窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 灼眼のシャナⅢ-FINAL-> 灼眼のシャナⅢ-FINAL- 第14話 大命宣布

灼眼のシャナⅢ-FINAL- 第14話 大命宣布

灼眼のシャナIII-FINAL- 第II巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]

シャナ3期 第14話。
大命宣布とフレイムヘイズの敗戦―――。
以下感想

楽園への誘い

盟主による大命宣布
その内容は盟主自身が封じ込まれていた両界の狭間に、
「ザナドゥ」なる新たな世界を創造しようというもの。
「ザナドゥ」はこの世の写し世で、無限の存在の力に満ちた徒の楽園。
確かにこれだけを聞いていると誰にとっても良い事ずくめ、
反対する理由はどこにもありませんね。

盟主の帰還と大命宣布でフレイムヘイズ側の敗北が確定
盟主が敗北し両界の狭間へと追いやられた際に、
ベルペオルが気づいた「数の力」
バル・マスケ側の勝利は3000年前のリベンジってわけですね。
ゾフィーと合流したシャナたちは撤退作戦「引き潮作戦」に参加、
ちゃんと万が一を想定していたあたりはさすが総司令官ですね。

「引き潮作戦」開始
カムシンとレベッカは撤退する本隊の殿を務め、
シャナとヴィルヘルミナは囮役である別働隊のザムエルと合流。
自身が築いた建造物を介して他者の力を束ねるザムエルの自在法、
集団戦&防衛戦に特化したあつらえ向きの人材ですね。

すべてはあの娘を護るため・・・
悠二はフレイムヘイズたちの「存在意義」を挫く

大命が成就し徒が「ザナドゥ」へ移住したら、
フレイムヘイズが戦う理由はもうどこにもない。
存在意義を挫かれたフレイムヘイズ側は混乱状態、
次々と犠牲者が生まれもはや作戦もへったくれもない。
第4話にてマージョリーを発狂させた際と同じ手法、
これは盟主ではなく悠二の仕業なのかな。


まとめ

悠二と盟主の大命の真相は、
両界の狭間に「ザナドゥ」なる新世界を創造すること。
この世から徒がいなくなれば人間が喰われる心配もない、
これから先フレイムヘイズが生まれてくる必要もない。
少なくとも今のこの世界にとっては良い事ずくめですね。

しかし今生きているフレイムヘイズたち、
特にフレイムヘイズの使命に純化している者たちにしてみれば、
ありがた迷惑としか言いようがありません。
まぁ悠二が最も救いたがっているシャナには
一人の人間としての一面がちゃんとありますし、
「シャナをフレイムヘイズの運命から解放する」という
悠二の目的にはちゃんと即していますね。

ただ、これだけ良い事ずくめであるのなら、
悠二は戦争が起こる前にシャナにすべてを話してもよかったはず。
それをしなかった理由として考えられるのは、
・この大命には何かとんでもない裏が隠されている
・大命そのものにシャナを関わらせたくなかった
の二つぐらいでしょうか。

個人的には後者であると考えております。
今回のフレイムヘイズたちの犠牲のように、
何か大きな事を成そうとすれば多少なりとも犠牲が出るのは必然。
しかし悠二はその犠牲さえも、
自分一人の罪として背負うつもりなのではないのか?

戦場を悲しそうに見つめる悠二を観てそんなことを思いました。

存在価値を見事なまでに挫かれたフレイムヘイズ側。
今回混乱にまで陥らなかった強者たちでさえ、
モチベーションは絶望的にまで削がれていることでしょう。
これから先「ザナドゥ」創造を防ぐために、
フレイムヘイズたちはどのような大義名分を掲げるのか?
に期待ですね!


それと創造神とは違う「神」の眷属であるという
変な詩人の目的も気になります。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 1083 ] 悠二の真意
シャナは天罰神の契約者=創造神の企図を唯一阻み得る存在であり、個人の性格としても、不確定な事、つまり、何かしらの影響が出る可能性を否定できない計画に賛成しないという2重に悠二の計画を阻む恐れのある存在なので、計画の内容を教えると対抗策を講じられる恐れがある。というのもあります。自分の罪として被るというのもあるけど。あと、アニメでは描写されていないメリットとして、“紅世”とこの世の間にできる世界なので、今後“紅世”から渡り来る“徒”は全てザナドゥが障壁となること、現在この世にいる“徒”がザナドゥに行くとき、持っている“存在の力”は全てこの世に棄てて行くので、それがこの世に還元され、世界の歪みが解消されるのです。
[ 2012/01/15 01:15 ]
[ 1085 ] 聖賢者チルノさん、コメントありがとうございます!
> シャナは天罰神の契約者=創造神の企図を唯一阻み得る存在であり、個人の性格としても、不確定な事、つまり、何かしらの影響が出る可能性を否定できない計画に賛成しないという2重に悠二の計画を阻む恐れのある存在なので、計画の内容を教えると対抗策を講じられる恐れがある。というのもあります。

確かに大命に100%同意してくれるという確証がない以上、
事前に内容を教えてしまうのはいささか危険かもしれませんね。
だからこそ悠二は実力行使でシャナを無力化し幽閉していたわけですか。

> あと、アニメでは描写されていないメリットとして、“紅世”とこの世の間にできる世界なので、今後“紅世”から渡り来る“徒”は全てザナドゥが障壁となること、現在この世にいる“徒”がザナドゥに行くとき、持っている“存在の力”は全てこの世に棄てて行くので、それがこの世に還元され、世界の歪みが解消されるのです。

つまりは新たに徒がやってくる心配もなくなり、
フレイムヘイズが懸念する世界の歪みとやらも無くなるのですね。
ますますこの世にとってメリット満載な計画ですね。
[ 2012/01/15 01:49 ]
[ 1086 ] ロフォカレ
アレの主はアラストールや“祭礼の蛇”などの神を含め、“紅世”に関わる(=存在の力を操れるor何かしらの自在法の加護を受けている者。自在法が一切通用しないとされる“天目一個”は多分大丈夫だと思うけど)の動きを一瞬にして全て停止させ、強制的に自分の語り掛けに耳を傾けさせる=直接意識や記憶に絶対的な強制力で一字一句刻み込む権能の持ち主で『導きの名の元において他者を誑かし唆す口先だけの神』です。要するに無数の眷属の耳目を介して得たトクダネを、その眷属を生贄にして『神威召喚』することで、“紅世”に関わる者たちに強制的に広めるという一体誰に何の利益があるんじゃいっていう神です。ちなみに普段は実体すらないのでアラストールじゃ(平時は相手に攻撃する体が無いし、召喚時には一撃で動きを封じられるため)倒せないアレな神だよw
[ 2012/01/15 02:54 ]
[ 1087 ] Re: 灼眼のシャナⅢ-FINAL- 第14話 大命宣布
原作小説では無何有鏡と書いてナザドゥと読ませてました
まぁ余談です
この世界には一見いいことずくめなのですが 作る神様が天然が入ってる方なので・・・ まぁ本人の気づかないデメリットもあるのですよ
詳しくは来週言われると思います
アニメではカットされましたがフェコルーは死に際にベルオペルに星黎殿の中に秘密の抜け道(ヴィルヘルミナが来た道のこと)があると報告その確認のためベルオペルは戦場に出ず
シュドナイは星黎殿内の守衛軍の再編を部下に任してさらに本拠地に新たな侵入者がいないかの捜索のため戦場に出ず ヘカテーは祭礼の蛇の神体の安定化ために働いてるので戦場に出ず
教授は攻撃を受けた設備の修理点検のために戦場に出ず
祭礼の蛇は神輿として戦場で動くことは許されずだからまだまだ徒には恐ろしいカードがあるのです
で一人動けない悠二は動けないなら動けないなりに何かしようと戦場を見て あれを言ったと だからあの精神攻撃は悠二君の作戦です
[ 2012/01/15 03:19 ]
[ 1088 ]
元々フレイムヘイズは『世界の危機』っていう大義名分掲げてとまってるだけの烏合の衆です。
全てを棄てて修羅道に堕ちたのがフレイムヘイズである彼らには、戦う理由がないと生きていけない輩が多いんですよ。だから、徒達が人と襲わないで他の世界に行ってしまうと、存在意義を失うってしまうんですよ。

ちなみにあの布告は蛇の声でしたが、発案は悠二です。悠二は敵に回すとホント厄介というか手に負えないんですよ。
そもそも悠二はただの人間のときから、策士で策略を見抜いて打開する頭脳派だったから、それが強大極まる力とカリスマ、圧倒的な数の配下まで手に入れたらほんとどうしようもないですよ。
蛇があんまり策略が得意ではないので、悠二がそれを補ある感じですね。



少しとネタバレですが、今後フレイムヘイズは戦いに負けて勝負に勝つ遣り方をします。まあコレみたら察しがつきますよね(笑)。
次回は好きなセンターヒルが活躍するので楽しみです。
[ 2012/01/15 09:56 ]
[ 1089 ] 聖賢者チルノさん、コメントありがとうございます
> アレの主はアラストールや“祭礼の蛇”などの神を含め、“紅世”に関わる(=存在の力を操れるor何かしらの自在法の加護を受けている者。自在法が一切通用しないとされる“天目一個”は多分大丈夫だと思うけど)の動きを一瞬にして全て停止させ、強制的に自分の語り掛けに耳を傾けさせる=直接意識や記憶に絶対的な強制力で一字一句刻み込む権能の持ち主で『導きの名の元において他者を誑かし唆す口先だけの神』です。

ほう、そんなけったいな神様がいるのですか。
紅世の世界の超強力なマスメディアみたいな存在ですね。
[ 2012/01/15 11:03 ]
[ 1090 ] メアさん、コメントありがとうございます!
> アニメではカットされましたがフェコルーは死に際にベルオペルに星黎殿の中に秘密の抜け道(ヴィルヘルミナが来た道のこと)があると報告その確認のためベルオペルは戦場に出ず
> シュドナイは星黎殿内の守衛軍の再編を部下に任してさらに本拠地に新たな侵入者がいないかの捜索のため戦場に出ず ヘカテーは祭礼の蛇の神体の安定化ために働いてるので戦場に出ず
> 教授は攻撃を受けた設備の修理点検のために戦場に出ず
> 祭礼の蛇は神輿として戦場で動くことは許されずだからまだまだ徒には恐ろしいカードがあるのです
> で一人動けない悠二は動けないなら動けないなりに何かしようと戦場を見て あれを言ったと だからあの精神攻撃は悠二君の作戦です

なるほど、あれは悠二のファインプレーだったわけですか。
言葉だけでフレイムヘイズ陣営を崩壊させるとは、大したものですね!

にしてもこれだけタレントを欠いた状態でバル・マスケ側が圧勝であるなら、
ここから更に彼らまで戦場に出てきたら
フレイムヘイズ側はとんでもない苦境に立たされることになってしまいますね。
[ 2012/01/15 11:13 ]
[ 1091 ] 零崎零識さん、コメントありがとうございます!
> 元々フレイムヘイズは『世界の危機』っていう大義名分掲げてとまってるだけの烏合の衆です。
> 全てを棄てて修羅道に堕ちたのがフレイムヘイズである彼らには、戦う理由がないと生きていけない輩が多いんですよ。だから、徒達が人と襲わないで他の世界に行ってしまうと、存在意義を失うってしまうんですよ。

マージョリーみたいな連中が自分の目的だけのために
徒党を組んでいるだけってイメージですね。
それに対してバル・マスケは3000年前の敗北で「数の力」を知り、
そのリベンジとしてベルペオルが創り上げてきた組織。

言葉巧みな悠二の演説だけでバラバラになってしまうフレイムヘイズたちと、
どんな苦境に立たされようと大命を成すために使命を全うし続けた徒たち。
組織としての純度がフレイムヘイズ陣営とバル・マスケでは段違いで、
それが勝敗を分ける大きな要因となったのでしょうね。

> 少しとネタバレですが、今後フレイムヘイズは戦いに負けて勝負に勝つ遣り方をします。まあコレみたら察しがつきますよね(笑)。

まぁ・・・、想像がつきますねww
というか今回の惨状からして、戦いが「大命そのものを食い止める」から
「大命を自分たちも納得できる内容にまで落としこむ」
へと変わってしまったのは明白ですよね。
それに、それこそがシャナと悠二が結ばれる唯一の道でしょうし。
[ 2012/01/15 11:26 ]
[ 1095 ] ロフォカレ(補足)
「喚起」と「伝播」を司る“紅世”真正の『導きの神』“覚の嘯吟(かくのしょうぎん)”シャヘルは眷属を生贄に自らの神威召喚である“嘯飛吟声(しょうひぎんせい)”を行わせ、己が顕現の証たる『全てを掻き消す忘我の色』である純白の炎を撒き散らしながら、これまでに、フレイムヘイズの生成方法や“紅世”とこの世の狭間を渡る術、宝具、人化、封絶とかを皆に教えました。彼の権能は発動の瞬間、世界のどこにいても一瞬で効力を発揮します。
[ 2012/01/16 00:00 ]
[ 1099 ] Re: 灼眼のシャナⅢ-FINAL- 第14話 大命宣布
戦況について振り返ってみる
世界各国に兵を割いて手薄になった本陣にフレイムヘイズが強襲
世界各国の徒は反転本陣に集結しようとする
フレイムヘイズ盟主以下強力な指導者が不在と知り士気上がる
将軍不在の臨時総司令官デカラビアを討ちもう一歩まで勝っていたフレイムヘイズに対してハボリム率いる西部方面を攻撃していた部隊がフレイムヘイズの予想よりも早く本陣に来襲 戦況が不利になる
創造神の帰還の予兆発生 フレイムヘイズ側の総大将自ら帰還路を封鎖しようとするが 討たれたと思っていた徒側の有力な将(フェコルー)がそれを防ぐ フェコルー生存で徒の士気が上がる
盟主帰還 盟主の宣言で徒の士気さらに上がる
戦況は完全に負けの状況になる
フレイムヘイズ側は移動要塞まで撤退開始
創造神により大義名分を奪われフレイムヘイズ錯乱および潰走(現在)

未来でもう簡単に予想できるものは
シュドナイ参戦(本来の戦争の総司令官)
分断されていたバルマスケの戦力の集結(世界中に出払っていただけに下手すると包囲する形になる)
と フレイムヘイズ早く逃げないと逃げ場なくなるよ
[ 2012/01/16 22:37 ]
[ 1103 ] メアさん、コメントありがとうございます
> 未来でもう簡単に予想できるものは
> シュドナイ参戦(本来の戦争の総司令官)
> 分断されていたバルマスケの戦力の集結(世界中に出払っていただけに下手すると包囲する形になる)
> と フレイムヘイズ早く逃げないと逃げ場なくなるよ

そもそもフレイムヘイズ側は星黎殿に全力で奇襲をかけてて、
バル・マスケ側には他所を攻めていた本隊が残っていましたね。
ますますもって絶望的な戦況ですね。
[ 2012/01/17 00:08 ]
[ 1106 ] Re: 灼眼のシャナⅢ-FINAL- 第14話 大命宣布
フレイムヘイズ側にもまだとんでもないのは残ってますよ。
次回ついに大地の四神さんの一人が参戦、最終決戦では残り三人も出張ってきます。
この四人のキチガイじみた強さが見れるのはもうすぐ?
後はサーレとキアラの恋人コンビも本格参戦ですね。
[ 2012/01/17 22:46 ]
[ 1107 ] 名無しさん、コメントありがとうございます!
> フレイムヘイズ側にもまだとんでもないのは残ってますよ。
> 次回ついに大地の四神さんの一人が参戦、最終決戦では残り三人も出張ってきます。

そういえば今までただ傍観していただけのフレイムヘイズがいましたね。
「神」を冠するということはそれ相応の実力者なのかな。
とはいえそれでもこの劣勢を覆せるとは思えませんが。
[ 2012/01/18 09:46 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

灼眼のシャナ?-FINAL- 第14話 OPが微妙だな(映像面で)
OPは川田まみさんの歌に。 曲は良い方だけど、映像は前期のほうが断然良かったですね。
[2012/01/14 20:13] 地図曹長の時酷表
灼眼のシャナIII-FINAL- 第14話「大命宣布」
灼眼のシャナIII-FINAL-の第14話を見ました 第14話 大命宣布 「これは終焉の鐘じゃない、次なる戦いの始まりを告げる号砲――」 “神門”の破壊を試みたゾフィーの一撃は命を引き換えにしたフェコルーの...
[2012/01/14 20:36] MAGI☆の日記
灼眼のシャナⅢ-Final- 第14話 「大命宣布」
灼眼のシャナⅢ-Final- 第14話 「大命宣布」です。 さて、一通り冬アニメ
灼眼のシャナ?(Final) 第14話 大命宣布 感想
フレイムヘイズ崩壊の危機っすなあ・・・ 祭礼の蛇が別の意味でどうしようもない感じになってきたわ。 絶望を希望にされたらフレイムヘイズの存在意義が無くなっちゃうもんね。
灼眼のシャナIII 第14話 『大命宣布』
ザナドゥって言われると。日本ファルコムのゲームを思い出します。遂に舞い戻ってきた祭礼の蛇。ラスボス登場で物凄く旗色の悪くなったフレイムヘイズ。ここで一時撤退するのは当然の方策と言えるでしょう。 しかし逃げたとしてどうなるのか。フレイムヘイズ側には祭礼の?...
灼眼のシャナ?(Final) 第14話
最初から、フェコルーが過労死しかけているサラリーマンに見えて、微妙に笑ってしまって。 今回から、オープニング曲が変わっている。 歌っているのは、同じKOTOKOさんなんだけども。 やはり、シャナ...
[2012/01/14 21:55] 燃え萌えアニメブログ
灼眼のシャナIII-Final- 第14話 「大命宣布」 感想
OPが川田まみさんの「Serment」にEDは黒崎真音さんの「ONE」に変わりましたね。 新OP、何だか盛り上がりに欠けるような気が……。 新EDについては、よく聞こえなかったのが残念。 銀色の粒子へと砕かれ...
[2012/01/14 22:38] ひえんきゃく
灼眼のシャナ? -Final- 第14話 感想
 灼眼のシャナ? -Final-  第14話 『大命宣布』 感想  次のページへ
[2012/01/14 23:00] 荒野の出来事
灼眼のシャナ?-Final- 14話
言われなくてもスタコラサッサだぜ。 というわけで、 「灼眼のシャナ?-Final-」14話 とんずら大作戦の巻。 蛇さん、伝説級の演説! こりゃ、絢辻さんもびっくりだ。 つーか、なげーよ。ものっそい...
[2012/01/14 23:16] アニメ徒然草
灼眼のシャナ〓-Final 14話
「大命宣布」 OPとEDが今回より変更。OP曲は好きですが、映像はシャナと悠二が大半を占めており、徒側はトリニティですら1コマも映っていません。蛇は少し見えたけど。の割には今後何秒出番があるのか分らないような緒方とかは映ってたりするのが謎。シャ...
[2012/01/15 03:01] 自己満足
灼眼のシャナIII #14
【大命宣布】 灼眼のシャナIII-FINAL- 第III巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]出演:釘宮理恵ジェネオン・ユニバーサル(2012-02-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 新OP&EDキター(゚∀ ...
[2012/01/15 11:17] 桜詩~SAKURAUTA~
灼眼のシャナ III(Final)第14話 「大命宣布」
余は狭間に、この世の現世ザナドゥを創造する――!  祭礼の蛇の帰還により大勢は決し。 フレイムヘイズ側は撤退戦に入りますが。 祭礼の蛇は戦いの根幹を無くす 大命を宣布する! ▼ 灼眼のシャナ III...
[2012/01/15 16:32] SERA@らくblog
灼眼のシャナIII-Final- 【第14話】 感想
戦意喪失
[2012/01/15 21:13] Loving You
灼眼のシャナIII 第14話
第14話『大命宣布』灼眼のシャナIII-FINAL- 第II巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]今回は・・・非常に大きな動きがありました。
[2012/01/16 02:17] ニコパクブログ7号館
灼眼のシャナIII -FINAL- 第14話 大命宣布
“祭礼の蛇”帰還と大命宣布で、明かされる大命。 かつて創ろうとした宝具『玻璃壇』によって監視されたを都・『大縛鎖』。 それを発展させ、両界の狭間に尽きる事のない存在の力 ...
[2012/01/16 02:27] ゲーム漬け
灼眼のシャナIII-Final-「第14話 大命宣布」/ブログのエントリ
灼眼のシャナIII-Final-「第14話 大命宣布」に関するブログのエントリページです。
[2012/01/16 14:51] anilog