窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> HUNTER×HUNTER> HUNTER×HUNTER No.325 参戦

HUNTER×HUNTER No.325 参戦

HUNTER×HUNTER 29 (ジャンプコミックス)

ネタバレ注意です。
以下感想

お久しぶり

キルアに懐かしのレオリオからの電話が
アルカの能力でゴンを助ける上での条件を述べるゴトー、
短気なレオリオさんでは話にならないので代わりにモラウが対応。
仲間を救うためならどんな条件でも飲み、
仲間の言うことには黙って従うモラウ、
レオリオとの差はプロハンターとしての矜持ですねww


どうしても一言言っておきたい奴が・・・
レオリオは十二支んたちの演説に参加

重体のゴンのもとへ顔を出そうとしないジンに怒るレオリオは、
新たに身につけた念能力でジンに一撃を入れ大歓声を浴びる。
そして第4回会長総選挙でレオリオは3位に急浮上。
投票率97.1%で1位のパリストンが過半数を獲得できていないということは、
レオリオを含む上位12名で再選挙ですね。

まとめ

お久しぶりすぎるレオリオの再登場。
ヨークシンで別れて以来ということはリアルだと10年ぶりぐらいかな?
作中時間だと半年ぶりぐらいなのでしょうけどww

相変わらずの直情思考で怖いもの知らずなレオリオ。
まぁ聞いてた通りのクソオヤジのジンに連絡が取れないクラピカと、
レオリオを憤らせる要素はたっぷりとありますね。
でもレオリオがなによりも憤っているのは、
大切な友人があんな目に遭っているのに何一つしてやれることがない
自分自身の不甲斐なさだと思います。

元々、病気で死んだ友人を守れなかった悔しさから、
医者志望でハンターになったぐらいですし・・・。

レオリオが今回ジンに使った技は拳の瞬間移動、
自身の系統である放出系の技ですね。
ヨークシンの段階では「纏」しかできず、
医者の勉強が優先のはずだったことを考えると大した成長です。
攻撃がジンに到達するまで若干のラグがあるようですけど、
グリードアイランドのボクシングのヤツと違って
「神字」を必要としない点は優れていますね。

会長選挙におけるパリストンの対抗馬はまさかまさかのレオリオ。
いやもう、上位12位の残りのメンバーからして
このままレオリオが会長になってもいいんじゃね?ってカンジですねww
無難にモラウあたりで手を打っておくというのもアリだと思いますけど。

レオリオの再登場ということで、
次に期待してしまうのがクラピカの再登場ですね。
レオリオ同様、というかもしかしたらそれ以上に仲間思いのクラピカのこと、
ゴンのために何かしらの行動を起こしていると思うのですけど・・・。
それともクラピカ自身も一大事なのか?
例えばクロロに掛けていた能力の除念されてしまったとか・・・。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2011/11/22 07:00 ] HUNTER×HUNTER | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL