窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> HUNTER×HUNTER> HUNTER×HUNTER No.338 樹上

HUNTER×HUNTER No.338 樹上

TVアニメ「HUNTER×HUNTER」 キャラクター・ソング集1

ネタバレ注意です。
以下感想

別れ

ゴンはジンとの待ち合わせに、そしてキルアはアルカとの旅へ・・・。

元々キルアがゴンと行動を共にしていたのは、
「やりたいことが見つかるまで」でしたね。
今のキルアにはアルカを一生かけて守るという目的ができた、
だからゴンとの別れは必然ではあったのですけど・・・。
ゴンを差し置いて主人公をやっていたキルアの離脱は本当に寂しいですねぇ。

ゴンがこうして復活できたのはキルアのおかげ、
キルアがこうしてアルカを救い出せたのはゴンのおかげ。
改めて、お互いがお互いを助けあう素晴らしいコンビだったと思います。

ほしいもの

約束の世界最大の樹の上でゴンはジンと再会。

ジンが半ばゴンを捨ててまでほしかったものは
「今、目の前にないもの」
あくまで遥か彼方にある目的ではなく、
その目的を達成する過程で必要不可欠な「同好の士」

仲間たちと一緒にグリードアイランドを作り上げたジンらしい答えですね。
身内への情はなくとも仲間への情には厚い男ですww
ネットを使って同好の士を探しだしたというのにも、
特にこうしてブログをやっている私としては親近感を感じます。

外側

ジンが今目指しているのは世界の「外側」

キメラアントも世界樹も、世界の外側から来た外来種。
ゴンたちがいるこの世界はとてつもなく大きな世界のほんの一部。
この世界にはまだまだ未知が広がっている、
これぞまさに男のロマン、少年マンガらしい壮大な展開ですね!

でも、なんとなくトリコっぽいと思ったのはきっと私だけじゃないはずww

先の「ほしいもの」の話を考えると、
今現在ジンは共に外側へと向かう同好の士を求めているのかも。
そして「ジンとの再会」という大目的を果たしたゴンは、
今度は何を追い求め、どんな仲間をつくっていくのか?

・・・てなカンジで、
ゴンとジンが共に外側を冒険する展開なんかはすごく面白そうですし、
引き出し自体もまだまだいっぱいあるのでしょう。
ですがキルアとの別れにジンとの再会は、
明らかにこのまま物語を締めくくってしまう流れですよねぇ。


まだジャイロやらクロロとヒソカの戦いやらクラピカの現在やら、
気になることや見てみたいことがいっぱいあるんだけどなぁ。
本気で終わってほしくないと思うんですけど、
その一方でこのままキレイに有終の美を飾ってほしいと思う自分もいて、
今は非常に複雑な心境です。

まぁ本当にこのまま完結するのかはまだわかりませんし、
あれこれ考えても仕方がないんですけどねぇ。

まとめ

今回はキルアとの別れとジンとの再会。
このまま物語が完結してしまいそうな雰囲気がプンプンとして、
非常に複雑な気持ちになりました。

今後についてはあれこれ考えても仕方がないので、
次回、ゴンがどのような道に進むのかに期待です。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2012/03/06 01:50 ] HUNTER×HUNTER | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL