窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> HUNTER×HUNTER> HUNTER×HUNTER No.328 手配

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

HUNTER×HUNTER No.328 手配

HUNTER×HUNTER Huncyclopedia(ハンサイクロペディア)【初回生産限定】 [DVD]

ネタバレ注意です。
以下感想

一大抗争へ

「電光石火」で逃げるキルアをツボネたちは追跡
「搭乗者のオーラで走るバイク」へと変身したツボネに乗って、
アマネとカナリアはキルアが向かうであろう空港まで先回り。
バイクに変身とかシュールすぎるww
つーか自分一人じゃ何もできない能力じゃんwww


キルアは飛行船で病院へと向かう
カナリアのナイスプレーでキルアは執事たちからの逃走に成功、
にしてもアマネ可愛いなぁ、
アルカの他にもまさかこんな伏兵が潜んでいたとは・・・。
一方キルアに空へと逃げられたイルミは人員補給として「針人間」を用意。
刺した人間を廃人にして従わせるとは、
まさに操作系の典型みたいな能力ですね。

イルミの「針人間」こそが動かぬ証拠、
キルアは選挙参加中のプロハンターをイルミ排除に導員

イルミの行為はプロハンターとしても悪質な犯罪行為、
既存のルールに異を唱える脱会長派の立候補者にしてみれば、
イルミを捕らえることで自分たちの正当性を
世間に知らしめることができる。
こうしてゾルディック家の「家族内指令」は、
一般市民とプロハンターを巻き込んだ一大抗争へと発展です。

まとめ

「会長選挙」と「家族内指令」
これまで別々のイベントとして同時進行していたこの二つが
まさかこんな形で一つにつながるとは・・・。
毎度のことながら本当によく驚かせてくれますねぇこの作品は。
いやもう物語が加速しすぎて面白すぎますよ!

アルカの兄として、そして一人のハンターとして、
イルミ排除に意気込むキルアが非常にいいですね!
ゾルディック家の「家族内指令」の枠にとらわえないその戦略は、
キルアが暗殺者ではなくプロハンターであることの証。

ここまでくると、キルアとイルミの一騎打ちなんかも
読んでみたくなってきますね。

今回のハンター側の参戦者は脱会長派の三名のみでしたが、
ゴンを救うためとあればレオリオやビスケの参戦も十分ありえますね。

となると相手側がイルミとヒソカだけでは実力的には十分ですが、
人数的に少々物足りなさを感じるところ。
まぁまずはイルミのとっておきであろう「針人間」の性能に期待ですね。
あのイルミのことですし、
ただの一般市民をそのまま操るだけとは到底思えませんしね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2011/12/13 00:30 ] HUNTER×HUNTER | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。