雄と言われていますが、
その戦いは聖譜記述で勝利とされるも、実際には事実上の敗戦で、
彼は妻子と多くの仲間を失いました。そのせいで彼は生きる意味を見失い、
三征西班牙衰退の歴史再現を静観し、汚れ役として衰退の責任を取ろうと
考えている人物です。本当はこの人かなり人望のある指導者なんですよ。

原作では、墜落した輸送艦にいた人達が何とかやっていけたのは
ほとんど点蔵のおかげだと書かれています。
点蔵が船舶部の人達と意見交換して、水の確保と分配をまず優先。
男女の部屋分け、役割分担の指示、救助を待つ時間を無駄にしない為に、
正純とネイトを講師役にしての英国の政治方面と歴史の授業、
二代は戦闘訓練と集団戦の講義と実技を教える等のアイディアも
点蔵が出しています。

何故にこれ程広い視野で気配りが出来るのに点蔵は彼女が出来ず、
ふられつづきだったのか?
思いつく理由としては、犬の様な臭いがする、御座る語尾、金髪巨にゅー好きと公言、
常時顔を隠し忍装束、三年梅組げどーな奴らの一員だから、が考えられますかね。
臭うのは野山と戦地を年中駆けずり回る忍の職業病だから仕方がないし、
御座る語尾は嫌な人もいるかもしれないが、皆って事はないだろう。
やっぱり子供の頃からずーっと顔を隠しているのが大きいのではないでしょうか?
良い人だと思うけど顔をいつも隠しているから、お付き合いするには不安、
というのがふられる理由の七割くらいなのではないかと私は推測しています。
後の三割は、金髪巨にゅー好きと公言しているのがちょっと引く、
三年梅げどーな奴らの一員だから得体がしれない、というのが半々ぐらいじゃないかな?

フアナ副会長はやる気をなくしてしまった、総長に代わり、
三征西班牙の実質的な指揮を執っている才色兼備の理知的な女性ですが、
クリスマス会の出し物で総長達に挑発されて、マリア様役に挑戦したら、
煙突から入る時に胸と尻がつかえてしまい半泣きになった事があります。
結構天然で可愛らしい所のある人なんですよ。
2話で子供たちに配っていたお菓子も彼女の手製です。
武蔵と敵対する相手でも、どうしようもなく憎めない人が少なくないのが
この作品の特徴の一つですね。


昔、ネシンバラとシェイクスピアのいた第十三無津乞令教導院は
襲名者を育成するための施設で、かなりやばい場所だったんですよ。
ネシンバラ達がそこを出るときにまたやばい事があったのですが、
アニメではその説明が省かれてしまいました。
ネシンバラの事を知るのに大事な話なのですが………。
ああ、2クールあればなあ………。

ナルゼはクラスメイトであろうと容赦なく同人誌のネタに使うげどーです。
ネット上のネシンバラへの批判も擁護するどころか、
非難側に同調して皆がひくようなレベルのスレを立てたりしています。
まあ、一応ネシンバラの苦労は理解しているんですけどね………。
[ 2012/08/12 17:51 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ギリギリの英国上陸 アニメ感想 境界線上のホライゾンⅡ 第2話「舞台上の宣告者」
全裸主人公遂に服を着る!
[2012/07/16 01:03] 往く先は風に訊け
境界線上のホライゾンII 第2話 「舞台上の宣告者」 感想
今回も面白かったですね。 また新キャラが増えて、名前を覚えるのが大変ですが(笑) ってこんなに面白いキャラだったんですね。 OPでも好敵手っぽい扱いの二代とは、ボケ方面でも渡り合えそうですね。  境界線上のホライゾン 公式サイト 境界線上のホライ...
[2012/07/16 01:21] ひえんきゃく
境界線のホライゾンⅡ 2話 「舞台上の宣告者」 感想
マズイ、早くも置いてかれそうだ。とりあえず2回見ました。
境界線上のホライゾンII 第2話 「舞台上の宣告者」 感想
文章を力とする者同士のネシンバラVSシェイクスピア シェイクスピアが今回の戦闘のために用意したものはマクベス とある武将が魔女の予言から国を治める王を殺害下克上する物
[2012/07/16 09:16] 犬哭啾啾
境界線上のホライゾンII 第2話 『舞台上の宣告者』 トーリが...服を着ただと!?
二人は旧知だったのね。ネシンバラとシェイクスピアの作家対決はシェイクスピア有利。やっぱ名前の知名度が…と思ったら彼女は英国の大罪武装「拒絶の強欲」持ち。こちら所有者の痛みを流体(多分エネルギー)に変換するものだそうで、シェイクスピアの痛みとは作品...
境界線上のホライゾンII 第2話「舞台上の宣告者」 レビュー・感想
そういうことにしておきましょう!今度はフアナ様に寝たフリさせて乳バサミキャバレーごっことは、これまさにダブル快男子、やはり宗茂様にもそこらへんの趣向が欲しかったところ ...
[2012/07/16 15:57] ヲタブロ
境界線上のホライゾンⅡ 2話 『舞台上の宣告者』
ホライゾンⅡ第2話、かなりのハイペースで飛ばしている分、状況が分かり難いかも知れませんね。私も原作のこの辺りは飛ばし読みだったので、いまいち把握し切れていなくて再度原作で確認し直してました。 やはり原作からはストーリーの大筋だけ拾ってあとは大幅にカット?...
[2012/07/16 23:58] 無常の流れ 新館
境界線上のホライゾンII 第2話「舞台上の宣告者」
原作2巻の第8章から14章まで190頁、今回も凄い圧縮率でしたね。目まぐるしく動く展開に付いて行くのがやっとという濃い内容でしたけど、それでも(ギャグ含めて)きちんとポイントを押さえてるあたりはさすが冨田さん、いい仕事していらっしゃいます。作画も良好。エリザ?...
境界線上のホライゾンII 第2話「舞台上の宣告者」
ネシンバラVS.シェイクスピア!  脚本対決のゆくえは?  英国が目論むアルマダ海戦の再現とは? 燃える対英国戦~♪ EDはまたSDキャラが可愛いですねw トーリは服を着たバージョンで本当に良かった。 マッパのSDとか見たくない (ノ∀`)
[2012/07/17 22:39] 空 と 夏 の 間 ...