窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第581話 忍びよる未来

ONE PIECE 第581話 忍びよる未来

ネタバレ注意です。
以下感想
"新しい時代"の始まり
ロー以外のシャボンディ諸島にいたルーキーたちも
みなマリンフォードの沖まで来て戦争に結末を見守っていました。
黒ひげや"新世界"のルーキーたちこそ
これからやってくる"新しい時代"の中心になっていくのでしょう。

この戦争の結末は
情報を削ぎ落とされながら世界中に伝わっていきます。
ある所では「ひとつなぎの大秘宝」が実在すると知り海に出るものが増え、
ある所では海軍の勝利に歓喜し、
またある所では"白ひげのナワバリ"が血の海へと変わります。
海の抑止力となっていた"白ひげの死"は世界中で争いを生みます。

海軍に戦争をしかけた白ひげは
「自分が死んだら世界はどうなるか」ぐらい想像できなかったんですかね?
それとも大事な息子のためならそんなことどうでもよかったですかね?
結局エースは助け出せなかったですし、
ただ世界中に争いのタネを撒き散らしただけになってしましたね


ルフィの生死とインペルダウンでの出来事
ローによって手術され、なんとか命をつないだルフィですが、
インペルダウンでの戦いの時点からイワンコフのホルモンで
無理矢理動かしていたその体には膨大なダメージが蓄積しており、
まだ生きられる保証はないとのこと。

それよりも問題は目を覚ました後ですよね。
いくらルフィでも立ち直るまで時間がかかりそうです。
まぁ麦わら海賊団もバラバラになってしまってますし、
このまま"第一部完"とかになりそうですよね

ちょうど区切りがいいですし。

ローの潜水艦に合流した"女帝"ハンコックは、
自らの"七武海"という立場を使い
ルフィを女ヶ島で匿うことにします。
シャボンディ諸島で天竜人を殴ってから
仲間や兄などたくさんのものを失ったルフィですが、
同時に心強くて可愛い味方も手に入れました。
まぁ、戦争でもあれだけ好き勝手やったハンコックは
普通に称号剥奪されてそうですけどね。

戦争で崩壊したマリンフォードでは
センゴクがインペルダウンの状況の報告を聞いていました。
看守長マゼランはひどいやられ様で虫の息とのこと。
今回の一連の事件で一番気の毒なのは間違いなくこいつですね

LEVEL6に訪れた黒ひげは
檻の中の囚人たちに殺し合いをさせ、
生き残った選りすぐりのメンバーを自らの仲間にしてました。
しかも黒ひげが連れ出した4人以外にも
何人かは脱獄に成功したようです。

一方、マリンフォードの裏町では
"七武海"を名乗るには力不足ということで
モリアがドフラミンゴとパシフィスタたちから命を狙われていました。


ドフラミンゴが従う「センゴク以上の権力を持つもの」っていうと
五老星ぐらいしか思い浮かびません。
でもこいつが他人の指示に真面目に従って行動してるとは到底考えられないので
これも何かの計画のうちなんじゃないかなぁと思います。


次回記事
[マンガ感想] ONE PIECE 第582話 "ルフィとエース"

前回記事
[マンガ感想] ONE PIECE 第580話 "終戦"
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2010/04/19 18:02 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(3)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

週刊少年ジャンプ(主にONE PIECE)感想2010-20
ジャンプ巻頭でB型H系のことが。 原作者のさんりようこ先生と声優・田村ゆかりさんが対談。 嬉しいのは嬉しいんですが… なんでヤングジ...
週刊ジャンプ20号感想
ネタバレ記事を含みます。未読の方はご注意下さい。表紙巻頭カラーは銀魂後ほど別記事にて感想書きます銀魂の次はワンピエース、そして白ひげが斃れたことで世界はさらに混乱する事...
[2010/04/20 14:56] 徒然”腐”日記
週刊少年ジャンプ 2010年 20号 感想
 週刊少年ジャンプ 2010年 20号 感想  次のページへ
[2010/04/21 09:07] 荒野の出来事