窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第668話 海賊同盟

ONE PIECE 第668話 海賊同盟

ONE PIECE 66 (ジャンプコミックス)

ネタバレ注意です。
以下感想

同盟

ルフィはローと海賊同盟を組むことに。

意外にもローの申し出に割と乗り気なルフィ。
標的である四皇の一人の名を聞いた後に、
ローと同盟を組むことを決意する。
ルフィが今後の標的に選ぶということは、
少なくともローの言っていた四皇の一人はシャンクスではなさそう。
やっぱ良くない方向で因縁深い黒ひげかビック・マムかな。

ルフィはローとともにウソップたちと合流、今後の話し合い。
「海賊同盟には裏切りがつきもの」
とはいえ今のルフィやルフィの仲間たちなら
ローが相手でもペースを握れそうかなww
当面の目標は「子供たちを救うための薬探し」と「シーザーの捕縛」
「シーザーの捕縛」から「四皇の一人」へと
どのようにつながっていくのかが気になりますね。


一方ローにも危険視されている懸賞金3億の賞金首シーザーは、
ルフィたちやスモーカーたちを抹殺するために自らのペット、
超巨大なスライムを解き放つ。
イメージとしてはバカでかくなったマゼランみたいなカンジ、
もしかしてマゼランが人体実験を受けた後の状態とか?

早速覇気使いであるルフィとローの共闘が見られるのか!?
に期待です。

まとめ

今回はルフィとローが海賊同盟を組んだ回。
かつて命を救われたことがものすごくプラス印象になっているのか、
ルフィがローの申し出を快く受け入れたことがちょっと意外でした。
それとルフィたちのペースに引きずり込まれている
ローが面白かったですねw

次なる相手は超巨大スライム。
覇気使いのルフィとローの活躍に期待ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2012/05/29 06:25 ] ONE PIECE | CM(2) | TB(1)
[ 1639 ] Re: ONE PIECE 第668話 海賊同盟
>イメージとしてはバカでかくなったマゼランみたいなカンジ、
もしかしてマゼランが人体実験を受けた後の状態とか?

扉絵連載によると、マゼランは現在インペルダウンの副所長をやってるようです。
二年前の一件の責任をとっての降格と思われます。結果、ハンニャバルが念願の所長に昇格しました。ハンニャバル、大喜びですよ。
Mr.2こと、ボンちゃんの無事も確認されてます。イワさんの代わりに、インペルダウン5・5番地の女王(?)になったようです。
あの状況でどうやって助かったかは不明ですが、彼が無事なのは本当に良かったです。また本編に再登場してほしいですね。

あのスライムがマゼラン本人ではなくても、マゼランの能力を研究して生み出されたものである可能性はあると思います。
パシフィスタのレーザーも、ベガパンクが黄猿の能力を研究して完成させたものですしね。
マゼランと同等か、それ以上に厄介な相手かもしれません。だからこそ、ルフィの修行の成果が試されますね。
[ 2012/05/29 10:48 ]
[ 1643 ] 訂正と謝罪
>マゼランは現在インペルダウンの副所長をやってるようです。

すいません、勘違いしてました。
マゼランは一獄卒兵で、副署長はブルゴリ使いのサルデスでした。
考えてみれば、あれだけの事態の責任をとっての降格が、副署長どまりのはずがありませんね。センゴクによれば、マゼランは自害しかねないほどの責任を感じていたようですしね。

誠に失礼しました。
[ 2012/05/30 17:31 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ネタ速報deブログたん【ONE PIECE 第668話 海賊同盟】
ネタバレ注意です。以下感想
[2012/05/29 06:45] ネタ速報deブログたん