窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> HUNTER×HUNTER> HUNTER×HUNTER No.327 謎々

HUNTER×HUNTER No.327 謎々

departure!

ネタバレ注意です。
以下感想

手品師vs執事

キルアは「電光石火」で執事たちから逃走
ここでキルアと「はぐれた」と連絡をするゴトーは、
やっぱりキルアに対して非常に優しいですね。
ツボネのみなんとかキルアを補足できているみたいで、
キルアもまた追手の気配にさらなる決意を固める。
にしてもホントにラブラブだなぁこの兄妹はww

ゴトーたちのもとにヒソカが登場
即臨戦態勢のヒソカをゴトーが迎撃、
カナリアたちを先に行かせ、ヒソカとゴトーの一騎打ちに。
ゴトーの能力は「コインを弾丸以上の威力で連射」
射出したコインの速度や回転を強化しているみたいなので、
これは強化系の能力なのかな。

イジワル手品師の死神クイズ
惜しげも無く自分の能力をバラすヒソカ相手に、
「バンジーガム」の特性を逆手に取った攻めを見せるゴトー。
しかしヒソカの用意周到さ、能力を生かした戦術は、
ゴトーの実力をはるかに上回る。
手品師と執事の勝負は手品師の圧勝、
これはゴトーが弱かったというよりヒソカが強すぎましたね。


まとめ

手品師ヒソカと執事ゴトーの対決。
キメラアント編での戦闘能力のインフレがすさまじく、
さすがのヒソカも「かつて強キャラ」という印象が
ないこともなかったのですが・・・。
改めてヒソカの実力を知って驚いたと共に、
ヒソカが以前と変わらず「最強」でいてくれたことが
非常にうれしく思えました!

ネテロやメルエム、護衛軍亡き今、ヒソカに勝てそうな使い手というと
クロロやゼノ、シルバ、あとジンぐらいしかいないんじゃないでしょうか?

防御に移動に攻撃にと、
ヒソカの「バンジーガム」の汎用性はすさまじいですね。
キルアの「電撃」といいゼノの「ドラゴンヘッド」といい、
単純にオーラの性質を変化させそこから様々な応用技を繰り出せる変化系が、
一番万能な系統に思えてきました。

ヒソカのすごいところはやはり卓越したバトルセンスですよね。
単体ではまるで無害な「バンジーガム」を必殺の武器へと変える戦術に、
相手の心を揺さぶり隙を生み出される話術。
このように念能力とはまた違った強さを兼ね備えるヒソカは
本当にカッコイイですね!

ヒソカが動くまでもなくキルアが執事たちのもとを離れたため、
今のところはイルミの狙い通りに戦局は動いていますね。
アルカを抱えているキルアではイルミとの戦闘はムリでしょうし、
ここはキルアとイルミではキルアの方に思い入れのある
ツボネに期待するしかないでしょう。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2011/12/05 23:35 ] HUNTER×HUNTER | CM(2) | TB(0)
[ 947 ]
ゴトーが死んで地味にショックでした……。


ツボネは(どちらかと言うと)キルア派みたいですね。ツボネはキルアっぽい性格のゼノ、シルバには好感、キキョウっぽい人柄のイルミやミルキには悪感情を抱いているんでしょうか。
[ 2011/12/06 00:44 ]
[ 950 ] 零崎零識さん、コメントありがとうございます!
> ツボネは(どちらかと言うと)キルア派みたいですね。ツボネはキルアっぽい性格のゼノ、シルバには好感、キキョウっぽい人柄のイルミやミルキには悪感情を抱いているんでしょうか。

性格もあるのかもしれませんが、
個人的には外見や能力じゃないかなぁと思います。
キルアは髪も能力の系統もシルバやゼノと同じ、
逆にイルミとミルキはキキョウと同じ。
ツボネがキキョウを嫌いな理由としては、
キキョウが流星街の出身というのも考えられますね。
[ 2011/12/06 00:58 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL