窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> HUNTER×HUNTER> HUNTER×HUNTER No.332 喝采

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

HUNTER×HUNTER No.332 喝采

TVアニメ「HUNTER×HUNTER」オリジナル・サウンドトラック

ネタバレ注意です。
以下感想

演説

十二支んはパリストンを追い落とすための策にでる
ミザイストムは捨て石としてチードルに票を集めるよう演説し、
対するチードルもレオリオに票を集めるよう演説。
仮にもトップハンターの一人が一応同じプロハンターとはいえ
実質ずぶの素人のレオリオを支持するとは、
どんだけパリストンのことが嫌いなんだよww

アルカの目覚め、そしてナニカの出現
アルカが起きていられるのはナニカが眠っている間だけ。
なのでアルカの時間は長いようで短い。
何の罪もないのにただ道具として扱われようとしているとは、
アルカもまたかわいそうな境遇の娘ですよねぇ。

仲間への想い・・・、レオリオの演説
協会を私物化すると言い放ったレオリオが、
会長として最初にハンター全員に出す命令は、
「ゴンを助けるためすぐに動け!」
演説でレオリオがぶつけたのは、
仲間のために何もできない自分の不甲斐なさ。
レオリオのゴンへの想いを聞いた観衆は拍手喝采、
人の心を動かすのはやはり人情だなぁ。

まとめ

レオリオのゴンへの想いが生んだ拍手喝采。
その仲間への強い想いが観衆にウケたのは確かでしょうけど、
それ以上に自分の無力さと不甲斐なさを誰よりも理解し悔やみながら、
それでも今の自分にできる最善をしようというその姿勢が
高く評価されたのだと思います。


十二支んの二名がレオリオを支持し、
レオリオの演説が残る浮動票も引き入れた。
パリストンがこれまで過半数を獲得できていなかった以上、
これでレオリオの会長当選は確定な気がしますが、
このままパリストンが黙ってやられるとは到底思えませんね。

それは一旦はイルミの魔の手から逃れた
キルアやアルカについても同様です。
「操られていた頃の方が苦しまない」
おそらくイルミはアルカを手中に収めるために
間接的な方法でキルアを「操作」しようとするのでしょうけど、
このセリフから察するに人質か何かを使うつもりなのかな?

「パリストンの逆転の一手」と「イルミの野心」
ゴンの復活&レオリオの当選間近 というハッピーエンドコースから
物語を思いっきり脱線させる強烈な悪意に期待ですね!

個人的にはこの両者が密接につながっていると
非常に嬉しいんですが・・・。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2012/01/23 23:55 ] HUNTER×HUNTER | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。